9月のラン

そして私は9月のランについて書こうと思い立ちました。

★    ★    ★

聴いているラジオで「パンケーキ嫌いな人いないよね」というんですけど、私は嫌いですよ。甘い物全般苦手。うちに砂糖はありません。妻はときどき甘いおやつを食べてます。私も夏にはビールくらい飲みますけど。

「ケーキがあるんですけど食べますか?」
「ありがとうございます。でも、結構です。甘い物が苦手なのです」
「じゃあ、果物召し上がる? 自然な甘さよ」
「ありがとうございます。でも、甘い物が苦手なんです」

……みたいな会話、何十回したことか。不思議なことは、みんな砂糖や人工甘味料を不自然な甘さだと感じていることです。ええっと何の話でしたっけ。

閑話休題(かんわきゅうだい)。この単語は宇野浩二が発明したと聞いたことがありますが、本当でしょうか。宇野浩二は大正時代から昭和にかけて活躍した小説家で、「そして私は質屋に行こうと思い立ちました」で始まる出世作「蔵の中」なんておかしい小説です。質屋の蔵の中に入り込み、自分が質入れした着物を虫干ししながら、自分が質入れした蒲団にくるまる主人公。服を眺めながら昔の愛人たちを回想します。……土蔵といえば、江戸川乱歩。そう、宇野浩二は乱歩に多大な影響を与えたのでした。ちなみに私は宇野浩二を中心に卒論を書きました。

★    ★    ★

あ、9月のランでした。

今年の私は毎月毎月、月間距離で10年前の自分と競っているのです。8月は半分休んだので、年間記録では勝てそうにありません。

2010年(累計) 2020年(累計) 
1月 215km0(215km) 149km0(149km)
2月 208km0(423km) 251km0(400km)
3月 217km0(640km) 310km0(710km)
4月 240km0(880km) 250km0(960km)
5月 320km(1200km) 312km(1272km)
6月 302km(1502km) 305km(1577km)
7月 311km(1813km) 312km(1889km)
8月 310km(2123km) 108km(1997km)
9月 303km(2426km) 305km(2302km)
10月 312km(2738km) ---
11月 321km(3059km) ---
12月 316km(3375km) ---

2030年の自分が2020年の私に勝とうとするかもしれませんから、2010年の記録を1キロだけまくろうと思っていたのに、2キロ勝ってしまったのでした。10年後の自分、すまぬな。

木犀が一斉に香り始めたな、と感じたのは今年は9月の30日でした。