ポーズ・メソッド〈2〉

ニコラス・ロマノフ/カード・ブランガード『ランニング革命』(KANZEN)を読みました。10年前、『ランニングを極める』を読んで以来、いままで動画などを見て断片的に見てきたことを筋道立てて総合的に学ぶことができました。

ランニング・フォームに関する本です。

1970年代、ランニングは個々人の天性であり、教えられるようなものではなかったといいます。まあ、そうでしょう。われわれが子どものころ、速く走る技術なんてことを教えてくれる人はいませんでした。著者はソ連の教育大学を卒業してコーチをしていた1977年にポーズ・メソッドに気づいたと書きます。

f:id:mugibatake40ro:20200707150736j:plain

写真は、本の帯より。ポーズ・メソッド(Pose Method)とは走動作のうち 、ポーズ、フォール、プルの3局面を取り出し、それらをしっかり身につけ(ビデオなどで知覚を調整し)たあと走動作にフィードバックするということらしい。ポイントは重力です。

基本姿勢(ポーズ)から拇子球を起点に身体を倒し(フォール)、離地から支持足を引き上げて(プル)飛行期に移り、逆の支持脚でフォアフット着地して基本姿勢(ポーズ)に戻ります。

紹介されるドリルはランニングクラブでやらされるようなものと似ているものも多い。ポーズ・メソッドから拡散されていったのかどうかは知りません。ただ、ドリルの目指す最終目的を知っているかどうかで効果が違うのは確実です。

どうせ秋冬の大会はないんだし、私もじっくり取り組みますか。とくに自分はフォールについて考えてみたいのです。

以下、また余談です。本書に、「狩猟民と採集民」という表現が出てきます。狩猟採集民と訳さなかったのかは謎ですけど。

 昔むかし、狩猟民や採集民がナイキのシューズを持たなかったころのこと。彼らはモカシンやワラーチ、足を守るための薄くしなやかな靴底のサンダルを編み出した。それは分厚いヒールのない最小限の履物だったため、彼らは身体の設計に即した動き方をしていた。
 ランニングシューズが激増した1970年代以前に人がどんなふうに走っていたかを手軽に感じるには、靴を脱いで10メートルか20メートル走ってみればいい。かかとで着地するのが痛くて非効率なこと、フォアフットで着地するのが心地よくて理に適っていることがはっきりする。(略)(110ページ)

そもそも人間がどんなふうに走っているかを考えるなら、やはりフォアフットが正解なのでしょう。ロマノフは爪先と踵のドロップ差がないシューズを推奨しています。私は踵着地ができず、しかたなしにフォアフット着地なんですけど、踵の高いシューズを履くと、着地したあと踵が一瞬落ちるさい、シューズの分厚いリアフットの部分がガツンと踵に衝撃を与えます。数年前のつくばマラソンはファンランのつもりで深く考えず9ミリドロップのシューズを履いたため30キロあたりから痛み始め、終盤は歩きも入ってしまいました。結果、数ヶ月鈍痛と付き合うことに……(ジョギングはしていましたけど)。

2009年春のある日、多摩川沿いをちんたら走っていると、遠方からガツンガツンというかゴンゴンというか耳慣れない音が聞こえてきます。獣の唸り声? 地響き? 異常気象? 音はどんどん近づいてきます。なんだなんだなんだ?……身構えて正体を見極めようとしました。なんと、ビブラム・ファイブフィンガーズ(VFF)を履いた男性の足音でした。彼はVFFを履いているのにヒールストライクをしていたのです。苦悶の表情を浮かべ、額にダラダラ脂汗を流していました。すれ違ったあと徐々に遠ざかる足音を聞きながら「あんなにつらいものなのか」と怖くなり、私はしばらくVFFデビューできなかったのでした。

ポーズ・メソッド〈1〉

きのう、小雨のなか走っていたんですよ。

多摩川に架かる橋を二度渡ったんですけど、橋の歩道はツルツルしたタイル状の路面なんです。シューズはサンダルだったのでスベりそう。こんなとき思い出すのは、ポーズ・メソッドを提唱するニコライ・ロマノフがスケート場を走る動画です。

身体のずっと前に着地して地面を引っ張り込もうとしたらツルッとバランスを崩すけど、身体の近くに着地して地面を押せば氷の上でも転ばない……ということだと理解しています。

ポーズ・メソッドを知ったのはマルコム・ポーク、アンドリュー・シールズ共著『ランニングを極める』という本でした。『〈気〉ランニング』とともに紹介しています。

 ニコラス・ロマノフはロシアのコーチで、ランニングのポーズ・メソッドの提唱者である。彼の革命的な研究はたくさんの人の注目を集めているが、特にトライアスロンの競技者が感心を寄せている。走る原動力として重力を身につけることで、筋肉の働きに依存するのを少なくし、より効率的に走れるようになる。
 ポーズ・メソッドが他の走法と違うのは、つま先で地面を蹴り上げて膝から前へ進んでいくというよりも、地面に着地し、地面から支点が離れる点に注目しているところだ。基本となる姿勢(ポーズ)またはポジションを見つけ、そこに焦点をあてた動作を教えるのがポーズ・メソッドである。
 ランニングにおいては、肩、腰、足首が軸脚と垂直に並び、もう一方の脚でバランスをとる全身の姿勢のことをいう。こうすると、脚がS字型にになる。ランナーが前へ向かって足を踏み出すと、軸脚は地面から離れ、その間にもう一方の脚が次なる支点をつくるために自由に着地する。ポーズ・メソッドでは、スピードや距離にかかわらず、すべてのランナーに共通するランニング技術があると考えられている。
 気ランニングとは、ダニー・ドライヤーが著書『〈気〉ランニング』で書いているように、ポーズ・メソッドと共通する点が多く、推進力のエネルギーとして筋力ではなく重力を使うことの重要性を強調している。(29-33ページ)

上記の文章のあとに附記があります。《どちらの走法も(特にポーズ・メソッドの場合は)、動きながら「上手な使い方」の能力を向上させていくという点で、理にかなった、ランナーに優しい走法である。》

Pose method でいろいろ検索して情報を集めたのは10年くらい前でしょうか(→ポーズメソッド協会?HP)。相変わらず日本では紹介されていないのかなあ、と思って検索したら、なんと、ニコラス・ロマノフの著書が翻訳されて発売されたばかりなのでした。さっそく注文。

読んだらまた書きます。

 ↓ 未読ですが 

東京の感染者増加と自己責任論

本日の新規感染者数は124人とのこと。2日連続で3桁となりました。この記事にもある表を見ますと、ちょうど3ヶ月まえ、すなわち4月に入ったころのカーヴを描いています。4月初旬はいまより検査態勢が不充分だったのでしょうし、検査に対する陽性率、重症者数なども見るべきなのでしょうけど、単純に数字だけを比較すると、よく似ています。4月の東京都は1日平均120人以上のペースで増え続け、5月の連休あたりでいったん落ち着いていきました。

政府が7都府県に「緊急事態宣言」をしたのは4月7日(ただし休業要請はなかった)。東京都が休業要請をしたのは4月11日からでした。東京の緊急事態宣言が解除されたのは5月25日、意味がないといわれたいわゆる「東京アラート」は6月2日に始まり、11日に解除されました。

f:id:mugibatake40ro:20200703172805p:plain

 今回、小池百合子都知事は「夜の街」を連呼することで仮想敵をつくり本質から目を逸らせています(数ヶ月前は「パチンコ店」がターゲットでした)けど、そもそも4割くらいは感染経路不明なんですよ。

5日は都知事選投票日です。下手に波風立てたくないのか、対策は打たないようです。

小池氏は「自粛から自衛へ」と言いました。オリンピック開催に執着して対策が遅れたのを必死に挽回し、都のお金を空費したとも言われています。自粛要請すると補償しなきゃならないので、あとは自分たちでなんとかせよ、というのです。所謂「自己責任論」。プチ鹿島によれば、はじめて「自己責任論」と言った政治家は小池氏だそうです(→文春オンライン)。さもありなん。

西村康稔経済再生担当大臣も、「もう誰も緊急事態宣言はやりたくないし休業もしたくないだろう。感染防止策をしっかり取って、何か異常があれば店を休んだり、調子が悪ければ会社にも出ず、遊びにも行かないなどを徹底していかないとまた同じようなことになる。一人一人の努力をお願いしたい」と言ったそうですね。これも自己責任論です。税金で給料もらっている人たちが口にするセリフでしょうか。

国というものは、遊泳禁止の海で泳いで溺れた人も助けるものなのです。「泳ぐなと書いてあったろう」と見捨てる人たちに税金を払う必要はありません。「自分たちでなんとかせよ」という人たちの顔をしっかり覚えておきましょう。

6月のラン

6月の目標も、10年前の自分より走ること。当時は、1日10kmを目安にしていたので、だいたい小の月は300km、大の月は310kmプラスアルファになっています。

2010年6月は月間302kmだったらしい。今年の私は303kmを走らなきゃなりません。ルナサンダルやメレル・ベイパーグローブでせっせと走っていましたけど、途中、サボってしまい、残り10日で135km走らなきゃならない羽目に。

そこからはアシックス・ソーティで走りました。裸足系のシューズと比べるとスピードが出ますし、反撥力も感じます。翌日の疲れも少ない。……裏を返せば、裸足系シューズは筋肉が鍛錬できるのでしょう。狩猟採集民のように走るためには、なるべく裸足に近くなくっちゃね。

ラスト2日はメレル・ベイパーグローブとルナサンダルで10kmずつ。最終日は午後から天気が荒れるというので、昼前にスタート。ちょうど走り終わったころ強めの雨が降ってきました。

今月は計305kmとなりました。最終コーナー回って直線に入り、まくってやったわ。どんなもんじゃい、10年前の自分!

2010年(累計) 2020年(累計) 
1月 215km0(215km) 149km0(149km)
2月 208km0(423km) 251km0(400km)
3月 217km0(640km) 310km0(710km)
4月 240km0(880km) 250km0(960km)
5月 320km(1200km) 312km(1272km)
6月 302km(1502km) 305km(1577km)
7月 311km(1813km) ---
8月 310km(2123km) ---
9月 303km(2426km) ---
10月 312km(2738km) ---
11月 321km(3059km) ---
12月 316km(3375km) ---

週末のラン、カープ、藤井聡太。

前回書いたように、10年前の同月に302km走った自分をライバル視し、月間303kmジョグすることだけを目標に走っています。6日連続で15km前後走っていたら、土曜日は「久米宏 ラジオなんですけど」最終回を聴いてからスタート。まったく身体が動かず、7:30/kmペースで10km走るのが精一杯でした。日曜日はカープの試合を見てから外に出ました。少し身体が動く感じがあり、アップダウンを15km走れました。残り2日間で18km走れば303kmです。

広島カープは、まずまずではないかと思います。打者はおしなべて調子が良いし、投手も好調な選手が多く、きのうは新人・森下暢仁投手が好投しました。佐々岡新監督の采配は悪くないのではないでしょうか。緒方監督時代の采配、とくに無意味な送りバントには閉口しておりました。

藤井聡太七段、棋聖戦五番勝負に2連勝して、タイトル獲得まであと1勝です。

彼のすごさを野球の投手に喩えるなら、中卒ルーキー(高卒ではないよ)3年目で、インハイやアウトローに160kmの速球やキレのいい変化球を8割程度の力で投げ込む、という感じでしょうか。スタミナも充分です。根本的に将棋の質が違う気がします。△5四金〜△4二飛という構想や、△3一銀なんてふつうは浮かばないんじゃないかなあ。玉をしっかり囲う前に戦いを起こし、中盤でじっくり時間を使ってリードを保ち、ゴチャゴチャした終盤でも精確に指します。

同い年のころの羽生善治九段はまだ荒削りで、悪くなった終盤にあやしげな手を連発し逆転勝ちすることも多かった(もちろんそれも面白かった)。それに対して藤井七段はすでに完成されている気がします。デビュー後、時間に追われてバタバタするようなこともたまにありましたが、最近はあまり見ません。今年は10勝1敗です。

次は7月1日、もうひとつ挑戦している王位戦第1局です。過密スケジュールのうえ初めての2日制ですけど、地元・愛知県で行われるのは心強い。なにやら、藤井七段を脅迫する電話がかかってきたそうですが、人騒がせな。脅迫したヤツ出てこい、俺がつねってやる。

最近のジョギング

f:id:mugibatake40ro:20200627101232p:plain

今年は10年前(2010年)の自分に勝つことを目標にしてます。

当時の私は5月に初めて月間300kmを走り、数ヶ月にわたり月間300kmを継続し、いろんな練習法を試すことで秋にサブ3.5を達成したのでした。

もちろん10歳老けましたが、客観的に見て筋力は衰えていないし、フォームは改善しているし、ランニングに関する知識は豊富です。このまま10年前の自分と同等以上の練習をしていけば、2024〜25年くらいにもう一度ピークが来るんじゃないでしょうか。

………今月はなにくれとバタバタしていて、10年前の6月に自分が記録した月間302kmを達成しづらくなりました。計算してみると、6月21日から135km(13.5km/日)走らないと2010年の自分に負けるとわかりました。しかたねえ! がんばって6日連続で15km前後ジョグ。やっと累計260kmまで来たんですけど、さすがにしんどい。あと4日で43km走らねば。(雨よ、降るな!)

ジョグノートが終了してから、外部に記録したデータは永遠に残るものではないんだなと認識し、今年からExcelで記録をつけています。

走りながら聴くラジオ

私はテレビをあまり観ない(ここんとこ、野球中継を少しだけ観ていますけど)代わりにラジオは聴くのです。仕事しながら、あるいはゆるゆるジョグするさい、聴いています。昼間は国会の生中継を YouTube で流していることも多いんですが、radiko にタイムフリー機能が備わってからは、聴き逃すことが少なくなりました。

以下、どんなラジオ番組を聴いているか、列記しておきましょう。◎は必ず聴く番組、△は聴かないことがあったり、特定のコーナーだけ聴く番組です。

  • △TBSラジオ伊集院光とラジオと(月〜木 8:30〜11:00)──「大沢悠里のゆうゆうワイド」が終わってから朝はFMをザッピングしています。朝の伊集院光はソツがなさすぎて……。この番組の火曜日「俺の5つ星」コーナー(9:25くらいかな)は必ず聴いています。「好きだったお店のメニューをまた食べたい」というリスナーの依頼に応じて情報を集めるんですが、たまにあっと驚く結末になったりします。10時からのゲストコーナーで気になる人が出てくると聴きます。今朝のゲストは久米宏でした。

  • ◎文化放送大竹まこと ゴールデンラジオ(月〜金 13:00〜15:30)──大竹氏は他人に優しく弱者に寄り添う人です。とくに室井佑月や金子勝がレギュラーの金曜日が面白い。

  • △TBSラジオ赤江珠緒たまむすび(月〜金 13:00〜15:30)──大竹まことの裏番組なので、タイムフリーでいくつかコーナーを聴いています。アクの強かった小島慶子からこの時間帯を引き継いだ赤江珠緒、まぬけぶりを発揮しはじめてから良くなりました。長続きするラジオパーソナリティって全人格をぶつける人だと思います。この時間帯を月曜日14時からの「竹山ガムテープ買ってきて」はリスナーの疑問に回答するコーナーで、ときどき驚かされます。《数十年前、「運動会のかけっこでみんな手をつないでゴールする」という都市伝説があったが、言い出しっぺは誰か?》という調査は面白かった。15時からの曜日ゲストはメンツによって聴きます。

  • △文化放送斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI(月〜金 15:30〜17:50)──TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」が終わって、しぶしぶ文化放送に移りました。政権を変な論理でヨイショするゲストが出る日がありモヤモヤすることがありますが、斉藤氏はバランスが取れているキャスターだと思います。

  • ◎TBSラジオ荻上チキSession-22(月〜金 22:00〜23:55)──時事問題を総括してくれ、見逃した国会の質疑も聴けるので重宝しています。私は22時から走ることも多く、結構リアルタイムで聴いています。後半始まる特集に興味がないときは、同時間帯のニッポン放送オールナイトニッポンGOLDを聴くことも。名取裕子にはけっこう笑わせられます。

  • △TBSラジオ問わず語りの神田伯山(金 21:30〜22:00)──私は神田松之丞時代の講演に何度か見に行くんですけど、あんまり悪口(しかも許してくれる人の悪口だけ)言うのでしばらく聴くのを辞めていました。

  • ◎TBSラジオ久米宏ラジオなんですけど(土 13:00〜14:55)──ううう、あと一回で終わってしまう。永六輔らが亡き今、大竹まことや吉田照美などとともに、時事問題に斬り込むうるさ型がラジオには必要なのに。荻上チキ(38)などはきちんとニュースを伝えていますが、40代50代あたりに、うるさ型オヤジが見当たりません。

  • △文化放送ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB(土 13:00〜15:00)───田村淳はときどき話していることがとんちんかんですが、ゲスト次第で聴きます。木村草太や中島岳志らの日はオススメ。先々週は都知事選立候補を表明する直前の山本太郎が出ていました。

  • ◎ラジオ日本タブレット純 音楽の黄金時代(土 17:55〜20:00)──ラジオをよく聴く友人に最近なにを聴いているか質問すると、必ずこの番組が挙がります。よくかかるムード歌謡では走りづらいんですけど、不思議ちゃんタブレット純は魅力的です。もっと売れないかなあ、と応援しています。ちなみに、大竹まことの番組では火曜日レギュラーです。

  • ◎Tokyofm桑田佳祐のやさしい夜遊び(土 23:00〜23:55)──なんか聴いてます。

  • △文化放送ミスDJリクエストパレード(日 13:00〜15:00)──何も聴くことがなくなったら聴いています。私は高校生から浪人時代。広島のAMは「オールナイトニッポン」をネットしていたから山口放送で聴いていたのかなあ。千倉真理は少なくとも声やおしゃべりは40年前と何も変わりません。かかる曲も懐かしい。でも……だからこそ、当時の女子大生ブームやバブルや浮ついた感じや、浪人時代の悶々とした気分がよみがえり、ちょっと複雑な気分になる番組です。

こうして見ると、けっこうありますね。