横山百合子『江戸東京の明治維新』

江戸東京の明治維新 (岩波新書)

江戸東京の明治維新 (岩波新書)

 

日本の階層社会を検討するためには近世や近代について考える必要があります。日本人の特質は江戸期からずっと続いてきた部分もあれば、明治になってつくられたものもあり、それらをいちいち確認しなきゃなりません。我ながら、なにやっているんだろうという気もしますけど。

横山百合子『江戸東京の明治維新』(岩波新書)を読みました。

いまは「士農工商」という身分制度は教科書に載っていないと言います。

では江戸の身分制度とはなんだったのか? 「役(公的役割)」と「特権」にもとづき統治されていたのが身分集団だと今は考えられているそうです。たとえば、村の百姓は年貢などの役を負うことで、集団で水利や入会地を管理して農業に携わる権利を得られる、という具合です。

明治では、大名・公家、武士を「華士卒籍」、商人職人ほかを「市籍(農商籍)」、弾左衛門配下のえたと非人を「賤民籍」と単純化して身分を再編するつもりだったのですが、東京では武士がごっそりいなくなり、脱藩浮浪士やら有象無象が東京のあちこちに陣取り合戦を始めます。かつて城下町の武家屋敷には武士が住んでいましたが、土地と身分が混乱してしまったため、明治政府は身分的統治をあきらめざるをえなかったと書かれていました。つまり、意図的な身分撤廃ではなくて手がつけられなくなったんですね。

★   ★   ★

「第四章 遊廓の明治維新」について──。

遊廓はどんな「役(公的役割)」と「特権」を持つ身分集団だったのでしょうか。

明暦の大火のあと浅草に移転した新吉原は、江戸城の畳替え・煤払いなどに金を出したり私娼を取り締まる「役」を負うことで、売買春を一手に引き受ける「特権」を得ていたそうです。

18世紀後半になるとお大尽遊びをする大名や豪商が少なくなり、太夫など高級遊女も姿を消します。天保改革で奢侈禁止などの政策が採られ、吉原は衰退に向かっていきました。待遇が苛酷になった遊女は、よく放火をします。全町焼失にいたった火事13件のうち半数以上は遊女の放火だそうです。

近世の遊女は、家父長的な社会のなかで本人の意思とは関係なく売られてきた女性たちですが、あくまで奉公の一種であったといいます。明治初年あたりの遊女を例に挙げながら、著者は《(略)遊廓を当然の存在とみなすがゆえに、近代以降のような娼婦への蔑視はな》かったと書いています。遊女自身も《自らを汚れた存在と感じたり、売春を他人に語れない恥ずべき経験として意識したりすることはなかった》と書いています。

ところが、明治になると、芸娼妓解放令(1872)が出て、体を売る・売らないは娼妓の自由意志になりました。誰もが職業のひとつだと認識していた遊女が、明治以降、個人の意思で身をひさぐ売女に変質し、他人から蔑視されることになります。

この章、性急で舌足らずなところがあり、私は心底納得しているわけではないんです。ヒマがあれば類書を読むつもりですが、でもしかし、もしもですよ、もしも著者の言うとおりなら、性風俗を卑下する風潮は薩長政府がつくったことになります。私は2021年も薩長政権の延長だと考えていますから、国はこんなことを言うかもしれません。

「性風俗業は本質的に不健全」 

★   ★   ★

………2

私事ですが、近親者のお通夜と告別式が終了しました。息を引き取ってからの5日間、確定申告をすませていなかったこともあり、とても慌ただしかったのでした。13日午前に税務署を片道5キロを歩いて往復。帰宅して喪服に着替え、お通夜へ。夜いったん帰って翌朝早く告別式の準備、告別式、火葬。すべて終了してから故人宅に行き、香典の集計等。深夜、タクシーで帰宅しました。

近しい人だけが集まったのですが、2日間で延べ50人くらいと話しました。コロナのため極力ひとと会わない生活をしている私は、過去1年に対面して話した人は10人に満たないはずですから、それを遙かに凌駕しています。去年は1度しか乗らなかったタクシーに何度も乗りました。

今は満員電車に乗ったら緊張しますが、親しい人たちと会話したり軽食をとるさいは警戒感が薄れることを実感しました。以後2週間──4月末まで──、自主隔離いたします。ランニングはじめ生活も元に戻さねば。

………

近親者が亡くなりました。ジョギング中に連絡あり、シャワーを浴びて夜中に病院へ。何年ものあいだ闘病していて徐々に悪くなっているのはわかっていましたが、数日前までフルタイムで働いていたので事態の急変に驚きました。息を引き取ったのは未明のこと。まだ若く、子供も成人していないのに……。数日後に内々で葬儀をおこないます。「偲ぶ会はコロナが終熄したら」ということになりますが、またひとつ「コロナが終熄したら」の約束が増えたわけで、いったいいつになったらコロナが終わるのか。

映画『ノマドランド』

映画『ノマドランド』を観ました。映画館に行ったのは1年半ぶりくらいかも。200人くらい入るシアターに10人余りの観客が入っていました。

夫・友・家・町を失い、季節労働をしながらキャンピングカーでアメリカをさまよう60代半ば(だっけ)の女性が主人公です。暮らす家がないわけではありません。それでも彼女はノマド(遊動的)生活を続けます。

尖鋭化した資本主義社会において弱者は搾取されるだけ搾取されて切り捨てられます。若いころ懸命に働いて子供を育てても満足な年金は出ません。思い出にひたりながらノマド生活を続ける高齢者は多いそうで、映画に出てくる人々は実名です。主人公もアマゾンの倉庫などで季節労働を続け、アメリカを転々としながら車の中で寝ています。当然ながら車のメンテナンスは生死につながります。

最下層民を描いた悲惨な映画だと思われるでしょうが、アメリカの大自然を渡り歩く彼らは忌まわしい新自由主義から逸脱し、悠々とパラレルワールドを生きているとも言え、それがこの映画に奥行きを与えています。

じつは私はこういう暮し方をしたいと夢想するんです。人類はつい昨日まではみんなノマドだったんだもの。定住ってなに? 労働ってなに? 使えるものを捨てて要らないものを買わなきゃ経済が回らないってなに? 資産を殖やすってなに? 何十年ローンで買う家なんて必要? 土地ってなに? 住所って為政者が課税するためにあるんじゃないの?……しかし私の言っていることはほとんどの人に伝わらないでしょう。

そんなことを考えつつ、映画館から5キロほど歩いて帰りました。

『ヒトの心はどう進化したのか』

鈴木光太郎『ヒトの心はどう進化したのか』(ちくま新書)を読みました。サブタイトル「狩猟採集生活が生んだもの」に惹かれたんです。著者は新潟大学人文学部教授とあり、人類学の専門というわけではなさそうです。

第一部「ヒトをヒトたらしめているもの」は、ヒトの6大特徴、すなわち大きな脳、直立歩行、言語と言語能力、道具の製作と使用、火の使用、文化──について解説し、ホモ・サピエンスは5万年前にほぼ完成したと説明。

第二部「狩猟採集生活が生んだもの」は、動植物に対する強い関心、家畜、スポーツ、性差と分業など、狩猟採集生活からわれわれが受け継いでいることを解説。

第三部「ヒトの間で生きる」では、ヒト特有の社会と社会性を成立させているのが、心の理論(他者の心を想定するヒトの能力)と言語能力であることを論じる。

………悪い本じゃないと思いますが、すでに知っていることを組み合わせて書かれているので、個人的には刺激が少なかったかもしれません。おやっと思う記述もありました。

なるほどと唸ったのは、ヒトの寿命が伸びたことに関する説明です。

人間だけが、生殖機能を失っても長生きする理由として「おばあさん仮説」というのがあります。閉経した女性は、娘の出産や孫の面倒を見るために長生きするというのです。しかし、人類学者レイチェル・カスパーニは《長寿者が家族や親族の自覚や結束を強めるための中心的役割をはたすようになったと同時に、生きるうえで知るべきさまざまなこと(すなわち文化や知識や技術)を若い世代に伝授する役割もはたすようになったのではないかと考えてい》て、著者もそちらを指示しています。

では、そもそも「文化」の利点とは何か……著者は書きます。

それは、ひとことで言えば、自分が一からすべてをしなくていいということだ。すなわち、だれかほかの人間が考えついたものを(自分が考えつかなくても)そっくりそのまま自分のものにできるということである。

そうですよね。私などなにひとつ発明していません。大きな文化の遺産のおかげで生きているのです。

4月、放送大学に入学しました。

突然ですが、放送大学に入学しました。本日、小平にある放送大学の多摩学習センターにラン&ウォークで18キロ往復し、学生証を持ち帰りました。

入学金24,000円と半年1科目の受講料11,000円で計35,000円。下半期の授業も何か受けるつもりですから、年間46,000円です。しかし、仕事で使っているアプリなどを学割で使えるので1年で元は取れそうです。卒業を目的としない受講生も受けつけていて、最大10年間は生徒でいられるそうです。

もちろん学割だけが目的ではなく、勉強もします。

授業はひとまず、原武史「日本政治思想史」を選択することにしました(人類学の講座もあるんですけど、入学以前に聴いたりテキストを読んでいるものですから……)。もしかすると半年間は狩猟採集民の研究がおろそかになるかもしれませんが。