『戦争の起源』第一章

アーサー・フェリル『戦争の起源』(ちくま学芸文庫)の第一章「先史時代の戦争」を読みました。ロシアによるウクライナ侵攻の関連本として書店に置かれているのではないでしょうか。第二章以降を読むかどうかはわかりませんが、信頼が置けそうな本だと感じています。

とくに欧米の人類学者が、先住民を凶暴だったとしたがることについては以前も書きました(→『暴力はどこからきたか』より……メモ)。しかし、アーサー・フェリル場合は、そういった断言を避け、考古学の資料に基づいてに語っているようです。

★   ★   ★

本書では、考古学的証拠をもって、戦争の起源が《前一万二〇〇〇年〜八〇〇〇年にかけての亜旧石器時代および前期新石器時代(ひっくるめて中石器時代とも言われる)》としています。その時期に《武器技術に革命が起こり》ました。《すなわち、弓、投石器、短刀(あるいは短剣)および槌矛がそれである。こうした改革的な新しい武器技術の発達にともなって軍事上の戦術が考えだされるにおよんで、歴史的な尺度から見て初めて本当の意味での戦争が発生したのである》(32〜33ページ)

以前は、農耕と定住のスタートは同じで、土地の所有や富の発生が戦争を生んだと考えられていました。しかし、近年は定住が先で、農耕までタイムラグがあると考えられているようです。(引用文の漢数字は算用数字に書き直しました。)

原始時代の武器の猛烈な威力のほどを知るには、古代ヌピアのナイル川沿いに広がる墓地の遺跡を見れば充分である。エジプトとスーダンの国境のスーダン側で、ワディ・ハルファの北方2マイル足らずのところにあるジェベル・サハバの墓地である。古代エジプト先史学の専門家たちは、この遺跡を「共同墓地117」と呼んでいる。1960年代に発掘されたもので、カダン文化(前1万2000─4500年)に属し、おおむね亜旧石器時代のものとされるが、少なくとも細石器が広範に使用されていたことや、実験的に農業が試みられていることからすれば、新石器時代初期のものかもしれない。(28ページ)

ジェベル・サハバの人口規模は書かれていませんが、最大150人と言われる部族社会よりも多かったのは確かであり、都市の黎明期だったはずです。共同墓地があるという時点で、彼らが定住していたのは自明です。農耕をしてなかったとしても、土地の占有は争いを生んだのでしょう。土地の独占は、良い猟場、漁場、農耕地など、利権を生むからです。

(略)この遺跡の発見により、先史時代に戦争があったことが、人骨に残された証拠にもとづいて一般的に立証されたと言えるかもしれない。

戦争にそなえて城壁を構えていたエリコ(パレスチナ地方)の集落は、2000人が暮らしていたと書かれていました。

★   ★   ★

人間はもともと凶暴だったのか平和だったのかという議論がありますが、《実際には、どちらの説を立証するにも、証拠があまりに乏しいのだ》(27ページ)。まあ、そうでしょう。

人間の自然状態が利他的か利己的かという議論、今の私は不毛に感じます。

狩猟採集社会が幸せそうに見えるのは、人間の本質が平穏だからではなく、平等分配など社会のルールを徹底したからだと思うのです。彼らは50〜150人の血縁的集団ですから互いの顔や人となりを知っているから互いに共感しやすかったでしょうし、誰かが独占欲を見せると社会が維持できないと、経験上わかっていたと考えています。

ボルネオのプナン族は、小さいころバナナをカットして平等分配の練習をします。つまり本性は独占したいのです。

平等分配をし、移動をし、何も所有せず、狩猟採集によるその日暮らしを人間は何百万年も続けていました。環境を大きく壊すこともなく、人口爆発は起きなかった。持続可能性社会とはそのことを指すのではないでしょうか。

ひっくり返せば、人間がみんな独占したがる社会は、不幸せな社会ということになります。みんなが野放図に我欲を見せるのが資本主義。みんなが利己的にやっていれば「見えざる手」によって社会全体が経済成長するという話、信じられますか。

筋肉痛

ううう……筋肉痛でござりまする。昨夕、短い距離しか走ってないのに。

昨夕、久しぶりに、聖蹟桜ヶ丘のロータリーまで駆け上がりました。写真は、環状交差点(ラウンドアバウト)です。

ジブリ映画『耳をすませば』に出て来る場所です。私は一度テレビで見たんですが、見たことのある景色がちらほらあることと、「カントリー・ロード」の和訳がイマイチだなあ、という印象しかありません。

たしか、映画ではいろは坂からアクセスしたはずです。今回は階段のないルートを上りました。大栗川沿いを外れたところから坂が始まり、1.2kmで 50〜60m は上ります。坂道を上るのは好きなんですけど、筋肉痛とは……。もっと足腰鍛えねば。

 

国葬反対。ああ、滅入る

法的根拠がない

松野博一官房長官は、7/22に、「内閣府設置法第4条第3項第33号に、内閣府の所掌事務として、国の儀式に関する事務に関することが明記され、国葬儀を含む国の儀式の執行は、行政権に属することが法律上明確となっており、閣議決定を根拠として行いうる」と言いました。

はて……。皆さん、内閣府設置法に当たってみましたか?

内閣府設置法第一条 この法律は、内閣府の設置並びに任務及びこれを達成するため必要となる明確な範囲の所掌事務を定めるとともに、その所掌する行政事務を能率的に遂行するため必要な組織に関する事項を定めることを目的とする。

すなわち、内閣府設置法とは、内閣府をつくるにあたり仕事の範囲を定めたものです。松野官房長官が示したのは以下の法律でした。

内閣府設置法第四条第三項三十三 国の儀式並びに内閣の行う儀式及び行事に関する事務に関すること(他省の所掌に属するものを除く。)。

内閣府の仕事には、国・内閣の儀式と行事に関する事務が含まれる──くらいの意味です。だから、松野氏の発言の前半「内閣府設置法第4条第3項第33号に、内閣府の所掌事務として、国の儀式に関する事務に関することが明記され」は正しいけれど、「国葬儀を含む国の儀式の執行は、行政権に属することが法律上明確となっており、閣議決定を根拠として行いうる」は無理筋です。安倍政権下以降、こういった無茶な法解釈が通ってきました。内閣法制局も政権の言い分を肯定するので制動が効きません。

 
民主主義の破壊

岸田文雄首相は、国葬を決定した理由を次のように言います。

「安倍晋三元首相は憲政史上最長の8年8カ月にわたり首相の重責を担い、東日本大震災からの復興、日本経済の再生、日米関係を基軸とした戦略的外交の展開を主導し平和秩序に貢献するなど、大きな実績を残した」

「民主主義の根幹たる選挙中での非業の死であることなどを踏まえ、国葬が適切だと判断した。安倍氏を追悼するとともに日本は暴力に屈せず民主主義を断固として守り抜くという決意を示す」

「各国からの敬意、弔意に対し、日本国として礼節を持ってこたえる。来日する各国要人と集中的に会談し、安倍氏が培った外交的遺産をしっかり受け継ぎ、発展させる」

──どうやら、私と見ている世界が違うようです。

まず、安倍氏は国葬に相応しい人物でしょうか? 民主主義のルール、経済、法律、統計、言語、モラルその他を安倍氏はことごとく破壊しました。私見ですが、司法がきちんと機能していれば、安倍氏は入るべきところに入っていて、今でも存命でしょう。

山上容疑者の行為はたしかに民主主義に反する凶行です。しかし、国葬だって民主主義からの逸脱しているのです。どちらも蛮行に変わりはありません。安倍氏のおこなった政治は、野党と熟議せず、妙な閣議決定を連発したり重要法案を強行採決するなど、民主主義を徹底的に破壊してきました。国葬はその延長です。安倍政治が続いているということです。

日本国憲法第八十三条には「国の財政を処理する権限は、国会の議決に基づいて、これを行使しなければならない」とあります。最低16億円の予算を使うには、国会を開いて議論するのが財政民主主義です。閣議決定で決められることではありません。

他国の元総理大臣が暗殺されて弔意を示すのは社交辞令みたいなもの。国葬の理由になるなんて。

滅入るばかり

自民党の特に安倍派は統一教会と深く結びついていると報じられているためか、各メディアの世論調査では国葬反対が軒並み半数以上だそうです。

政治学者・中島岳志は、岸田文雄という政治家を「ブレることだけはブレない」と評しています。「分配なくして成長なし」と言った3日後に「成長なくして分配なし」と発言したときは、さしもの私も椅子からずり落ちそうになりました。

岸田政権は、コロナ対策、経済政策は何もせず、臨時国会も開かず、国民の声を聞く力がないようです。ところが、国葬だけは閣議決定で早々に決め、どんなに反対があっても、なぜかブレずに強行します。不思議なことです。自民党の力関係によりやらざるをえないという報道もありますが、それならば、リーダーの資格はありません。

丸山眞男は戦前・戦中の日本ファシズムを「既成事実への屈服」と書いています。戦争には反対だったけど、始めてしまったものはしかたない、頑張って勝とうという思考回路が働くというのです。

「国葬には法的根拠がなにもないけど、やることが決まったんだからみんなで悼もうよ」となれば、安倍氏の望んだ戦前回帰になります。

真珠湾攻撃をやるかどうか議論したときに、「出かかった小便は止められない」という意見が出たそうです。岸田氏がいつものように「ブレて」国葬を内閣・自民合同葬にしたら、出かかった小便をガマンできたじゃないかと、少しは敬意を表したんですけど。

「国葬は要人が来る。弔問外交ができる」という意見をちらほら見ますが、たとえば、前社長の葬式に来た弔問客をつかまえて商談するなんて下品なことだと思います。

安倍氏の国葬をしたなんてしばらく禍根を残すでしょうし、後年、必ずや笑いの対象となるでしょう。私はテレビ中継は見ませんし黙禱その他弔意を表すことはしません。仕事がなければデモに行きたいところです。ああ、滅入る。

だいいち、人の命や尊厳に軽重はありません。安倍氏が国葬なら日本中の葬式を国葬に。

『西太平洋の遠洋航海者』は解説までが読書です

B・マリノフスキ『西太平洋の遠洋航海者』(講談社学術文庫)やっとこさ読了。

人類学の古典でありますが、何度も途中で放りだしては、別の本に浮気していました。

読むのに時間がかかったのは二つ理由があります。まず、島民たちが狩猟採集で暮らすバンドや部族(トライブ)ではなく首長制社会であること。また、彼らが行うクラに関しては、すでにマルセル・モースが『贈与論』(ちくま学芸文庫、1925)やエルマン・R・サーヴィス『民族の世界』(講談社学術文庫、1970年代に発表されたサーヴィスの論考を抄録)などで読んでいるからです。もちろん、マリノフスキの仕事がなければモースやサーヴィスの本はなかったのですが。

★   ★   ★

ブロニスワフ・マリノフスキは1910年代にニューギニアのトロブリアンド諸島で現地民の言葉を習得してフィールドワークし、本書を1922年に公刊しました。

最初の章は、人類学の手法を書いた教科書のようなもので、その手法に従って島民の生活習慣が緻密に記されます。

マリノフスキは「クラ」という不思議な交易を詳しく観察しています。現地民はソウラヴァと呼ばれる首飾りと、ムワリという貝の腕輪を、島から島へとぐるぐると贈り合うのです。もらった側は多くの場合返礼しますが、それは物々交換とは区別されています。また、彼らが船を作るときや出発するときなどに用いる呪術を記録しています。

最後に、呪術とクラを西洋人の常識で判断してはならないと、西洋中心主義に警鐘を鳴らしています。

 他人の根本的なものの見方を、尊敬と真の理解を示しながらわれわれのものとし、未開人にたいしてもそのような態度を失わなければ、きっとわれわれ自身のものの見方は広くなる。おのおのの人間の生まれた環境のなかの、狭苦しく閉ざされた慣習、信仰、偏見を捨てなかったならが、ソクラテスのいうような自己自身の認識に達することは不可能だろう、このうえなくだいじなこの問題に、いちばんいい教訓を与えてくれるのは、他人の信仰や価値を、その他人の見方からみさせてくれるような、心の習慣である。(419ページ)

研究者は、自分たちの常識や価値観を真っ白にし、研究対象の未開人になってみる。そうすることで、自己自身の認識に達するのである、くらいの意味でしょうか。未開人を劣った人間とみなして虐殺したり、言葉や宗教を教え込んで同化政策することへの批判にもなっています。

★   ★   ★

『西太平洋の遠洋航海者』はすぐれた一次資料ですが、マリノフスキ自身がクラを詳細に分析しているわけではありません。

巻末の中沢新一による解説は、モースふくめ後年の研究を俯瞰しながら、クラおよび呪術の本質を明らかにしてくれます。

トロブリアンド諸島出身の作家ジョン・カサイプロヴァの「思考にはリニアと螺旋という、二つのやり方がある」云々という発言を紹介。たとえぱ、功利主義的な経済が「リニア=線型」であるなら、非功利的な交換は「ノンリニア=非線型」である、と書きます。

 クラはなによりも冒険である。功利主義が冒険を偉大なものとなすことはできない。功利主義は狭められた目的に向かって進められる。リニア思考にしたがっているからだ。あらゆる冒険は、螺旋型の思考によって突き動かされ、実行され、豊かになし遂げられる。グム[引用者註:螺旋の中心]の中心点からエネルギーが四方に広がっていくように、螺旋型思考はトロブリアンド諸島の人々の心を駆り立てて、西太平洋への危険な航海へと押し出していったのである。(434ページ)

さながら本格推理小説です。マリノフスキが提示した読者への挑戦を中沢氏はスッキリと解いて見せました。

リニアとノンリニア、リニアと螺旋か……。『贈与論』を引っ張りだして眺めていると、こんな文章が見つかりました。《マリノフスキー氏はクラという語を翻訳していないが、それはおそらく環を意味している》(ちくま学芸文庫版、73ページ)。なんと!

夏至から冬至まで……その4 秋分の日

「夏至から冬至まで……その1」
「夏至から冬至まで……その2」
「夏至から冬至まで……その3」
の続編でござりまする。

★   ★   ★

何度か書いたとおり、走る習慣を取り戻すため、わざと増量したんです。

69kg前後まで太ると「さすがにヤバい」と危機感が生じ、夏至から第2のランニング人生を始めました。オギャー。秋分(9/23)までに65kgを切り、冬至までに62.5kgくらいにするのを目標にしました。

今月は台風が来たものの、東京は走れない日はあまりなかったように記憶します。1日7kmランを基本とし、体重が増えた日もしくは走らなかった日の翌日は8km走ることに決め、ほぼ守れています。1か月前に体重65kgを切り、今は63kg台です。

糖質を摂ると水分も一緒に溜め込むため夕食にご飯や麺などを食べると翌朝の体重は増えます。

今月は近親者のコロナ入院などでバタバタし、夜は簡単に、ご飯やや麵で済ませることが多かったので体重が跳ね上がりましたが、長い目で見れば、頰はこけ、脇腹のポニョは小さくなり、ウエストポーチやGPSウォッチのベルトはどんどん緩くなっています。

ほぼゆるジョグです。それでも、きちんと胸を張るようになってから、アキレス腱ばかりでなく、ハムストリングの伸張-短縮サイクル(ストレッチショートニングサイクル、SSC)も感じられるようになってきました。ハムのうちとくに大腿二頭筋は坐骨から腓骨につながっていますから、骨盤を引き上げると伸びることになり、着地時にSSCが生じるのだと思います。坂道を上るときなど、以前より弾んでいる感覚が得られます。

──それやこれや、新しいフォームについて考えながら走っているところです。62.5kgを切ったら、冬至を待たず新しいフェーズに入るつもりです。大会にエントリーしているわけでもなく、モチベーションをどこに求めるべきかが問題ですけど、ともかく、なにか見つけます。

エリザベス女王の国葬

雑感です。エリザベス女王の功績を否定するわけではありません。

亡くなった女王の棺が安置されたウェストミンスターホールに弔問するため、多くの人々が並んだそうです。最大、24時間待ちだったとか。

イギリス国民はきちんと行列待ちする人たちであると読んだことがあります。行列ができているから自分もつい並びたくなる日本人と違い、彼の国の人々は自分の意志で並ぶらしい。個人主義ですからね。つまり、みな、トレンドだからではなく自分の意志で並んでいるのでしょう。

私は人類学の本を読みながら「過度な不平等を解消にするにはどうすればいいのか」と考えているくらいですから、格差が拡大しているイギリスなのに、みんな王室が好きらしいことに驚いていました。

日本の大手メディアは彼女の功績や国葬の参列者などを報じているようです。

王室に反対した人がいないわけではありません。いくつかニュースをリンクしておきます。

帝国主義時代のイギリスは多くの植民地を有し、収奪してきました。女王が身につけていた宝石はどこの国のものでしょうか。──そんなこと考えていたら、複雑な気分になったのでした。

川越宗一『熱源』

文庫化された川越宗一『熱源』を読みました。2019年下半期の直木賞受賞作です。アイヌが主人公というので気になっていたんです。

★   ★   ★

尾本惠一『ヒトと文明』(ちくま新書)によると、狩猟採集民は3種類に分類できるそうです。

  1. 非定住で遊動生活をおこなう古典的狩猟採集民=遊動民(ノマド)
  2. 定住し特定の植物の栽培(園芸・園耕)をおこなう者
  3. 大集落や大型建造物を造り、他地域の集団と物資の交易をおこなう「複雑な狩猟採集民」(コンプレックス・ハンター・ギャザラー)または「豊かな食料獲得者」(アフルエント・フォーレジャー)と呼ばれる集団。*彼らは「文明」と混同されることがあるが、農業や都市を持たない。

アフリカ、南米、北米、極北のイヌイットたちの狩猟採集生活を読んできましたが、アイヌは「3」の「複雑な狩猟採集民」だと思われます。私はノマド的な狩猟採集社会に興味があるので、アイヌを後回しにしていたのでした。

★   ★   ★

スケールが大きい物語です。主要人物である樺太アイヌの男性たちやポーランド出身の人類学が実在したらしい。彼はが歴史の激流に巻き込まれ、樺太、北海道、東京、ポーランド、ロシア、南極を駆け巡ることになります。後半は、金田一京助や横田源之助、大隈重信らも登場しました。話を盛り込みすぎた気もしますが、小説は自由なもの、こういう展開もあるのでしょう。

アイヌが和人に支配・同化されるなか、主人公ヤヨマネクフは、育ての親チビコローに「文明」について訊ねると、次のセリフが返ってきました。

「馬鹿で弱い奴は死んでしまうっていう、思い込みだろうな」

文明なんて、ついこのあいだ人間が考えたものです。アイヌは狩猟や漁撈で何万年も平和に暮らしていました。アイヌは文明人より劣っているのでしょうか? もしも樺太に文明人である和人が徒手空拳で放り出されたらは生き延びられないのに。

帝国主義の列強諸国は、いろんな地域の「馬鹿で弱い奴」を征服し植民地にすることを正当化する恰好な理屈を求めていました。進化論・優生学・遺伝学などとともに、当時の人類学が帝国主義の後ろ盾となる学問だったことを『熱源』ではきっちり指摘しています。たとえば、登場する民族学者が民族学と人類学をこう評しました。

「(略)ヨーロッパ人種が他人種を支配するのは、後者の知性や文化が、あるいはその将来の可能性が劣っているからだ。理想的な進化を遂げ、究極的な文化発展を遂げようとするヨーロッパ人種こそが地球の支配者なふさわしい。そんな理屈を列強は欲している。ゲルマン人、アーリア人、チュートン人。何でも良いがそこいらの白人種が、他人種に優越する。その名分を科学的に保証させたいのだ」

私は、アイデンティティーを探る物語だと感じました。アイヌはアイヌたりえるのか、ロシア人か日本人になってしまうのか。ロシアに占領されたポーランドは独立できるのか。登場人物は、アイヌの名と和人の名、ポーランド読みの名とロシア読みの名を持っていることが彼らのアイデンティティーや属性が揺らいでいることを象徴しています。

主人公ヤヨマネクフは山辺安之助の名で『あいぬ物語』(金田一京助編訳)を、ヤヨマネクフの幼なじみで教育者・学者の千徳太郎治は『樺太アイヌ叢書』を残しています。いずれ読むことにしましょう。

★   ★   ★

内容に関係はない話ですが、39字19行という、文庫にしては(特に行数が)キッチキチに組まれていることに驚きました。約500ページの本ですから、ノドに近い文字が読みづらかった。もしかすると、行間が文字の半分以下かも(文字12.75級で行送り18.5歯)? 近年、19行なんて文庫は見たことがありません。直木賞作品でも、極力ページを少なくするんですね。