泣いた赤鬼?

村のはずれに赤鬼と青鬼が住んでいた。

青鬼は孤独を愛した。数学や天文学に通じ、詩作を好んだ。

青鬼は毎日のように訪ねてきて長居する赤鬼をうとましく感じていた。しかし拒絶するのは可哀想にも思われ、追い出したりしなかった。赤鬼に配慮してしまうのを、青鬼は自分の弱さと感じた。何度か居留守を使ったがそのたび必ず後悔し、後悔している自分をまた嫌悪した。

赤鬼は幼児性が抜けなかった。角を生やしているくせに金棒を振り回す膂力もない。浅慮で臆病で依存心がつよかった。青鬼を慕っているのは事実だろうが、面倒をもちこんだり愚痴をこぼすのは赤鬼ばかりで、赤鬼が青鬼の気持ちを汲むようなことはない。

青鬼は赤鬼と縁を切り、旅に出かけたかった。見てみたい場所もたくさんあった。しかし赤鬼を見捨てると思うとふんぎりがつかなかった。また、そんな自分を優柔不断だとも感じた。

ある日のこと。青鬼が数学の本を夢中になって読んでいるところに赤鬼がやってきた。そしていつものように「村人と仲良くなりたい」と駄々をこねじめるのである。歴史的事実にもとづいて、あれだけ「人間と鬼は仲良くなれない」と諭してきたにもかかわらず……。

青鬼は腹を立てた。ちょうど誰にも解かれていない数学の証明問題を解くアイデアがわきかかったところだったのに! 赤鬼のやつ、いつも俺に甘えてくるが、じつは俺よりも村人と親しくなりたいんだろう。そう考えるとますます癪に障った。人間なんてすぐに裏切るに決まっている。

不意にひらめいた。一本の補助線を引くことで幾何学の問題がすっきり解けるように、なにもかもが氷解した。赤鬼の望みをかなえつつ、旅に出たいという自分の希望を同時にかなえる方法を青鬼は発見したのである。

「よし、村人と仲良くさせてやろう」と青鬼は言った。
「ほんと?」

青鬼は計画を話し始めた。青鬼が人間の村で暴れているところに赤鬼が助けに入り、青鬼を殴って追い返す。そんな芝居をすれば、村人は感謝し、赤鬼を迎え入れるにちがいない。どうだ、いいアイデアだろう。──青鬼のアイデアに赤鬼は目を輝かせた。

もとより親切心から生じた思いつきではない。青鬼の計画にはやはり鬼らしい冷酷さがあった。青鬼はそのまま旅に出る。村人と仲良くなって喜んだ赤鬼は、しばらくして青鬼がいなくなったことに気づいて悲嘆に暮れる。一生忘れられない心の重荷となるはずである。

「さっそく明日実行しよう」

赤鬼を追い返すと、青鬼は鼻歌まじりに荷物を整理し始めた。

MERRELL MOVE GLOVE

ジョグ用に MERRELL VAPOR GLOVE を履いていましたが、MERRELL MOVE GLOVE に変えてみました。

メレルですからゼロドロップで、ベアフット系のシューズです。

両者を比べると、ムーブグローブのほうが少し厚いらしい。サイズは、こちらのほうが少し大きな気がします。0.5センチ小さくても良かった。アッパーに伸縮性があり、きつくはありません。アウトソールのパターンがベイパーグローブと違っていて、ムーブグローブのほうがグリップが利きます。

この冬は、ジョグ用のメレルに加え、少し速く走るとき用のアルトラエスカランテレーサーの2足で、走ります。

映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』

何日か前のこと、帝国主義時代の朝鮮や台湾のスポーツについて読んでいて、やはり映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』(2014台湾)は観なきゃならんな、と思い立ちました。台湾代表の嘉義農林学校が甲子園に出場した、史実に基づく映画です。監督 馬志翔/出演者 永瀬正敏、大沢たかお、坂井真紀、伊川東吾

抑えておきたい歴史的背景は以下のとおりです。

台湾原住民はオーストロネシア語族でした。17世紀から明朝再興派に支配され中国人が移り住みますが現地の人と言葉が通じません。日清戦争の末1895年に台湾は日本の統治下となります。現地民ははじめ抵抗しました(乙未戦争)が、徐々に日本に同化され、原住民と中国人は日本語という共通言語をもつことになります。……これを知っていないと、日本人がいないところでも日本語を使うシーンなど、理解できないところがあります。

映画は統治されてから約35年後。台湾では日本による近代化が進んでいました。

松山商で指導経験のある近藤兵太郎(永瀬正敏)が台湾の弱小チームの監督を引き受けます。彼の熱血指導により、選手たちは力をつけ、甲子園出場を果たします。試合の様子は台湾にもラジオで中継されていました。調べてみたら、日本本土の短波放送が聴けたそうです。

嘉農や中京商など相手チームの選手もプレーに不自然なところがなく(CGは多過ぎですが)、日焼けもしていて、きちんと野球をやっていました。初代甲子園球場のセットがよくできています。一方、実況中継のしゃべりかたや言葉の選び方は現代的過ぎました。当時の野球監督はユニフォームを着てなかったのかなあ?

ひたすら厳しいだけだった近藤監督も次第に成長していきます。ところどころ日本人以外の選手を侮蔑する邦人がいて、近藤がそれをたしなめるのですが、近藤がどうしてそういうふうに考えるにいたったのかはよくわかりません。選手に愛情を抱いたということでしょうか。

試合のシーンの興奮が映画の感想に直結してしまうので、スポーツ映画の評価は難しいんですが、外れがない感動的な映画と申せましょう。180分は長かった。退屈はしなかったけど。

先述のような事情で、嘉農のチームは、日本人、漢人、蕃人(台湾原住民)で構成されていました。もうちょっと漢人、蕃人の言葉や暮らしぶりを観てみたかった気もします。漢人、蕃人を蔑む日本人に近藤が反論するシーンがありますけど、近藤がどうしてそのように考えたのか、も教えてほしかったような。

ところで、近藤が妻(坂井真紀)相手に目隠し将棋をしていました。私は書道しながらそんなことできんわ。

映画『天狗飛脚』

夜、なんとなく見はじめた時代劇『天狗飛脚』(1949、大映)、期待していなかったこともあり意外な面白さに驚きました。監督/丸根賛太郎、出演/市川右太衛門、小杉勇、相馬千恵子、志村喬、加東大介、上田吉二郎、沢村貞子、子役の澤村マサヒコ(津川雅彦)。ちなみに沢村貞子の弟が加東大介で、甥が長門裕之・津川雅彦です。

天狗飛脚

天狗飛脚

  • 発売日: 2020/09/27
  • メディア: Prime Video
 

飛脚問屋「天狗屋」はエース飛脚を引き抜かれて廃業寸前です。そこに現れたのが長太(市川右太衛門)でした。江戸・大坂を6日で往復する韋駄天ぶりです。1日200km弱かしら。長太をスカウトしてV字回復の大繁盛を見せる天狗屋。しかし、そのころ江戸市中を荒らし回る俊足の大泥棒がいて、それが長太だという噂が立ったため、店はふたたび傾きます。長太と相思相愛らしい天狗屋の娘おしゅん(相馬千恵子)は家業再建の支援をうけるため、やむなく大阪へ嫁ぐことを決意します。ヤケ酒を飲む長太は泥棒の嫌疑で目明かしの源七(石黒達也)に捕縛されそうになる始末。問題は重なるもの、子供だけが罹る流行病に罹り、長太を慕う少年・平太郎(澤村マサヒコ)も倒れてしまいます。蘭医仁斎(小杉勇)の命を受け、長太は特効薬を求めるべく大坂を往復することになりました。同じころ、なぜか源七も西に出奔していたのでした。

よくできた映画です。展開のテンポが良くコメディ要素もふんだん。音響効果もなかなかのものです。ストーリーもよく練られています。奉行の久内(志村喬)とお尋ね者となった長太が同居するアイデアなど、ちょっと浮かびにくいのでは。

映画の原初的な面白さって追いかけっこだと思っているんです。本作、最後はマラソンのトップ争いさながらではありませんか。コマ落としで速く見せているとはいえ市川右太衛門はじめみんなよく走ります。ミステリー解決と恋愛成就と人命救助を主人公の脚にかかっているんです。

舗装されてない箱根などの街道を眺めるのも楽しかった。

f:id:mugibatake40ro:20201028125506p:plain

★    ★    ★

大小二本差しの侍も少し出てきますが、チャンバラシーンはありません。小刀が出てくる程度です。戦後、GHQの統治下であった1945〜1951年まで、チャンバラ映画は軍国主義的だとされ禁止されました。だから時代劇の大スター片岡千恵蔵はその時期、現代劇である多羅尾伴内シリーズに出演したのです。七つの顔を持つ男も面白いけどね。他方、時代劇は時代劇でも剣戟シーン禁止のルールのなかで知恵をふりしぼってこんな娯楽映画つくっていたんだから日本映画界もなかなかしぶとい。

竹内洋『教養主義の没落』

ブログとはまったく関係ない話です。

教養ってなんでしょう。私には小学校時代から教養に対する一種の畏怖がありました。もしかすると単に権威主義だったのかもしれません。中学に進んでからは勉強はあきらめ、本読んだり将棋を指したりしていました。通学時間でいろんな外国文学や日本文学を退屈しながら読んだものです。

「教養がある」は「頭がいい」とはちと違った気がします。

「頭がいい」とは中高生にとってはとくに成績が良いということだった気がします。いや、それだけではないな。何かの問題解決にあたってみんながワイワイものごとを言うときに、脳から汗を垂らして素晴らしい解決策を思いつく人も「頭がいい」でした。私の中高時代の読書は、成績がよくもなく沈思黙考ができない自分の負い目を隠すため「教養がある」人になろうとしていたのかもしれません。残念ながら教養もつかなかったんですが。

★    ★    ★

先日、竹内洋『教養主義の没落』(中公新書)を読みました。たいへん面白い本でした。明治の話から始まり、2003年刊行ですから、だいたい20世紀までの話です。 

教養主義の没落 変わりゆくエリート学生文化 (中公新書)
 

戦後の話に限定しましょう。

高等教育がエリート段階からマス段階に切り替わる境目は「進学率15%」だとマーチン・トロウという人が言っているそうです。日本では1960年代後半に15%以上になりました。

つまりオリンピック以後ですね。クレイジーキャッツの映画を思い出してください、大学卒でも単なるサラリーマンになる時代が到来したのです(それ以前は大学エリートが就職した場合でも、大学での専門知識が活きる部署に配属されていたとか)。

ときあたかも70年代安保。大学=教養主義=エリートの再生産の時代が終わると、教養知・専門知に対する愛憎がうまれ、大学紛争のエネルギー源になったのではないかと、竹内氏は書きます。知識の権化たる丸山眞男が糾弾の対象となり、庶民の出である吉本隆明がスターになりました。

大学の専門知識とは関係ないサラリーマンになる彼らにとって、教養は収益を見込んで投資する文化資本たりえません。1970年あたりから岩波文庫の売れ行きが落ちていき、角川文庫などのエンタテインメントが参入しはじめます。「中央公論」や「世界」に代わって「文藝春秋」「リーダーズ・ダイジェスト」「プレイボーイ」などが部数を伸ばしきました。教養主義者・知識人の存在感は薄れ、大学はレジャーランド化する……。

そんなころに私はわからないながらも古典文学を読んでいたのです。時代遅れでしたね。

『教養主義の没落』最後の最後に、私がリアルタイムで知っていることが出てきます。1985年、文学者の反核運動を発端にした埴谷雄高と吉本隆明の論争にビートたけしが参戦、雑誌で吉本を茶化したのです。巨人・吉本の影響力が失墜したということでしょう。1989年の大学生のアンケートでは、日本を代表する文化人の第1位が夏目漱石、第2位がビートたけしだったそうです。

1980年代前半くらいでしたか、ビートたけしや明石家さんまを世間が「頭がいい」と言いはじめ、違和感を覚えました。かつては彼らを褒める表現は「頭の回転が速い」だったんです。彼らは「頭がいい」文化人になったんですね。

★    ★    ★

日本学術会議の問題、世間が学問や知性を軽んじているように感じますが、それも「教養主義の没落」と関連するのかもしれません。

映画『127時間』

あまり走ってない代わりに、積ん読、積ん観(?)を消化中。

127時間 (字幕版)

127時間 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

昨日は映画『127時間』(2010、米)を観ました。2003年4月、アメリカのキャニオンライズ国立公園でクラックに転落し、一緒に落ちてきた岩に右腕をはさまれて身動きできなくなった青年の実話を基にした映画です。アウトドアの映画なのでこのブログとは関係なくもない……かな。監督ダニー・ボイル、出演ジェームズ・フランコ、ケイト・マーラ、アンバー・タンブリン。

事故に遭ってから緊迫感に充ちています。なにしろ誰もいない広大な地の、そのまた亀裂のなかにいるのです。岩にはさまれた腕は抜けそうにありません。そして、徐々に水が尽きていくのです。

細部もよくできています。たとえば冒頭、目よりも高い上の棚をざっと手でさらって持っていくんですけど、スイス・アーミーナイフ(十徳ナイフ)だけが指に触れず、そのまま置いていかれます。それがのちのち影響するのです。

フロイト的な読み方をするなら、ブルー・ジョン・キャニオンの渓谷=胎内を巡った「第二の誕生」が果たせるか、ということになります。1人で生まれ、群衆にまみえ、1人で死んで……。

★    ★    ★

教訓=とくにトレイルランナーのみなさん、出かけるときは行き先を告げておきましょう。それから、装備はしっかりしたものを。

『タテ社会の人間関係』

f:id:mugibatake40ro:20201023155137j:plain

講談社現代新書で中根千枝の著作を読みました。著中根氏は1926年11月生(大正15年。昭和元年は12月25日から)生まれの93歳。インドなどをフィールドワークした社会人類学者で、初の東大教授になった人だそうです。私が読んだのは以下の2冊です。

『タテ社会の人間関係』(1967)
『タテ社会と現代日本』(2019)

前者は私が生まれた翌々年の本で、なんと120万部くらい売れているらしい。古典と言っていいような日本人論らしいのですが、こないだ書店で見かけるまでまったく知らなかったのでした。前者の元になった論考「日本的社会構造の発見──単一社会の理論──」(1964)が『タテ社会の現代日本』の附録として添えられています。そっちのほうがわかりやすいので、『タテ社会の現代日本』一冊買えばこと足りるかな。 

★    ★    ★

著者は世界との対比で日本の社会構造の特殊性を指摘します。日本社会は「資格」ではなく「場」を重んじる社会だそうです。

  • とは───一定の地域、(会社などの)所属機関
  • 資格とは──氏・素性(生まれつきのもの)、学歴・地位・職業(後天的なもの)、資本家・労働者・地主・小作人(経済的なもの)、男女、老若(生物的差)

とあります。会社や家の属性が重視されるということです。たとえば、日本の会社員は「◎◎社のなにがしです」と自己紹介する一方で、自分を労働者階級とは意識していません。

逆に、インドは「資格」を意識し、カーストの区別はあるけど、同じカーストで楽しく暮らしていて、日本の下層社会のような悲惨さはないそうです。そういえば、以前『菊と刀』(長谷川松治訳)に、日本は世界一のカースト社会だと書いてあって、「インドより日本が?」と驚いたものです。そして、軍隊でもヤクザでも会社でも部活でもいいんですが、日本社会には上下関係があります。

なかなか鋭いエッセイです。

ただ、平易な文章で広く浅く日本を考察するので、かえってわかりづらい部分があるのは残念です。「この章だけ一冊の本にして、300ページ解説してくれんかなあ」と感じるところが多々ありました。上記のインド社会との比較も例を挙げてじっくり論じてほしかった。また、日本の「場」における女性や子供の位置づけなどが書かれていないのは気になりました。

「資格」と「場」で社会構造を見るのは著者の独創らしいのですが、参考文献や引用文があれば、読者としては新しい発見があったかもしれません。

★    ★    ★

タテ割り行政とよく言われますが、日本の学問も学際性が弱くて専門バカが生まれがちなタテ割りです。日本の労働力も流動性が低くタテ割り。日本の企業には派閥があるタテ割りです。政治は「味方」と「こんな人たち」のタテ割り。

一方、電機メーカーは同じようなテレビや家電をつくり、食品業界は似たような加工食品をつくり、外食産業は似たようなチェーン店を出し、テレビ局は似たようなワイドショーやクイズ番組やニュース番組や散歩番組やグルメ番組やドラマをつくり、独自性に欠けます。

タテを眺めれば狭い世界の上下関係が、ヨコを見ると均質な世界が拡がっています。

タテ社会の人間関係 単一社会の理論 (講談社現代新書)
 
タテ社会と現代日本 (講談社現代新書)
 
菊と刀 (講談社学術文庫)

菊と刀 (講談社学術文庫)