シャンプーやめて1年と2ヶ月

時事通信の記事(→こちら)より。

米ハーバード大の研究チームはこのほど、ストレスが白髪をつくるメカニズムを解明し、22日付の英科学誌ネイチャー電子版に論文を掲載した。

研究チームはマウスにストレスを与え、白い毛が生えてくる過程を観察。ストレスを感じると放出される神経伝達物質のノルアドレナリンが、毛根付近の細胞を過剰に活性化させることが原因だと突き止めた。

毛根付近にある幹細胞は通常、髪が生える過程で徐々に色素細胞に変化し、髪の色素を生成している。ところが、ノルアドレナリンによって過度に活性化すると、急速に色素細胞へと変わり、枯渇してしまうという。

……だ、そうです。

白髪が増えるメカニズムもよくわかっていなかったんですね。

髪といえば……「狩猟採集民やアメリカ先住民の年寄りは、それほど禿げてないし白髪の人も見ないよなあ」とふと考えたのが1年2ヶ月前のこと。彼らは水浴びをするくらいです。『所さんの目がテン!』で取材したハッザ族は温泉に入っていましたね(→リンク)。白髪の原因のひとつがストレスだとすると、彼らの生活はストレスが少ないと思われます。自然に囲まれているし、労働時間は短いし、出世争いも学校もありません。

何でも読書から入る私。宇津木龍一さん、渡辺新さんの著書を読み、その後、おそらく男性読者を想定していない山口麻子さん、平野卿子さんの本までも読んで、「シャンプー、リンスは要らない」と考えるにいたりました。本来、皮脂や汗を分泌するはずの毛穴から、毎日大量の化学物質が取りこまれるのは不自然です。そもそもさ、液体シャンプー・リンスが大々的に売り出され、1日1回それらで洗髪するようになったのは1960年代です。我々はシャンプー第一世代なのです。

詳しくは過去の記事をご覧いただきたいんですけど、私は猫っ毛で、年とともにペチャーッと寝るようになっていました。塩シャンプーを始めたら、一週間ほどで髪の毛が太くなり、自立するようになったから不思議です。

洗面台に短い毛が落ちていたら、妻が「剃ったヒゲはちゃんと掃除して」と言ったっけな。妻よ、私はヒゲを剃ってない。床屋から帰ってきたところで、そこに落ちているのは払い残した髪の毛なのだよ。たしかに私の髪の毛は以前はもっと細かったがな。

髪が伸びるのも早くなりました。理髪店や美容院で、「シャンプー不要です」と説明するのが面倒だな、と感じていましたけど、街にたくさんある安い床屋さんってそもそもが洗髪しないのだと知りました。ラッキー✨️

塩シャンプーは塩っ気を落としきるのも難しいし、そのうちお湯だけにしました。丹念にシャワーをかけながら汚れを流します。髪の毛が増えたとはいいませんけど、以前より髪が健康的になったとは言えるでしょう。

身体は純石けんで洗っています。いまのところ、皮膚に目立った変化はありません。
 
《過去の記事》

塩シャンプーで髪が増えた!

塩シャンプーで髪が増えた!

  • 作者:渡辺 新
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2018/09/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた

化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた

  • 作者:山口 麻子
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2015/06/19
  • メディア: 単行本
 
最新版 肌断食: スキンケア、やめました

最新版 肌断食: スキンケア、やめました

  • 作者:平野 卿子
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2017/03/27
  • メディア: 単行本
 

25キロゆるゆるジョグ、その他

f:id:mugibatake40ro:20200120011758j:plain

台風19号で橋脚が沈んでしまった立川市の日野橋。まだ通行止めでした。

風邪で一週間休んでいました。まだ、洟が出たりノドが痛んだりしていますが、熱も下がりましたし、九割方回復した感じです。筋トレ再開はまだ様子見です。

今はレースを入れてないのでオフシーズン同様ですが、以前はオフでも体重が62kg台だったのに、いまは65kg以上あります。私は糖質を摂らないほうです(ごはんや麵は1日1食以下で、砂糖の入ったものは食べません。料理にも砂糖は使いません)し、酒も糖質のない蒸留酒が多いんです。まあ、外食ではビールも飲みますけど。

かくなるうえは、「空腹ラン」だ。本日、全国都道府県対抗男子駅伝が始まる12時半スタート。気温は低かったようですけど、天気が良かった。心拍数が145bpmくらいの、私にとっては脂肪燃焼ゾーンを狙って走りました。私、3日連続糖質オフ+ロング走をやって以来、ここ数年、LSDでハンガーノックになったことはありません。

計25km、平均ペース6:34/km、平均心拍数143.5bpmでした。筋トレは自重。

少し移動して、16時から食事。糖質だけど、ビール飲んじゃう。

というわけで、わがふるさとで行われた全国都道府県対抗男子駅伝は見ていないのです。中学生も半分以上がヴェイパーフライを履くと、話題になっていましたね。いやまあ、都道府県の名前を背負って参加するからには、いつもの2、3倍の価格のシューズを履いてでもチームに貢献を……ということでしょうか。

結果、長野県が優勝。

6位までが大会新記録だったとか。選手のみなさんお疲れさまでした。

「ろんぶ〜ん」で紹介された論文。

Twitterかなにかで、NHK「ろんぶ〜ん」(→公式サイト)という番組を知りました。さまざまな論文を紹介する番組らしく、その一週目が、ランニングとバッティングの動作解析の話とのことでした。

再放送を探して視聴しました。紹介された論文は木越清信、加藤彰浩、筒井清次郎「小学生における合理的な疾走動作習得のための補助具の開発」(「体育学研究 57」2012→PDF)です。

番組には、ロンドンブーツ田村淳と元巨人の仁志敏久が登場。おお、なつかしや筑波大学。つくばマラソン走ったあと、ここ通ってバス停に向かったものです。

f:id:mugibatake40ro:20200118211317j:plain

筑波大学の木越清信先生が登場。運動のコツを教わってもすぐに動作向上に結びつかないので、外部からの意識を変えることで走技術の向上を目指すという説明がなされます。《疾走能力の高い児童の特徴として,地面に接地していない脚(遊脚)の腿上げ角度が高いこと,および同じく遊脚の膝関節がより屈曲していること》(上記論文より引用)が知られているので、その2点を改善するために、手作りの器具を開発したそうです。

f:id:mugibatake40ro:20200118212201j:plain

下記のふたつがその器具です。

左の器具は、歩くたびにピコピコ鳴る子供用サンダルを改良したもので、マジックテープで腿の裏に装着します。ふくらはぎで叩いてピコピコ鳴らす外部意識をもつことで、足が流れず、引きつけがうまくなる、とのこと。折りたたんでコンパクトに引きつけることで、ピッチを上げることができます。

右の器具は、足首より少し上にマジックテープで……ええい、面倒くさい。ミズノから製品化されているそうなので、そちらをご覧下さい(→ダッシュビート)。番組はもっと下に装着していましたけど。腿上げが高くなれば、より大きな位置エネルギーを獲得できますから、足を振り下ろしたさいに強い地面反力を得られるのです。たぶんね。

f:id:mugibatake40ro:20200118212423j:plain

ふたつの器具をつけて、仁志氏が走った様子がこちら。

f:id:mugibatake40ro:20200118212910j:plain

仁志氏、50Mダッシュだったんですけど、流して走っているのか、あるいは野球選手の特性なのか、スピードが上がって胸をはるような動作をしないんですよね。足が流れていたのは明らかに改善されたようです。(番組後半のバッティングの話では本領を発揮していましたよ)

論文に触れられていますが、腿裏にセットするピコピコは、もともと速い子につけさせるとかえって遅くなる場合があったとか。そのせいか製品化はされていないようです。

f:id:mugibatake40ro:20200118214907j:plain

ん〜と、噂に聞いていたロンブー淳の不思議な走り。動作が大きなわりに足踏みみたいになっていて推進力につながっていません。器具2をつけて走っていましたけど、なにかが劇的に変わったということはなかったようです。 

MIZUNO(ミズノ) キッズ ダッシュビート K3JKJ80109 ブラック

MIZUNO(ミズノ) キッズ ダッシュビート K3JKJ80109 ブラック

  • 発売日: 2018/06/01
  • メディア: スポーツ用品
 

『仮面ライダー』『煙が目にしみる』その他

風邪ひいてたし仕事していたし、で、狩猟採集民の研究もランの練習も進んでいない日々でございます。だから、まったくの雑談です……💦 ふだんテレビを見ない私が、わざわざ録画までして見ている番組の話、をば。

まず、TOKYO MXでやっている『仮面ライダー』再放送(→MX公式サイト)。もともと1971年4月から放映されたらしい。広島でも土曜日の19時半からやっていて、親から「早く風呂に入れ」と言われながら、粘って見ていたものです。しかし、見終わってから風呂に入ると、ドリフの最初が見られないという……。

藤岡弘が撮影中のバイク事故で大ケガをしたため、第10話あたりから本郷猛(藤岡)の出演部分は過去の映像をつなぎ声を吹き替えにする綱渡り。ルリ子(真樹千恵子)がメインになり、むりくり藤岡の不在をしのぎました。ショッカーが「イー」と言い始めたのは12話目くらい。

14話目で一文字隼人(佐々木剛)が登場。仮面ライダー2号の登場にコーフンした子供時代を思い出すねえ! ショッカーが「イー」を連発し、「変身、とおっ」が始まり、立花藤兵衛が喫茶店からバイクショップに鞍替えし、滝和也がレギュラーとなり、山本リンダたちが登場し、主題歌を子門真人が歌い……やっと定番スタイルが確立しました。格闘シーンでスローモーションになるのも14話目からかな。今週見た15話でサボテグロンに勝ちましたが、私は仮面ライダーの最初の怪人がサボテグロンだと勘違いしていたくらい、仮面ライダーといえば一文字隼人登場以降だったのでしょう。

ウルトラマンほど社会性はありませんし、総じてつまらないので、そろそろやめます。

もうひとつ。BS12で週に2話ずつ再放送されている『煙が目にしみる』(→BS12公式サイト)です。1981年6月から7月にかけて放映された、NHK銀河テレビ小説。全20話で、今週は12、13話が放映されました。

プロ棋士の登竜門・奨励会は、当時、31歳の誕生日までに四段になけなければ退会と定められていました。主人公の信吾(川谷拓三)は、師匠の内弟子(以前は師匠宅で修行する弟子がいたのです)三段で長年足踏みしている奨励会員。恋人だった師匠の娘を五段の弟弟子に奪われ、失意のなか石和で知り合った子持ちのフラメンコダンサー(根岸季衣)と同棲するようになります。私生活のゴタゴタも影響し、なかなか勝てず……。

私が熱心に将棋を指していたのは中学1年の三学期から高校1年くらいです。高校1年の夏、高校将棋選手権の団体戦で広島県大会の代表になりました。1981年といえば、高校1年の地区大会予選の直前なのかな?

主人公のモデルは、長らく三段であった鈴木英春をモデルにしていると言われていました。大山康晴、花村元司、大内延介、青野照一、石田和雄ら、プロ棋士もちょくちょく出てきます。

ドラマとしても、なかなかのように思います。ジェームス三木は、将棋番組に将棋好きのアマチュアとして出てきて弱いところを露呈していましたが、さすが本職では人間味溢れる巧い脚本を書きます。松村達雄、賀原夏子らも達者。いまはあんな役者いませんよね。今回は松崎真が出てきましたよ。「手を挙げて横断歩道を渡りましょう」

ランニングに関する番組も録画して見たんだっけ。これは明日書きます。

ここからはテレビにも関係ない雑感ですけど、いいでしょうか?

坪内祐三さんが亡くなりました。20年くらい前かな、会社員時代、縁あって何度も飲んだんですよ。労作『慶応三年生まれ 七人の旋毛曲り』が出る前後です。当時、マイナーなブンガク界の、さらにマイナーなブンガク評論の世界で頭角をあらわした時代の寵児でした。

いま出ている雑誌「文藝春秋」で、坪内さんは、2019年の物故者について書かれています。坪内さんらしい世代論になっていますけど、まさか、その原稿を書いているとき、ご本人が亡くなるなんて露ほども予想しなかったのではないでしょうか。合掌。

今朝の衝撃

じつは軽い風邪をひいておりました。毎年ではありませんが、1月と10月に体調不良になることが多い気がしています。自分が病死するのはどちらか、かも。

ここんとこ酒も飲まず、薬をのんで早寝早起き。熱は下がり、洟もとまり、いまはノドが痛いくらいです。今朝は珍しく「あ〜、よく寝られた」という気分で目覚めました。「あと一時間寝られるんだよなあ」と思いながらスマホでニュースを見たら、衝撃!! 一気に目が覚めました。
 

 ナイキの「厚底シューズ」、禁止だって!

 

思い出すのは、競技用水着レーザー・レーサーです。

2008年、世界の水泳選手がSPEED社のレーザー・レーサーを着用し、続々と記録を打ちたてました。日本人は契約の関係で着ることができなかったんですが、勝つためにはしかたないという判断でしょう、北京オリンピックを前に、ついに解禁。世界記録がたくさん樹立されましたが、2010年には禁止となりました。

パラリンピックには高性能の義足が道具のドーピング(テクニカル・ドーピング)ではないかと言われ始めています。

ナイキ・ヴェイパーフライが起こした記録ラッシュはレーザー・レーサーとダブるんですよね。今年は高校駅伝でも履いている選手が多かったそうで、各メーカーもカーボン板を挟んだような厚底シューズを開発中という噂がありました。

キプチョゲがフルマラソンでサブ2を果たしたアルファフライ。エアバッグをはさんでカーボンが三枚埋め込まれています。ドクター中松のジャンピングシューズもビックリの高機能シューズです。

ナイキ旋風

【前書き】私はナチュラルラン派ですしシューズに金をかけたくないこともあり、数百キロしかもたないといわれるヴェイパーフライを買うつもりはありません。ズームフライは安売りしているのを買って試したことはあります。扁平足に間違われるほど足裏の筋肉が発達している私は、土踏まずのところが盛り上がっているズームフライは合わず……。結局、最近はずっと足袋とかサンダルとか、アルトラか、アシックス・ソーティです。

もうひとつ。私はニューイヤー駅伝も箱根駅伝もハイライトしか見ていません。

f:id:mugibatake40ro:20200114170408p:plain

これは、1月4日の楽天セール(だったかな)での、ジョギング・マラソンシューズのランキングです。ズームフライが人気ですね。

元日にはニューイヤー駅伝で旭化成が、2、3日には箱根駅伝で青山学院が、ナイキ ズームXヴェイパーフライ ネクスト%(→公式サイト)を履いて大会新記録を叩き出しました。かつてアディダスブームを牽引してきた青学までが……とは思いましたけど、背に腹は変えられない。箱根駅伝でのヴェイパーフライ率は84%だったとどこかで読みました。おそらくシューズのおかげもあり、いろんな大会で記録が更新されています。

ナイキの戦略は売り上げにも直結していると思われます。

もはやIOCはこのシューズを道具のドーピングとして禁止しないと思います。各社もこの手の高機能シューズを開発しているとも噂されていました。下にリンクした記事の、ミズノの白シューズが謎めいていて面白かった。

下にリンクさせてもらったblogでは、ミズノの白い謎シューズを履いたのは7人。結果は、

 創価8区・鈴木大海選手=区間10位
 創価10区・島津雄大選手=区間1位(区間新)
 法政5区・青木涼真選手=区間4位
 日大1区・横山徹選手 =区間15位
 日大4区・武田悠太郞選手=区間18位
 日大9区・橋口大希選手=区間20位
 国士舘5区鼡田章宏選手=区間20位

とのこと。山登りの5区で2人が履いたんですね。
最後にリンクした記事では、《現在発売されている「ウエーブデュエル」シリーズの後継モデル(プロトタイプ)であり、内蔵されているのは陸上界で噂されているカーボンプレートではないそうです》とあります。

www.rikujyokyogi.co.jp

辺見庸『永遠の不服従のために』

f:id:mugibatake40ro:20200114134143j:plain

要らぬ前置きをすると、私は狩猟採集民の話を読み、彼らの生活や心境を鏡にして現代社会や自分自身の常識を疑っているのです。みなさんが海外旅行をすることで、日本のおかしさに気づかされるようなものです。現代に残るわずかな狩猟採集民の生活を見ると、労働時間は短く、上下関係はなく、平等分配をします。定住する前は、おそらく人間はそういう社会を生きていたのです。

獲物がとれたら自分や自分の家族だけでなく所属する血縁的小集団で均等配分するのがあたりまえだった初期の狩猟採集社会からすると、格差が広がる今の日本社会は異様です。財産がないし、人口密度が低いので戦争が起きることもないのです。

私が政治や社会問題に対して意識的になったのは、恥ずかしながら東日本大震災以降のことです。四十代半ばまでは、半径10メートルくらいしか見ていなかった気がします。パッと見、あたりが幸せならば、それでよかったし、自分の生活を安定させるために汲々としていたのかもしれません。日本にも日本以外の国にもふしあわせな人がいて自分たちとつながっている、という当たり前のことが想像できなかったのです。

辺見庸『永遠の不服従のために』を読みました。2001年から翌年にかけて「サンデー毎日」に連載されたエッセイです。

世界を無茶苦茶にするブッシュ、アメリカの言いなりになり憲法を無視する小泉純一郎首相と安倍晋三官房副長官、まったく機能しないメディアについて、筆鋒鋭く批判していきます。

やっと最近、私も勘づきました。新自由主義(ネオリベラリズム)とは、権力を持つ金持ちがもっと稼げるように、自分たちでシステムを作っていく社会です。一方で、弱者への再配分(社会保障など)はどんどん削り、本来救済されなければならない人に向かって「自己責任だ」と言葉の礫を投げつけます。しかも昨年は、逆進性(金持ちにとって有利な税制)の高い消費税を上げました。

先日の受験改革の迷走をご覧なさい。利権を欲しがる文教族が特定企業とグルになり毎年50万人いる受験生を食い物にしようとしました。もちろん官僚の天下り先も用意されます。「何度でも試験を受けられる富裕層の子供に有利な受験方式ではないか」とシステムの不備を問われた萩生田光一文科大臣は「身の丈に合わせて勝負してもらえれば」と言ったのです。つまり、貧乏人は不利だが、自己責任でやりたまえ、ということです。

レーガンやサッチャー同様、中曽根康弘はネオリベに舵を切り、その流れは今に続いています。国鉄民営化は労組解体を目的とし、結果、労働運動そのものが弱体化したために社会党は支持基盤を失い自民党の一人勝ちにつながりました。組合からの圧力がないんだから労働分配率は当然低下します。結果、JRのサービスは国鉄時代よりもよくなったかもしれませんが、赤字路線がどんどん廃線に追い込まれました。中曽根はローカル線はなくならないと言っていたのに。

辺見氏は、そういった歪つな政治に気づき、ずっと前から我々に警鐘を鳴らしていたのです。ああ、それなのに、私はなんてボンヤリしていたことか。

辺見氏のこのシリーズは『いま、抗暴のときに』『抵抗論 国家からの自由へ』と続きます。「不服従」「抗暴」「抵抗」「自由」などは、狩猟社会民を鏡にして現代社会を見る私にとって共感できるキーワードです。現代社会にあっかんべーをして「逃亡」する手もあるでしょうが、自分だけ逃げおおせればいいとは考えません。

永遠の不服従のために (講談社文庫)

永遠の不服従のために (講談社文庫)

  • 作者:辺見 庸
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/05/01
  • メディア: 文庫