新年度は、白い無敵で気分まっさら。

f:id:mugibatake40ro:20200403194334j:plain

一時期、走る気がだんだん失せてしまい、去年なんて短距離に転向すべく、ダッシュしたり筋トレしたりしていたんです。酔っ払ってランニングクラブの入会募集をポチってしまったため、また持久走の練習をすることになりました。

短距離に浮気していたことでリフレッシュされたようで、今はマラソン初心者の気分です。2度目の初心者。

「1度フルマラソンを走ってみたいな。怖いな〜」なんて感じです。2010年の自分と競争しようと考えています。2010年の私は、1月の勝田マラソンで初めてサブフォーを達成したものの、目標を失い、4月のかすみがうらマラソンで自己ワーストを記録。そこで奮起し、サブ3.5を目指す練習をすれば3時間45分切れるだろうと、5月から月間300キロ走っていました。すると、秋のつくばマラソンで(ネットではありましたが)3時間半を切れたのです。

2020年度の初ランは4月2日。

ランニング足袋「無敵」をおろしました。先月は、同社の「Toe-bi」でよく走ったんですけど、穴が空いてしまいました。白い無敵は、きねや足袋のHPでしか売ってないのかな? 染められるそうですけど、今は初心者気分なので「あなたの色に染まります」的に、白でいきます。(なんじゃそりゃ)

数歩走ると、ソールが厚いなあ……と感じます。Toe-biのソールが3ミリなのに対し、無敵は5ミリなのです。たった2ミリの差で全然違うんですね。

以前よく走っていたときは、キロ7分半ペースのLSDなどもやっていました。4時間ジャストで32km走ったりね。

田中宏暁先生によれば、ニコニコペース(主観的運動強度で「ラクだ」と感じるペース)でもPGC-1αというホルモンが発現してミトコンドリアが増えるため酸素をとりこむ能力が高まるそうです。1度目の初心者時代、私は距離を増やすだけでそのままタイムに反映されました。月間200kmで4時間切り、300kmで3時間半を切り、400km(1年に1度は500km)で3時間10分を切ったのです。

でも、フォームが良くなかった。レースペースで走るときはそうでもなかったのですが、LSDなどのときは腰が落ち、小さな筋肉を使っていました。だからふくらはぎが太いのです。

今は、ゆるジョグでも、きちんとお尻やハム、大腰筋などが確実に使えています。お尻の窪みが小さくなってきたような……。足袋シューズで走れば、効果は覿面です。翌日、大きな筋肉にダメージが残るのです。

2度目の初心者である私は、前回の初心者のときより確実に良い走り方ができているのです。2010年の自分に、ゆるジョグのコツを教えてあげたいわ。

参考になるのは、無敵やToe-biの開発にかかわった高岡尚司さんの『ゼロベースランニング』です。私の素人考えはカテゴリ「フォームの話」にまとめています。今とくに意識していることをひとつ挙げるなら、
走りながらストレッチをする?
フォームについての考えアップデート
に書いたようなことです。一部手直ししたいところがありますが、大意に変わりはありません。ポイントは、「走りながらストレッチをすること」です。

ゼロベースランニング 走りの常識を変える! フォームをリセットする!

ゼロベースランニング 走りの常識を変える! フォームをリセットする!

  • 作者:高岡 尚司
  • 発売日: 2016/12/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

新型コロナウイルス雑感

新型コロナウイルスがひたひたと迫ってくる感じです。

3月29日、志村けんが死んでしまいました……。私の世代だと、彼が「見習い」のころから知っているはず。私はもうほとんどテレビを見てないのですが、志村が現役でテレビに出ていたことは知っています。最近は芸人もいろんな顔を持ちますが、志村けんはコメディアンとして人生をまっとうしましたね。

阪神の選手、サッカーの酒井高徳選手、脚本家・宮藤官九郎らの有名人も感染、本日は梨田昌孝・元楽天監督の陽性がニュースとなりました。私の知り合いも勤務している会社内で感染者が出たため在宅ワークを余儀なくされています。

ちょっと気になっているのですが……。

京都産業大学と県立広島大学の学生が卒業旅行をして感染したことがバッシングされています。私には強い違和感があるのです。同じことを感じている方がいらっしいました。

3月初め、ヨーロッパでの感染はイタリア以外はあまり話題になっていなかったのです。「日本にいるより大丈夫だよね」と感じたとしても不思議はありません。県立広島大学では1月23日、2月4日、3月4日の3度にわたって渡航自粛要請をしているそうですが、報道によれば、《「1、2回目は中国への渡航の中止を求めるものでしたが、3月については『渡航先を問わず、海外旅行を自粛してください』といった内容です。全学生に一斉メールで送信しました」(同大総務課)》とのこと(→日刊ゲンダイDIGITAL)。すなわち、中国以外の渡航自粛を呼びかけたのは同校の学生が旅行に行く前日だったのです。

それでも取りやめるべきだったという人もあるでしょう。

でもですよ、それほど深刻な状況にあったんだとしたら、空港の検疫はなにをやっていたのでしょう。Twitterなどを見ると、その後の世界的な感染拡大を受け、「日本に戻ったさいは長時間隔離されるんじゃないかと心配していたけど、すんなり入れた」みたいな投稿がたくさんあります。検査体制は充分だったといえないのではないでしょうか?

日本には《世間》というものがあり、相互監視している、と阿部謹也が書いています。警察のほかにポリコレ棒を振り回す《世間》が「バカやろう、卒業旅行なんて行くからだ」と怒るのです。リンクした記事の「実名報道して罰すべき」なんて書き込みが本当にあるのだとしたら、卒業旅行をした人は具合が悪くても検査を躊躇するかもしれません。

政府とメディアは科学的知見に基づいて情報をきちんと発し、検査の間口を拡げるべきです。オリンピックを開きたい、補償に金をかけたくない、などといった政治的バイアスを持ち込んではいけません。「若者は家にいろ」「年寄りこそ出歩くな」といった分断をつくらないように努力すべきです。

どんな事情であれ、感染した人にかける言葉は、

「お大事に。早く良くなってください」

──これじゃないの?

「世間」とは何か (講談社現代新書)

「世間」とは何か (講談社現代新書)

  • 作者:阿部 謹也
  • 発売日: 1995/07/20
  • メディア: 新書
 

 

3月が終わり、ジョグノートが終わる。

夕方12キロ走って月間310キロとなりました。ゆるジョグばかりですし、ラン仲間の女性は驚異の700キロを走ったのですから、たいしたことはありませんが。

昨年、やる気が湧かなくなり、筋トレしたり短距離の練習をしていました。それが案外リフレッシュになったのか、今は初心者のようなまっサラな気分です。「1度くらいフルマラソンを走ってみたいなあ」と考えています。

とはいうものの、練習法やフォームなどの知識は蓄積しているので、走る習慣さえ戻れば徐々に復活できる気がします。

1月最初に、AT値(無酸素運動に切り替わるポイント)が5:00/kmと判定されてショックを受けましたが、本日はラスト3キロを4:57-4:50-4:40で気持ちよく走りました。おそらくAT値は10〜15秒くらい上がっています。単に、この三か月で2〜3キロ瘦せたからかもしれませんけどね。

半分くらいは足袋シューズ Toe-bi でした。以前は、LSDペースのときには小さな筋肉で走っていましたが、いまはお尻や大腰筋が使えています。Toe-bi は、ラジオや音楽を聴きながら走っていても、どの部位が使えているか(=ダメージがあるか)、姿勢がおかしくなっていないか、がリアルタイムで感知できます。

今月末でジョグノートのサービスが終了するそうです。

私が使い始めたのは2008年くらいでした。ただ単に記録をつけるだけのサイトでしたが、ある晩、おそらく酔っていたのでしょう、「友だち100人できるかな」と、多くのアカウントをリンクし、交流を始めました。実際に多くの市民ランナーと会って走ったり呑んだりするようにもなりました。利害関係のない友だちがたくさんできました。

とても使いづらかったけど、ランに特化したSNSはありがたかった。

今回の件では、外部に記録することの危うさも感じました。今年からはExcelでも練習を残しています。

桜その4……そろそろ終わりかな。

3月28日(土曜日)は多摩川をわたり、乞田川沿いの桜を見ながらゆるジョグ。外出自粛要請に加え、小雨が降っていたこともあるのか、花見は独占状態です。

f:id:mugibatake40ro:20200330023203j:plain

f:id:mugibatake40ro:20200330023205j:plain

ゆる坂を上り、多摩センターの先の宝野公園から鶴牧第二公園へ。広い宝野公園は、一家族が遊んでいるだけでした。

f:id:mugibatake40ro:20200330023208j:plain

翌29日(日曜日)は雪が降りました。坂を上って、多摩市・桜ヶ丘公園へ。俳句をひねるったって、花と雪を入れたら季語が重複するどころか「これはいつの句だい」ってことになりますね。

f:id:mugibatake40ro:20200330023212j:plain

f:id:mugibatake40ro:20200330023215j:plain

坂を下って、府中市・府中の森へ。昨日よりは人が出歩いていました。なんか年度末って気分ではないけど、年度末なのです。その下は、府中市駅近くの桜並木です。

f:id:mugibatake40ro:20200330023218j:plain

f:id:mugibatake40ro:20200330023221j:plain

土曜日は16キロ、日曜日は14キロのジョグでした。以前の走力と比べると遜色だらけですけど、まあ、久々の月間300キロには到達しそうです。

新型コロナウイルスに関してひとこと。

K-1観戦したあと発熱した人がPCR検査したって少し前に報じられましたが、その後話題にならないので陰性だったのでしょうか。

「老人はうちにいろ」「若者はキャリアなるから出歩くな」「こんな時期にK-1を観に行くな」「宝塚に行くな」「飲み会に行くな」「カラオケに行くな」「海外に行くな」などという意見があります。感染したら「そらみたことか」と寄ってたかって指弾するのです。

私はちょっと違うんですよね。

「もっとPCR検査しろ」「イベント中止を要請するなら赤字補塡しろ」「海外に行かせたくないなら渡航制限するか、出入国のさいきっちり検査しろ」などと言いたくなります。社会の分断を解消するのが政府の役目ではありませんか。しかし、国会を見ていても現政権は国民のことを考えている気配がありません。なんのために税金を納めているのか……??

私は自宅兼仕事場につき今月はほとんど電車に乗らずじまいでしたが、車内で咳払いするだけで睨まれるなんて話が伝わってきます。検査のハードルを低くすれば、殺伐な憎み合いも少しは解消すると思いますけどね。みんな仲良くやろうぜ。
 
 咳 を し て も ジ ロ リ

桜 番外編



Y字路に立っているため、横尾忠則桜と私が呼んでいる近所の桜。毎年、Facebookに投稿していたようです。

「そういえば今年は見てないな、ジョギングでよく通っているはずだけどな」とさっき行ってみたら枝が伐られていました。

電線にかかっていたからでしょうけど、人間が勝手に植えて勝手に伐るのってどうなの? 電線を埋設しろよ畜生、とぼやきました。どこかの都知事、「電柱ゼロ」とも言ってたよなあ。

f:id:mugibatake40ro:20200327170241j:plain

2013

f:id:mugibatake40ro:20200327165827j:plain

2014

f:id:mugibatake40ro:20200327164420j:plain

2015

f:id:mugibatake40ro:20200327165932j:plain

2016

f:id:mugibatake40ro:20200327164430j:plain

2017

f:id:mugibatake40ro:20200327164446j:plain

2018

f:id:mugibatake40ro:20200327164458j:plain

2019

f:id:mugibatake40ro:20200327164508j:plain

2020

桜その3

f:id:mugibatake40ro:20200323121724j:plain

3月22日土曜日は20キロゆる花見ジョグ。上の写真は多磨霊園。

「まだまだ咲いてないなあ」と見ていましたが、日曜日は一気に七、八分咲きになった感じです。

翌日曜日の花見ゆるジョグは16キロ。下の写真は国立駅です。旧駅舎が駅前に建てられました。新駅舎の下りホームに立つと、まっすぐ伸びる大学通りの桜を俯瞰することができたんですけど、旧駅舎で難しくなったかもしれませんね。

f:id:mugibatake40ro:20200323121728j:plain

f:id:mugibatake40ro:20200323121733j:plain

上の写真は、立川の根川緑道です。残堀川の片方は満開なのに、もう一方はほとんど咲いてない樹もありました。


f:id:mugibatake40ro:20200323121737j:plain

少しくだってモノレールをくぐり、柴崎市民体育館を過ぎてしばらく走りました。シートを敷いて花見をしているグループもチラホラ。

 

桜その2

f:id:mugibatake40ro:20200318173509j:plain

f:id:mugibatake40ro:20200318173512j:plain

3月17日。

このあたりでは早咲きの枝垂れ桜を見ながらジョグ。

上は、府中・西府駅から歩いて5分くらいのところ。「花の公園」です。枝が伸びると地面近くまで垂れ下がって壮観なんですけど、何年かに一度散髪(?)されます。

下は、府中・大國魂神社の枝垂れ桜。ライトアップされていました。これも新型コロナウイルスの影響か、例年と違って観桜客がほとんどなく、幽玄さがいや増していました。