月曜日も走らず、文化放送の浜祭へ。

f:id:mugibatake40ro:20191105121551j:plain

午前中に野暮用があり、その足で浜松町に向かいました。

私はテレビはスポーツや映画をときどき観る程度です。そのぶんラジオばかり聴いています。いまのラジオライフは……と、いろいろ番組名を挙げていたのですが、長くなったので10行削除。

浜松町駅に降りた目的は、文化放送が毎年やっている「浜祭」を覗くことでした。毎年、ラジオで聴きながら「行けばよかったな」と感じていたのです。

「大竹まことゴールデンラジオ」が始まりました。増上寺本殿に向かう階段の踊り場(?)につくられたステージに、大竹まことはじめ多くのレギュラーが出てきます。お客さんの数がものすごい。

 

ラジオって朝から晩から明け方まで生放送が多いんですよ。オールナイトニッポンを聴いていた学生時代を思い出してみましょう。家族が寝静まった深夜に、パーソナリティと自分と他のリスナーが時間を共有していました。ラジオは仮想コミュニティを形成するのです。メールや Twitter のおかげで、ますます共時性が強化されました。時間をともにするラジオ番組のパーソナリティに必要なのはなにか? 「共感」です。リスナーが自分の気持ちをわかってくれると思える番組が生き残ります。

世界はいま新自由主義ですよね。富める者がますます富み、貧する者が出がらしになるまでしぼりとられて切り捨てられる社会になりました。日本も、労働条件、教育、受験システムや、社会保障が改悪され、逆進性の高い消費税がアップされます。儲けようとする奴らが勝手にルールを決めるのです。搾取されるほうの気持ちに少しでも共感しているなら、そんなことはできないはずなのに。

 

友人の写真展にいく用があったので、30分ほど生中継でオープニングトークを聴いた(見た)あと、残りはradikoのタイムフリーで聴くことにしました。伊東四朗は見ましたよ。その後、少し屋台のあたりをブラブラししていたら(お寺なのにお酒も売っていましたのだ)大竹氏と芸人が来客者をレポートするため、こちらにやってきました。

中継コーナーが終了すると、大竹氏はステージに戻ろうと人垣を縫って歩きました。私の前にいた中年男性が大竹氏の手を握ると、そのまま離さず「うち、水に浸かっちゃったよ」と訴えます。「ええっ、大変じゃない?」。男性は手を握りつづけ、2人で会話しながら去りました。CM中とはいえ、スタッフも困惑したことでしょう。

夜、タイムフリーで番組を聴きました。「さっき台風被害に遭った川崎の人がいてね」と、大竹まことはその男性に二度言及しました。

もう一度言いますが、ネオリベ社会に欠けているのは共感です。ギスギスした世の中で相手の身になって考える人が少ない。弱っている人に向かって「自己責任だ」というのです。自分だって、運が悪いと弱者になってしまうのに。共感する人・大竹まことは、共感するメディア・ラジオの人なのだと感じ入りました。

これからも頑張ってください。