シャンプーやめて1年と2ヶ月

時事通信の記事(→こちら)より。

米ハーバード大の研究チームはこのほど、ストレスが白髪をつくるメカニズムを解明し、22日付の英科学誌ネイチャー電子版に論文を掲載した。

研究チームはマウスにストレスを与え、白い毛が生えてくる過程を観察。ストレスを感じると放出される神経伝達物質のノルアドレナリンが、毛根付近の細胞を過剰に活性化させることが原因だと突き止めた。

毛根付近にある幹細胞は通常、髪が生える過程で徐々に色素細胞に変化し、髪の色素を生成している。ところが、ノルアドレナリンによって過度に活性化すると、急速に色素細胞へと変わり、枯渇してしまうという。

……だ、そうです。

白髪が増えるメカニズムもよくわかっていなかったんですね。

髪といえば……「狩猟採集民やアメリカ先住民の年寄りは、それほど禿げてないし白髪の人も見ないよなあ」とふと考えたのが1年2ヶ月前のこと。彼らは水浴びをするくらいです。『所さんの目がテン!』で取材したハッザ族は温泉に入っていましたね(→リンク)。白髪の原因のひとつがストレスだとすると、彼らの生活はストレスが少ないと思われます。自然に囲まれているし、労働時間は短いし、出世争いも学校もありません。

何でも読書から入る私。宇津木龍一さん、渡辺新さんの著書を読み、その後、おそらく男性読者を想定していない山口麻子さん、平野卿子さんの本までも読んで、「シャンプー、リンスは要らない」と考えるにいたりました。本来、皮脂や汗を分泌するはずの毛穴から、毎日大量の化学物質が取りこまれるのは不自然です。そもそもさ、液体シャンプー・リンスが大々的に売り出され、1日1回それらで洗髪するようになったのは1960年代です。我々はシャンプー第一世代なのです。

詳しくは過去の記事をご覧いただきたいんですけど、私は猫っ毛で、年とともにペチャーッと寝るようになっていました。塩シャンプーを始めたら、一週間ほどで髪の毛が太くなり、自立するようになったから不思議です。

洗面台に短い毛が落ちていたら、妻が「剃ったヒゲはちゃんと掃除して」と言ったっけな。妻よ、私はヒゲを剃ってない。床屋から帰ってきたところで、そこに落ちているのは払い残した髪の毛なのだよ。たしかに私の髪の毛は以前はもっと細かったがな。

髪が伸びるのも早くなりました。理髪店や美容院で、「シャンプー不要です」と説明するのが面倒だな、と感じていましたけど、街にたくさんある安い床屋さんってそもそもが洗髪しないのだと知りました。ラッキー✨️

塩シャンプーは塩っ気を落としきるのも難しいし、そのうちお湯だけにしました。丹念にシャワーをかけながら汚れを流します。髪の毛が増えたとはいいませんけど、以前より髪が健康的になったとは言えるでしょう。

身体は純石けんで洗っています。いまのところ、皮膚に目立った変化はありません。
 
《過去の記事》

塩シャンプーで髪が増えた!

塩シャンプーで髪が増えた!

  • 作者:渡辺 新
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2018/09/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた

化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた

  • 作者:山口 麻子
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2015/06/19
  • メディア: 単行本
 
最新版 肌断食: スキンケア、やめました

最新版 肌断食: スキンケア、やめました

  • 作者:平野 卿子
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2017/03/27
  • メディア: 単行本