勝田全国マラソン、初のサブフォー

 念願のサブフォー達成。
 ネットで3時間52分45秒くらい。グロスでも4時間切りました。
 くたくたで喜ぶ気にもなりませんが。
 いか、けえかほおこく。
 今回は水戸に前泊するという念の入れよう。 あまり寝つけなかったけど。
 当日、勝田駅に着くと、会場までずっと、君よ勝田の風になれ、という歌が繰り返し流れて、ややげんなりしました。参加賞の「完走いも」って走る前にもらえるんですね。 ゆっくりトイレに行き、申告タイムのブロックにきちんと整列しました。
 フルマラソンの部は1万人超。
 1時間あたり11km、3時間で33キロ走るのが中間目標です。フラットと聞いていたわりに起伏があり、また風も強く、まいりました。また坂か?……の繰り返し。
 放射能こわいこわい病なので、東海村を通るのは抵抗がありました。
 途中、同じペースで走るフォームのきれいな男性にコバンザメしていたら、彼がスピードアップし、そのまま空き地に駆け込んでキジ撃ちを始めるからまいった。 20キロ過ぎてつらくなりましたがなんとかこらえ、3時間で33キロちょっと走れました。
 あとはキロ6分で4時間切れる。余裕をもって走れていましたが、いきなり36キロで右足のふくらはぎが攣りました。
 あたたたたた。 10秒か20秒か、その場に立ち止まってストレッチ。
 こんなことでサブフォーを諦めるわけにはいかない。危なかったんですが、ペースを落とし、体の真下で着地するように意識したらごまかせることを発見。足の裏の感覚がなくなったものの、サブフォーとビールとカープへの思いがわしの背中を押してくれたのでした。
 千の風になるまえに勝田の風になったわし。

 Start     00:04:07    
 21.0975k 01:57:46 lap 1:53:39
 Finish 03:56:50 lap 1:59:04


        
 ★

《あらためて、2014年3月の感想》
 初サブフォーだからもうちょっと長い文章書いてると思ったんですけどね。
 レース中、足はときどき攣ります。ふくらはぎを使わない走り方、というのを模索しているんですが。
「1時間11km」はサブフォーをやりたい人にはいい目標だと思います。3時間で33kmまでいけば、あとは6'00/kmに落ちてもサブフォーは達成できますし、そのままがんばればネットでのサブフォーも期待できます(サブ3.5は「1時間12km」以上、3時間15分切りは「1時間13km」以上という考え方もできるはず)。
 この日はASICSのDSトレーナーを履いての参戦でした。「自分は初心者だから」と、かたくなにGT-2000シリーズで走っていたんですが、後半の失速はあの重いシューズのせいもあると思います。
 分厚いシューズはかえってよくない、と言われ始めたのはもう少しあとの話です。私も、よほど太った人でない限り、初心者でも「サブ3.5」クラスのシューズでいいと思うんです。