骨格筋から分泌されるホルモン

 走り始めてから「人間の身体ってうまくできているなあ」とよく思います。
 タモリと山中伸弥教授がやっていたNHKの番組では、臓器同士が連絡をとりあって身体の機能を保っていると言っていました。皮膚や脂肪も実は臓器で、ほかの臓器と信号を送り合っている、なんてね。自分の身体でも起きていることなのに知らなかったわ。

 その番組でも紹介されていましたが、筋肉も臓器の一種なんだそうです。

 健康長寿について書かれた樋口満『体力の正体は筋肉』には、こうあります。

骨格筋は、脳からの命令によって体を動かすためだけにあると思われがちですが、実はそうではありません。意外にも、がんや糖尿病を予防し、脳を刺激して認知機能を改善するなどの可能性のある重要な物質を分泌している。いわば内分泌器官でもあるのです。(49ページ)

  さらに同書では、デンマーク・コペンハーゲン大のチームが発見した30種類以上のホルモン群「マイオカイン(筋肉由来内分泌因子)」をいくつか紹介しています。やや乱暴に要約しながら列挙すると……

  • ミオスタチン=骨格筋細胞の増殖を抑え、エネルギーが浪費されるのを防ぐ。
  • カテプシンB=記憶力を高める可能性がある。
  • IL-6=感染や疾患に対する免疫系、血管系の生体防禦を活性化する。免疫細胞の暴走を抑える。
  • スパーク(SPARK)=大腸癌の自然死を活性化させ、発症を抑える可能性があると、マウスの実験で示されている。
  • アイリシン=脳の神経細胞の新生・再生に欠かせないたんぱく質の濃度を高める。
  • アディポネクチン=動脈硬化の進行を遅らせる。
  • IGF-1=アルツハイマー型認知症の原因物質アミロイドβを減らす。


 これらマイオカインは「血流の流れに乗って体のあちこちに届けられ、さまざまな働きかけをしている」そうです。
 著者は、その章を下記のように結びます。
「体を動かさなければ、病気にかかりやすくなる──私たちの体は、動くことを前提につくられているものなのです」(51ページ)

『人体六〇〇万年史』で読んだとおり、産業革命からこっち、たかだか10世代のあいだに、蒸気機関車や電車や飛行機や車やエレベーターやラジオやテレビやパソコンや電気シェーバーや電動歯ブラシが誕生したのです。私たちは、自分で動かなくなることを進歩と考えました(おっちゃんが子供の頃は、テレビににじり寄らないとチャンネルを換えられなかったんだぜ)。人間は急速に動かなくなりました。
 大昔の人は日常的に運動せざるをえなかった。現代狩猟採取民は1日10キロ以上移動するそうです。彼らは文明の利器をあまり持たないかわりに、免疫機能が発達し、頭がよくボケないのかもしれません。日本では、坂の多い場所が長寿の村だったりしますしね、もしあなたがピンピンコロリの人生を送りたいなら、エレベーターをやめて階段を使うとか、日常的に軽い運動をしたほうがよいのかもね。

 ……と書いて自分を鼓舞し、少し運動します。

 追記/1日おきタバタ式トレーニング、13回目終了。初回から25日経過したことになります。そういえば、中高年向きに書かれた『体力の正体は筋肉』には、おすすめトレーニングのなかにタバタもあります
が、とくに高齢者にはきついんじゃないかなあ。

体力の正体は筋肉 (集英社新書)

体力の正体は筋肉 (集英社新書)

 

サマータイム?

 ひとこと。
 一部でサメの脳の持ち主と言われた人と、膿の親と揶揄される人が、来年からサマータイムを導入しようと思いついたようです。しかも2時間も繰り上がるのです! 人間の体内時計舐めてます。来年は朝10時が昼の12時だ。人間の腹時計も舐めてます。6時半のラジオ体操が4時半になるんです。ラジオ深夜便の時間です。日が昇る前から、あ〜た〜らしい朝が来たって歌うの?
 サマータイム検討のきっかけは、東京オリンピックのマラソンを午前5時(夏時間だと午前7時)にスタートさせたいためだったはず。サマータイムなんて導入する必要はありません。単に午前5時にスタートすればすむ話です。たった一度のレースのために国民の生活を根本から変えるだなんて、妙な話です。
 美術館に飾ってある絵が天地逆さまになっていたら、絵を架け直しますよね。ところが、サメさんと膿さんは、その絵の前で逆立ちしろとおっしゃるのです。
 なんだ、そりゃ。

気になるシューズ、TANUKI。情報ないかなあ。

スロージョギングでサブ4達成! 誰でも楽に走れるマラソンの科学 (洋泉社MOOK)

スロージョギングでサブ4達成! 誰でも楽に走れるマラソンの科学 (洋泉社MOOK)

 

 田中宏暁監修『スロージョギングでサブ4達成! 誰でも楽に走れるマラソンの科学』の見開き22〜23ページに、素足に近いシューズを履こうと書かれていまして、見たことのないシューズ「TANUKI」が紹介されています。
 本文には、《田中(宏暁=引用者註)名誉教授の依頼で、WILDINGというシューズメーカーでは、和紙を素材にした地下足袋風のスロージョギング専用のランニングシューズを開発中だ》とあります。さらに見開き上部に大きくシューズの写真が大きく掲載されていて、こんなキャプションがついているのです。《和紙繊維を使ったWILDING製ランニングシューズ『TANUKI』(2018年7月発売予定)
 ほかのページでは(おそらく表紙も)、モデルの方が実際にそのシューズを履いて走っています。

      ★

 何度も書いたとおり私はゼロドロップシューズ(いまはMUTEKI、Toe-bi、ルナサンダル、アルトラVanish-R)愛好者なので、この「TANUKI」も気になります。田中先生の信奉者としては、ぜひとも試したい。
 ところが、もう8月になったのに、このシューズの日本発売情報が少ないのです。
 WILDING 社は主に子供向けのナチュラルなシューズを作っているドイツの会社みたいです。HPにはすでにTANUKI YORUという商品が掲載されています(TANUKI ASAHIはキッズ向けらしい)。
 和紙素材を使っていることに関しては、細川機業株式会社社長のインタビューに出てきました(→はたらくらすコネクションin上市)。FBで下記の情報が見つかりました。

 ただ、これだけなんです。情報が少ない。
 ドイツ語、大学時代に4年間もやったのに読めないし(←サボって単位を落とし続け、4年生まで履修せざるを得なかっただけ)。個人輸入することも考えましたが、やはり一度試し履きしたいんですよね。

8月最初のラン……2018/8/4

 きのうは野球観戦でした。カープ負けたけど楽しかった。

 本日8月4日は、仕事に使うMacintoshがちょっと不調で、イライラ。
 新しいの、注文しちゃった。
 Mac mini。内緒だけど14万円。しくしく。消費税反対。
 買いおきしていた3TBハードディクスをパックアップ用にしましたが、1TB弱をコピーするのって膨大な時間がかかりますな。まだ終わりません。

 バタバタしたあと、食事前にタバタ。
 いつものように固定バイクにまたがり、6分ウォーミングアップしてから4分の激しいインターバルです。
 今回は音楽に合わせてどうぞ。

♩ニコニコルンルンニコニコルンルン……(イントロ6分間)
 ★ワ〜〜〜〜ギャ〜〜〜〜、ハ〜ハ〜★
 (以下、★〜★を7回繰り返し)
 チーン。

 22時半ごろから、ラン。少し多摩川を走ってから多摩丘陵を上り始めましたが、前方に雷雲がピカピカ盛大に光っていたので引き返し、また多摩川を走りました。幸い、ゴロゴロピカッドーン、ザーザーザーはなく、予定の距離を走れました。

 ほっ。

2018年7月の走行距離は310kmでした。

 7月最終日は、距離合わせが目的のジョグ。調子が悪く、キロ7でしか走れなかったのですが、22時半から10km走って月間距離310km(1日10km平均)としました。田中宏暁先生は「1日10kmくらい走りましょう」と書かれていたと記憶します。

 今月は前半忙しく、17日まで117キロしか走ってなかったのです。310kmなんて無理だと思われましたが、18日からの14日で193キロ走破したことになります。スピンバイクを導入したのが16日ですし、この2週間はよく運動しました。ま、ランのペースはキロ6〜7分でしたけど……。
 前回書いたとおり、HIIT(高負荷インターバル)は計8回です。
 7/7に坂道ダッシュ。前半は多忙によりHIITも少なかった。
 7/18からスピンバイクによるタバタ式トレーニングを1日おきに7回、でした。