バルガス=リュサ『密林の語り部』で魂ブルブル。

密林の語り部 (岩波文庫)

密林の語り部 (岩波文庫)

 

『密林の語り部』──すばらしい長編小説でした。魂がブルブル震えましたわ。
 
 書店でブラブラしていて狩猟採集民や先住民族に関する本を見つけたら購入してしまうんです。これは南米の先住民が出てくる小説らしいので、深く考えず、パッと手に取り、積ん読状態にしていました。昨日、出かけるときに、「何か読む物を……」と手にして、乗り物のなかで開いたら止まらなくなりました。
 半分くらいグイグイ読み進めたところで、「ところで誰の小説だ?」とカバーを見ると、バルガス=リュサでした。ペルーの作家で、ノーベル文学賞を授賞しています。誰が書いた本か確認せず150ページ読んだのは初めてかも。ファンになりそう。
 
 1950年代から始まる、アマゾンの未開人マチゲンガ族と、「私」と、「私」の大学時代の友人サウル・スラータスの物語です。サウルは顔の半分に痣のあるユダヤ人でした。「私」に向かってサウルがマチゲンガ族に心酔し、熱弁をふるうところに共感してしまいました。わかる〜。
 白人に虐げられるマチゲンガ族はジャングルの奥地に移動して原初的な生活を続けました。彼らにキリスト教を教え、近代化させたい白人たちもいましたが、サウルは、未開人はそのままでいるべきだと「私」に主張し、姿を消します。西欧中心主義、白人中心主義的な考え方からサウルは自由だったのは、彼がユダヤ人であったからでもあるでしょう。
 どの社会にも、森羅万象を合理的にとらえようとする自由な空想力があります。地球は丸くなくてもいいし、雷や地震や生命の神秘を科学の力で説明しなきゃならないわけでもない。もちろん一神教である必要などありません。
 未開の人たちは、口承により何百年も何千年も彼らの世の中の秩序と知識を伝えてきました。神または神に等しい知識をもつタスリンチや、呪術師であるセリピガリらの知恵を、集落から集落へと移動して伝える「語り部」に、人々は耳を傾けます。西欧社会の神までが未開社会の神話的な伝承に昇華するところには痺れました。
 
 われわれの身近なところでは、先住民アイヌが日本政府の同化政策に遭い、あるいは殺され、多くの言葉、文化、技術を失いました。豊穣な先史社会を近代化させてしまった文明の力を、私は呪っているのです。一生忘れられない本となるでしょう。
 マチゲンガ族は実在します。その話は、またいずれ。

40年前の競争(競走)のこと

(この件を知る人は見ないと思いますけど、だいぶんぼかします)

 小学高学年の担任は生徒にやる気を出させる熱血先生として、PTAからは信頼を得ていました。生徒の競争心をあおる先生でした。たとえば、毎朝実施する小テストで満点をとった生徒にシールを与え、壁の模造紙の表に各自貼らせていました。私は(小学生までは)勉強が得意でしたがこういったやりかたに反発し、満点を取ってもシールを捨てていました。先生が面白くないことはわかっていました。授業参観に来た母親が模造紙を見て悲しがったときは、さすがに信念が揺らぎましたね。放課後、校庭で走るクラスメイトを尻目に(正直、後ろめたさを感じながら)下校したものです。
 
 体力増強が目的だったのでしょうか、先生はある日、新たな競争を考案しました。
「班ごとに、毎週どれだけ走ったか競う」と決めたのです。
 ひとクラス40人以上いた時代。6、7人の班(グループ)が6つか7つあったはずです。
私は班長の一人でしたが、スポーツが苦手なことや日頃の反発もあるから、参加したくない。班のメンバーもみんなイヤがっているので、「この班は無理しなくていい。怒られたら自分が責任をとる」と宣言しました。

 その競争で、一番がんばった生徒がA君です。
始業前、昼休み、放課後と、A君はグラウンドの200メートル・トラックを黙々と回り続けました。運動も勉強でもパッとしないA君が、にわかに注目を集めました。彼は授業の合間の10分休憩ですらクラスを飛び出し、グラウンドで走ってくるんです。彼の真似をするやつも現れ、チャイムとともに数人が教室からダッシュします。先生も当然彼らの様子を見ていました(今思えば、ほかの先生も気づいていたのでしょう)。

 集計は土曜日の「終わりの時間」におこなわれます。毎週大騒ぎでした。
 A君は個人ではいつもトップです。彼の所属する班と、いくつかの班がすごい結果をだし、毎週きわどく争いました。
 
私の班は、いつも大きく引き離されて最下位でした。班の全員を合わせても、一週間で1キロいかなかったと思います。距離を報告するたび先生が私を一瞥しました。私は内心ひるみながらも、最後まで方針転換しなかったのです。
 競争はどんどんヒートアップし、人間関係がギスギスしてきました。「おまえが走らないから負けたんだ」と叱責する場面をよく見かけました。弁当を食べるのを急かし、走りたがらない女の子を引きずるように、班ごとでトラックに出て行くのです。私の班に移りたいと嘆く同級生もいました。

 授業中、女の子がキャーッと叫びました。見ると、A君が口から泡を噴いて倒れています。彼は救急車で運ばれました。A君は救急車で運ばれました。過度の運動により、てんかんが誘発されたのでした。
 翌日、先生は競争を中止すると言いました。さらに説教口調で長々と意味不明のことを話すのです。当時はわからなかったんですが、競争の激化が彼の発作につながったことが先生たちのあいだで問題視されたのでしょう。先生は「競走が悪いのではなく過度に走った生徒がいたのがいけない」と主張したいようです。聞いているのかいないのか、クラス中はうなだれて嵐が過ぎるのを待っています。
 言うに事欠いて、先生はこう言いました。
「あれほど10分休憩に走っちゃいけないと言ったろ!」
 えっ?
 これも今考えるに……授業の合間の10分休憩まで生徒が走っていたことを他の先生に言い咎められ「あれは禁止していたのに生徒が勝手にやった」と説明したのではないでしょうか。生徒にもその考えを植えつけておきたかったのかもしれません。
 でも、先生はむしろ寸暇を惜しんで走る生徒を褒めてさえていたのです。
 私はつい反応してしまいました。
「先生、ボクは聞いていません」
 先生はキッと私を睨み、「言っただろ!」と一喝。数秒、気まずく先生と睨み合い、クラスの空気は凍りつきました。一人の女の子が顔を真っ赤にして「私も聞いてません」と応援してくれました。
 先生がどう収拾したかは、覚えていません。
 
 A君はそれからも何度か発作を起こしました。可哀想なのは、先生が彼を目の敵にしはじめたことです。私への風当たりも強かったのですが、そんなの比じゃありません。些細なことでA君をひどく叱るのです。たとえば、歩き方がなってない、というようなレベルのことです。私は、なんか妙だと感じながら見ていました。
 権力の行使による不条理を感じた最初は、その競争だったかもしれません。

ハーフだって黒人だってひとりひとり違う

 ちょっと気になる文章を読んだので、ひとこと(この投稿では、外国人と日本の両親を持つ子どもを、記事と同じく「ハーフ」と書きます)。
 ハーフ、とくに黒人と日本人のハーフは運動能力が高いと主張したいようです。一見ありふれた、たぶん悪意のない記事でしょうが、この手のステレオタイプがもたらす悪影響をまったく考慮していません。たとえば、運動のできないハーフの子どもを傷つける可能性があるでしょう。スポーツ界で成功した場合でも、「黒人の血を引いているから当然だ」と、選手の努力を過小評価するかもしれません。
「ハーフは美人」などと同様、固定化されてはいけない考えです。
 
 川島浩平『人種とスポーツ』に、「黒人は運動が得意だ」というステレオタイプが蔓延したことで黒人青少年たちが自縄自縛に陥っている、という研究が紹介されています。《多くの黒人青少年が、自分の運動能力を過信してスポーツに打ち込み、勉強をおろそかにする状況》があり、《身体能力神話に支えられた運動競技熱が、黒人コミュニティの若者を袋小路に追い詰めてしまう弊害》が生じているそうです。20〜39歳の黒人男性でプロになれるのは4万7千人に1人に過ぎないらしい。
 社会的偏見は差別と簡単に結びつきます。たとえば「女は地図が読めない」というステレオタイプの影響力は、男女が不公平な国ほど強く、公平な国になるほど弱いという研究があります。残念ながら、日本女性の空間認識能力は低いんだそうです。
 ハーフは日本ではマイノリティです。彼らにはいろんな才能が備わっています。ステレオタイプに押しこめて多様性を打ち消してはいけません。
 
 記事に戻りましょう。
 深代千之先生が説く黒人の形質遺伝やATP(アデノシン三リン酸)に対するエビデンスレベルがどの程度かわかりませんが、氏は問題ある別のステレオタイプを語ります。

「日本人は2000年来、『農耕民族』として定住してきたので、それに適した、手足の短い体型になったと考えられます。

 それに対し、『狩猟』を中心に暮らしてきたヨーロッパ、アフリカの人々は、移動することの多い生活だったので、手足が長くなりました。当然、手足が長いほうが、素速く移動するタイプのスポーツでは有利になります」

 私はスポーツバイオメカニクスの研究家としての深代氏には敬意を払っています。だからこそ、このような発言を見るのは残念です。
 子どものころからさんざん聞かされてきた、日本人は農耕民族、西洋人は狩猟民族だというナゾ理論を深代氏は肯定しています。でもね、西欧は日本列島より早く農耕を始めたし、定住だってしているではありませんか。日本の農耕の歴史が2000年前というのもはなはだ不正確。少なく見積もっても1000年は短縮しています。

人種とスポーツ - 黒人は本当に「速く」「強い」のか (中公新書)

人種とスポーツ - 黒人は本当に「速く」「強い」のか (中公新書)

 

山縣亮太、気胸で日本選手権欠場

山県、日本選手権欠場=気胸と診断、「治癒に励む」-陸上

 日本陸連は20日、男子100メートルで日本歴代3位となる10秒00の自己記録を持つ山県亮太(27)=セイコー=が、気胸と診断されて安静が必要となったため27日開幕の日本選手権(福岡・博多の森陸上競技場)を欠場すると発表した。山県は同種目で大会連覇が懸かっていた。
 山県のマネジャーによると、17日に胸の痛みを感じ、翌日に医療機関の診察を受けた。軽度の気胸だが安静を要し、日本選手権と7月に予定していた欧州遠征を断念した。
 練習再開は未定で、山県はこの日、自身のツイッターで「残念ですが、まずは安静にして治癒に励み、目指す場所に向けてしっかり取り組みたい」と記した。100メートルでは世界選手権(9月開幕、ドーハ)の参加標準記録を突破済みで、日本選手権を欠場しても代表入りの可能性は残している。 
 山県は今季、100メートルは5月19日のセイコー・ゴールデングランプリ大阪で記録した10秒11が最高。日本選手権では9秒97の日本記録保持者、サニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)や歴代2位の9秒98を持つ桐生祥秀(日本生命)らとの対決が注目されていた。

(時事ドットコム 2019年06月20日18時19分)

 森鷗外を森鴎外、長嶋茂雄を長島茂雄、と書いたら別人みたいに感じちゃいます。山県亮太って、中高の後輩というだけで勝手に追っかけしている山縣亮太選手とは別人ではないかな……違いますよね、写真まで出ています。気胸とは、ショック。
 今までいろんな故障を乗り越えてきたんだもの、今回もまず病気をしっかり治療して復帰してください。東京オリンピックの参加標準記録は、10秒05(2019年5月1日〜2020年6月29日まで)です。まだ時間はあります。

山縣亮太100メートル9秒台への挑戦 (学研スポーツブックス)

山縣亮太100メートル9秒台への挑戦 (学研スポーツブックス)

 

『肌断食』『化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた』

化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた

化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた

 
最新版 肌断食: スキンケア、やめました

最新版 肌断食: スキンケア、やめました

 

 狩猟採集民をじっくり観察するまでもありません。
 人間は水浴びくらいしかしない生き物でした。呪術的な目的なのかおしゃれなのか、赤土などで一種の化粧をしたりしますが、化学物質ではありません。そういった暮らしで、本来必要な皮膚の常在菌とともに生活できるらしいんです。(この記事再掲/(2ページ目)「狩猟採集生活」が身体もたらす意外なメリットとは?|@DIME アットダイム
 私は、二十代、三十代のころ、女性から「肌が綺麗でうらやましい」「どんなケアしてるの」「化粧してみたい」とか言われてホクホクしていました。男ですもの、顔なんて気にしません。水でちゃちゃっと洗うか、洗わない日もよくありました。今だって同じようなものです。
 しかし走るようになって皮膚が劣化したな、と感じていたんです。ただでさえ紫外線にさらされるのに、「真夏は走り込みだ」と張り切って月間400〜500km走っていましたからね。日焼け止めは塗っていましたが、それでも紫外線を防げなかったんでしょうか。走力や減量と皮膚を劣化を引き換えたのだ、と諦めていました。
 

 なんでも本から入る私(そこが狩猟採集民らしくないんですが)、肌断食なるものを知るべく、山口麻子『化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた』と平野卿子『最新版 肌断食』を読みました。前者はハウツー本、後者は実践編です(化学物質が含まれるシャンプーや化粧品は不要、という考えは、宇津木龍一さんという方から始まっているようです。宇津木氏の『シャンプーをやめると、髪が増える』は読みました)。
 山口さんの本は女性向き。化粧をしない私には半分くらいピンときません。「本来、人の肌はサラサラ、スベスベしているもの」であり、顔も二の腕の内側や太腿の皮膚のように「キメが細かく、毛穴も目立たない」状態がよい、なんて記述にフムフム。
 平野卿子さんは翻訳家だけあり、試行錯誤の1年間をエッセイ風に綴られています。著者はどんな肌しているんだろうかと、YouTubeにアップされた本の宣伝のトークショーを見ました(→動画)。肌の状態もさることながら、湯シャンしているという髪のツヤとボリュームにも驚きます。
 平野さんの本で驚いたことは、たとえば……。
 高級な化粧品は原価がとても安い。原価数百円の化粧品を数千円で売ることで大々的に宣伝できるし、なんだか高級感漂うんだそうです。「威光価格」なる言葉を知りました。
「無添加・自然派・ベビー用・弱酸性」にまどわされるな、ともあります。
 白色ワセリン最高ですね。

 さて、私の場合です。
《顔と同様、体の汚れもお湯だけで落ちます。ボディシャンプーや石けんなどを使う必要はありません。/一般に垢とよばれているものは、皮膚表面の角質層の不要な部分です。(略)お風呂でお湯につかれぱ、自然に落ちます》と山口氏は書いています。
 洗わないのはちょっと敷居が高いので、ボディソープがなくなったら、混ざり物のない純石鹸を泡立て、身体に塗ることにします。擦らないことが重要だそうです。
 
 ところで、化粧もケアもしてない私の顔はなぜ状態が悪化したのでしょうか。
 外を走っていて紫外線を浴びたせいだと思っていましたけど、日焼け止めがいけなかったかもしれません。
 夏はSPF50の日焼け止めを塗っていました。数字が多い方がいいんだろ、と考えて。
 じつはSPF値は15以上は効果が同じで、それ以上の数字は、単に持続時間の長短を表しているとか。数値が高くなれば化学物質がたくさん含まれ、肌に悪影響をおよぼすのでしょう。少量のワセリンを塗り、低いSPF値の日焼け止めをこまめに塗り直すのがいいそうです。
 今夏は日焼け止めなしで過ごしてみます。「肌が綺麗でうらやましい」「どんなケアしてるの」「化粧してみたい」とか言われちゃうよ、また。