タバタ4回目 & 夜はゆるゆるジョグ

夕方、1日おきタバタ・プロトコル4回目。

まずは5分間ウォーミングアップ。本日はスピンバイクの負荷を「6」にして……さあ、スタート!……ぐあああああ、全力で回せ……1本目から息が上がった。ぐるじい……きりがいいから8本4分として広まっているけど、タバタはもともと6〜7本のはず。今日は最低限の6本でやめちゃおう……ぜえぜえ……なんとか6本に辿り着いたぞ、さてどうするか……あ、レストの10秒がもう終わる、しかたねえ7本目だ……ふうふう。ええい、いくぞ8本目……ぜえはあぜえはあ……チーン。

だんだんきつくなるのは気のせいか?

22時にランスタートしました。今日のメインはタバタにつき、夜は距離稼ぎのゆるゆるジョグです。ねっとりした液体のなかを進んでいるようで気持ち悪い。それでもまあ、キロ7分半で進めば減量効果とか、なんかあるんでしょ。

ラジオを聴きながらでした。

TBSラジオ「Session-22」でカルピスの創業者・三島海雲について特集していたのは面白そうでした。私も子供のころはカルピス飲んでいましたが、今じゃ甘いもの大嫌い。あの味を思い出すとよけい気持ち悪い。もどしてしまいそう。

ニッポン放送「オールナイトニッポンGOLD」に換えると、今日のパーソナリティは名取裕子。彼女の怪談「クローゼットのなかの服がどんどん縮む」なんてのは面白かったけど、それでも私の気持ち悪さは払拭できません。

10キロあたりで足が止まったので、iPhoneに入っている「学生時代、好きすぎて一生分聴いたので今後は1年に1度も聴けばいいかな、と思える曲」をまとめたプレイリストを聴きました。いわば、奥の手です。

最近聴いてない、大好きなあんな曲やこんや曲がかかると楽しくなりました。

向い風で比較的涼しさを感じられたので、ラスト700mくらいをビルドアップ。キロ4くらいで走りましたが、苦しくもなかった。5月の連休明けから取り組んでいる高負荷インターバルはそこそこ効いているはずです。錯覚かもしれませんけどね〜。

12キロ走ったあと、おまけで素足ラン1キロ。