萩往還のダメージ、その後。

 萩往還マラニック250km完踏のあと、うすらぼんやりと過ごしております。昼夜逆転型の私ですが、ここんとこわりと早寝早起きです。大会後、1週間くらいはお腹が空いてしかたなく、むやみやたらと食べていた気がしますが、体重は許容範囲……というか減少傾向。今朝の体重は60.5kg。体脂肪率7.8%でした。
 倦怠感や筋肉痛はほとんど消え、きのう14日(日)は、ママチャリ駆って多摩丘陵の坂道をガンガン登ってみました。大丈夫でした。
 右足の拇指の付け根というんでしょうか、横アーチの内側部分あたりの皮膚がめくれて化膿しています。違和感のあるソックスを脱ぎ、素足でシューズを履いた代償です。暑さによりシューズ内の温度が高くなったことも傷を悪化させたのでしょう。膿んでむず痒いなんて子供のころ以来で、なつかしくもあります。もう少しで治るかなあ。カサブタになっている傷もたくさんあります。
 大会が終わって1週間くらい萩の往還道を走る夢を毎朝見ていました。それもなくなり、ようやく通常に戻れそうな気分。
 そろそろ秋冬に向けて再始動です。