世陸・女子マラソン、W杯ラグビー、世陸・100m準決勝。

世界陸上ドーハ大会・女子マラソンの結果を朝、確認しました。

チェプンゲティッチ選手(ケニア)が優勝。2:32:43だそうです。日本人選手は、谷本観月が2:39:09で7位入賞。中野円花が11位、池満綾乃は途中棄権でした。

タイムを見て、条件が厳しかったことがわかります。マラソンと50キロ競歩は中止にせよという声が上がるくらい心配されていたほど暑いらしいのです。現地の23時59分のスタート時、気温が32.2度、湿度73.3%だったとあります。参加者68人のうち28人が途中棄権となりました。(→デイリー「酷暑の世陸マラソン 史上最遅記録に4割途中棄権 コーチも「2度と走らせたくない」

ああ、でも、しかし……この日のレースは、日差しがなかったぶん来年の東京オリンピックよりマシだったのかもしれません。来夏がますます気がかりです。

六大学ラグビー華やかなりしころに大学時代を過ごした私は、直接スタジアムで観戦したことはないものの、ルールはおおむね把握しています。

ワールドカップ日本大会では、日本代表がアイルランド代表と試合をしています。

6対12から見はじめましたが、いやいや、世界ランク2位のアイルランドチームと対等に張り合っているではありませんか。後半に入ると逆転し、最終的に19対12で勝ってしまいました。ボールを持った選手を必ず2、3人でタックルにいき、封じていたのが素晴らしい。チーム一丸となってよく動き、強敵を倒しました。

じつは、本日、ラグビーのチケットを持っている友人がいて、一緒に静岡に行こうと誘ってくれていたんです。

私は府中に住んでいて、たまにリーチ・マイケルら選手とすれ違いますが、ふだんはあまりラグビーを見ません。長年のファンを誘ってあげてくれと断りました。その判断に後悔はありません。

世界陸上の男子100メートル準決勝。

予選を突破した、サニブラウン・ハキーム、小池祐貴、桐生祥秀各選手が、それぞれ準決勝1、2、3組を走りました。予選の走りからしていちばん可能性があるのはサニブラウン・ハキームだよね、と見ていたら、な、なんと、スタートで明らかに出遅れます。小池祐貴は……スタートで身体が浮き上がるミス。

がんばれ桐生祥秀! お、序盤リード! でも中盤から落ちてしまう。

とくにサニブラウンは残念。普通のスタートができれば確実に決勝進出でした。

私はなんの大会でも、日本人選手が出ていれば応援しますが、どうしても勝ってほしいとまでは思っていません。私にとってスポーツ観戦は「身体の使い方」の情報を集めることでもあるからです。ラグビーの選手の骨盤の動きや、100m走の選手のフォームや筋肉のつきかたわ観察しています。