キプチョゲ、2時間1分台!

 3連休のまんなかの日曜日は、あれこれ用事があり、自由になるのは午後の数時間。そのあいだに12キロジョグ(残暑ですね〜)して、帰宅後、タバタ28回目。
 CS放送でベルリンマラソンがあると知り、録画予約して出かけたんです。
 どんなスポーツであれ「録画を見るまで試合結果を絶対知りたくない」と、耳目をふさいで帰宅するなんてこと、今までなかった私。でも、このレースばかりは男子選手の誰か(キプチョゲかキプサングか、または私の知らない誰か)がすごい記録を出す予感がして、帰るまで情報を遮断していたんです。SNSも見ないでね。
 ところが、電車に揺られていると、妻からLINEが来たのです。
「マラソンで世界記録出たってね」
 ガーン!
 おい妻よ、いちばん知りたくなくて知りたいこと送ってきてどうする? ふだんマラソンに興味ねえのに、今日に限ってどうして結果を書いてくるんだ。夜中の楽しみが台無しだよワーッ、と心のなかで暴れました。

 帰宅後、スタート時から飛び出し、ペースメーカーをけしかけながら走るエリウド・キプチョゲ(ケニア)のレースを飛ばし飛ばし視聴。 
 すごいね、人類初の2時間1分台!
 キプチョゲのラップも素晴らしい。ずっと2:55/km前後で走り、ハーフが1:01:06、フィニッシュが1:00:33。ここのところ世界記録はみんなそうですが、見事なネガティブスプリットです。

f:id:mugibatake40ro:20180917140435p:plain
 鮮やかな蛍光ピンクのナイキが、キプチョゲの足許で光っていました。

 女子のレースは、グラディス・チェロノ(ケニア)が、野口みずきの大会記録を更新。自分の記録にさほど拘泥してないような口ぶりの解説・野口が、チェロノのゴール直後、「抜かれちゃいました」と言ったのが印象的でした。