裸足でロードを走ってみました。ちょっとだけね。

♩あ〜なたに、お〜んなの子のいちばん〜大切な〜ものをあげるわ〜
 
 そんなハレンチな曲、聴いちゃいけません。
 百恵ちゃんのコンサートに行くのは禁止です!

 ええっと、何書きたかったんだっけ。
 夕方、田中宏暁先生流30秒ダッシュ4本でした。強い向い風でしたが、精一杯やらせていただきました。おっと、これ、本題じゃないな。

 体幹トレ&ケトルベルトレーニングやったあと、時計を見たら23時過ぎ。ふと「2キロだけ裸足で走ってみるかなあ」と思いついたのです。夜中だと目立たないしね。
 ルナサンダルで1キロ走って多摩川の遊歩道に出て、裸足になりました。サンダルはザックにしまいます。
 過去、ビブラム・ファイブフィンガーズ、ルナサンダル、無敵やToe-biなどのランニング用足袋など、裸足感覚のシューズを楽しんできた私ですけど、素足で走ったのは数える程度、それも草地だけでした。
 いよいよロードの裸足デビュー。
 残念ながらスマホ忘れたので証拠写真はありません。
 レッツ、ベアフット・ラン!
 

 い、いたたたたたたた!


 舗装路、雨風で劣化して石つぶてが剝き出しになっています。
 こんなにヒリヒリするものか。足裏や爪先が敏感なセンサーだと聞いていたのは本当でした。路面のざらつきや傾きや温度がビビッドに伝わるのです。たった数ミリのソールが介在するかしないかで全然違います。5本の指もひとつひとつ意識できます。内反小趾気味の小指、うまく地面を捉えてないんだな、やはり。
 地面の刺激は足つぼマッサージと割り切り、黙々と進みます。腰を引いてオドオド走らないように注意。ペースは終始キロ6弱だった模様。
 1キロ過ぎたころ、後方から足音が近付きます。裸足が恥ずかしいから夜中に走ったのに気づかれたらイヤだな、話しかけられたらもっとイヤだな、と思っていたら、果たして「裸足なんですね」と声をかけられました。「今日初めてなんです」と、私。珍しいものをご覧になりましたな。
 その方、イベントで見かけた記憶があります。1分ほど併走。いつも(今日も)サンダルですが、なかなか裸足デビューできないとおっしゃいました。私もロードを裸足で走るのに52年半かかりました。
  アスファルトの道路やゴムタイヤは19世紀の大発明でしょう。シューズの歴史はぐんと遡り、紀元前5000年以上前に始まるとか。クッション性があるシューズとなると、つい最近です。こいつもすごい発明でした。もっとも偉大なるシューズにより、人間は外反母趾や足底筋膜炎、ハンマートゥ、膝痛、水虫などのミスマッチ病に悩まされてきたわけです。
 そんなこと考えながら、予定の倍の4キロ走っちゃいました。
 公園で足を洗って終了。集中していたらしく、どっと疲れましたわ。
 
 ヒトは元来草原を歩く動物だったに違いないと身をもって感じましたが、それでも力士のように足裏は鍛えられるはず。今年のかすみがうらマラソンで、伊豆倉さんという方が、裸足マラソンの日本記録を樹立されました。タイムは2時間42分。世界記録は裸アベベ・ビキラの2時間15分。彼らの足はどうなっているのか?
 私も夏の間に舗装路を10キロくらい走るのが目標ですが、まあ徐々に足裏を鍛えるということで。次回は草の上を走ります。

 この動画の51秒くらいから、何度も見ちゃいます。