ロジャー・バニスター死去。

 ロジャー・バニスター死去88歳。

 かつて、1マイル(1,600m)レースで4分を切ることは、エベレスト登頂と同じく、人間には不可能であると信じられていました。いま我々が「フルマラソンでサブ2ができるかできないか」というのと同じく、20世紀半ばには陸上界のホットな話題だったのです。
「1マイル4分の壁」……もしかしたらゴールした途端、死んでしまうかもしれない(と当時考えられていた)限界……に挑んだ選手が何人かいました。ロジャー・バニスターもその一人です。
 当時は、トラックは粗悪で今ほど反撥力がなく、ときにレースは土のトラックでおこなわれました。もちろんシューズも改良の余地があった。科学的トレーニング方法は確立されず、ザトペックが結果をのこしたインターバルトレーニングが広まりかけたころでした。加えて、当時の陸上選手は完全なアマチュアで、仕事や学業のかたわら、時間的にも金銭的にも恵まれない環境で純粋に記録と戦っていたのです。
 医学生ロジャー・バニスターは、呼気を測りながら心肺能力を高め、初めて「1マイル4分の壁」を破りました。1954年のことです。長身の選手がバニスターです。


 このときはぺーサーがついていたことを非難されました。 
 彼に続いて4分を切ったライバル、ジョン・ランディとの一騎打ちはこちら。奇跡の1マイルと言われるレースです。

  1マイル4分の壁にチャレンジした彼らの物語には心打たれます。刺戟にもなります。もう一度、読まなきゃ、『パーフェクトマイル』

パーフェクトマイル (ヴィレッジブックス N ハ 3-1)

パーフェクトマイル (ヴィレッジブックス N ハ 3-1)