武智鉄二『伝統と断絶』にはナンバが非効率的と書いてある

 先日、ナンバ歩き(走り)に対する疑問をいろいろ書いたのです。(→ナンバ歩きだのナンバ走りだの……なんば言うとっと?
 私が解決できないナンバに対する疑問は「史料がないこと」「着物が着崩れないなどの目的で仕方なくナンバ歩きをしていたとしても、歩き方として優秀かどうかわからないこと」などです。
 私は現在、まず骨盤を回旋させることで推進力を得ようとしているわけで、ナンバは対極にあります。客観的に評価しているつもりですが、バイアスがかかっているのかもしれず、本だらけの我が家から、何冊か昔読んだ本を探り出しました。
 今回はいちおう、史料があるのかないのとか、いくつかの疑問は棚上げします。ナンバ支持のみなさんでも動作の細部はことなりますが、煩雑なのでこれも割愛します。

      ☆

  ナンバについて初めて知ったのは養老孟司・甲野善紀『古武術の発見』(カッパ・サイエンス、1993、のちに文庫化)でした。矢野龍彦・金田伸夫・織田淳一郎『ナンバ走り』(光文社新書、2003)は、甲野氏の古武術の理論(捻らず、うねらず、踏ん張らず)を応用して高校バスケットボールを全国大会に導いた、矢野・金田両氏の取組みが書かれています。その他、数冊。私はナンバ歩行には懐疑的ですが、古武術のみなさんの話はおもしろい。再読は楽しゅうございました。
 ナンバのことじゃありませんが、「そりゃないだろ」と思う点もあります。
f:id:mugibatake40ro:20160602230642p:plain たとえば、野茂のトルネード投法は腰を捻ってないと解説する本が複数あり、うち一冊は股関節以外を終始捻ってないとはっきり書いています。ほんとでしょうか。右の写真、ユニフォームの皺をご覧下さい。下半身と上半身が捻れてないように見えますか? 私は絶対に違うと思います。骨盤が主導し、上半身が追随し、最終的に指先が最後に振れることで、全身の力がボールに伝わるはず。捻れものはなんでも捻れ、だと思います。

      ☆

  ナンバ関連本によく援用される『伝統と断絶』(風濤社、1969)をこのさい読むことにし、古本を買いました。著者は演劇評論家・武智鉄二です。私は日本近代文学を専攻しましたが、不勉強なので、武智は名前しか知りません。
 ナンバに関してはやはり史料は提示されず、芸能に残る動きや当時(昭和40年代)の農家のみなさんの歩行を見て、日本の伝統的な歩き方を類推しているようです。
 あれれ? むむむ? なになに? いまのナンバ支持者が書くように「ナンバは日本人独特の素晴らしい動きだ」と書いてあるはずだと思っていた私は仰天しました。
 ナンバは非効率的で、左右交互の歩き方が効率的だ(!)と書かれていたからです。
 さらに、人口の90%である農村は土と格闘するためナンバであったが、都市部では、効率を重視して左右交替の動きが生まれていた(ただし手を振りはしなかった)というのです。今まで読んだ本では江戸時代はみんなナンバだと書いてあったけどなあ。

(略)江戸時代になると、都市の消費経済的生活のなかでは、いまのような、手と足との左右交替の動きが出てきている。この時代は、町人経済が行き詰まりに陥り、節約が最高の美徳とされた(略)ところから、筋肉エネルギーのロスを少なくするための動きや生活上の工夫(略)がつみ重なり、左右交替の動きの工夫にまで行きついたのであった。/しかし、こうした都市の消費的身ぶりのなかでも、手をふって反動をとるような動きはまだ生まれなかった。その点は誤解のないようにしなければならない。

 さらに、走り方となると……。
 武智は、日本の農民は土を踏みしめていればよく、俊敏に動く必要はなかったと書きます。結果、ナンバ歩きの農民に、駈け足なんてできるはずがないと言うのです。

(略)右半身、又、左半身、半身(ひとえ身とも呼ぶ)のかまえのままで、歩行していた人間の走行、つまり駈け足が、どんなに不細工で、非活動的で、ほとんど駈け足の役を果たすに足りなかったことは、たいたい、想像がつこうというものである。

(略)日本の伝統的な駆け足には、ストライドもなく、遠心力の利用もなく、また加速のために手をふるような補助行為もない

 武智によれば「ナンバ走り」なんてありえないことになるのですが……。
 伝統的動きを映した能や狂言においては、小股でピッチを上げる以外にスピードを上げられないと武智は指摘します。飛脚などの職業的ランナーに関する記述はありません。

 それにしても、変です。
 ナンバ支持者のみなさんと武智は、運動効率の面で完全に対立するのです。
 日本独特のナンバ歩行のメリットは、1日何十キロ歩いても疲れ知らずで、ナンバ的動きを取り入れると陸上競技でも光明を見いだせるという主張だと思っていました。ところが、武智は、昭和40年代にテレビで見た役者・木村功が土を蹴って歩く点にナンバの遺風をみいだし、《日本人が短距離に弱いのは、この地面を蹴るくせのため》だと主張します。

 ナンバ支持者の方々にとって武智氏のナンバ論は否定すべきもののはず。しかしそれにはあえて触れず、「ナンバが日本から消えた理由として武智は西洋式軍事教練説を唱えている」ということだけを自著に援用します。
 農民で構成された官軍の鎮兵台が、訓練された薩軍に大苦戦したため、官軍は農民に西洋式軍事教練をほどこし、走ることを叩き込まねばならなかった。その結果、ナンバは消えていった……というのが武智の説です。ただ、武智は農民の弱点を駈け足だけとはいいません。集団行動・行進・突撃・方向転換・匍匐前進もみんな苦手だったと指摘しているんです(そりゃまあ、得意だったはずはない)。
 となると、仮に農民が西洋式ランニングができていたとしても、どのみち軍事教練が必要だったといえるのではないか……?

 武智が非効率的だと断じたナンバ歩きが、優秀な歩行術と言われるようになったからには、昭和何年かの研究で大きなターニング・ポイントがあったはずです。それは甲野氏などによる経験の積み重ねなのかもしれません。
 矢野龍彦さんという方は大学教授ですから経験論だけではなく客観的データをお持ちだろうと、近著『すごい! ナンバ歩き』を買いましたが、期待したような科学的な記述はありません。現代ウォーキングに比べてナンバ歩きのほうが膝への負担が25%少ないとひとこと書いてあるだけです。しかし本文のイラストなどを見るに、現代ウォーキングとは、手を90度に折って大股でガシガシ歩くことを指すようです。ふだんのチンタラ散歩とナンバを比較したデータではないかもしれません。生徒のアンケートがたくさん載っていて、ナンバの散歩を始めたら幸福感を得られたという結果が出されているんですが、彼らにもともと散歩などの運動習慣があったかどうかで、アンケートの見方は変わるはずですが……。
 ナンバは体をひねらないから便秘にならないともあります。でも、腰椎だけならたった5〜10度しか可動域がないんです。素人考えですが、秒針1メモリ分の可動域しかないのは、腸などの内臓に悪影響を及ぼさないためで、ふつうの歩き方と便通は無関係ではないでしょうか?
(余談ですが、この本、西南戦争ではまたたく間に新政府軍が九州軍に勝利したとあります。立場逆転しているような? ^^;)

 ……と、2、3日、ナンバについて考えました。何度か体を捻らずに歩いてみましたが、両手に重りでも持ってないかぎり私は自然に肩が腰とは逆に揺れます。3kgの重りを両手に持つなら、ザックに6kg背負って、普通の歩き方をするほうがラクです。あくまで個人的には、肩と腰のラインが連動して捻れるのは自然で、武智氏の言うように効率的だと思います。
 江戸のひとは一生走らずに終わることも多かったなんて甲野先生や養老先生に言われたら多少ぐらつきますが、近世の人がナンバでしか歩かなかった・一生走らなかった、なんて私にはにわかに信じられません。
 町民であれ農民であれ、子ども時代に野山や河原を駆けて遊ばなかったとは想像できないんです。都市の子どもであれば、飛脚や駕籠かきが走るのを見たら、アハハと笑って真似する気がします。田舎の子なら、小川や水たまりを飛ぶのに、走って勢いつけるくらい知恵のあるんじゃないか。私の頭がかたいのかな。手許の古語辞典に載っている「はしりこぐら」(かけっこの意味)という単語は、庶民とは無関係だったのか……?

 赤ちゃんのハイハイは同側型動作ではありません。日本の赤ちゃんだって世界共通のはず。そして立ち上がり、平地を歩くと、(環境や衣服などの条件により多少特殊な動きをする民族があるとしても)みんな現代風の歩き方を獲得するのが自然じゃなかろうか?……謎です。
 歩行や走行のさい骨盤の回旋により大腰筋が働くと現時点では考えているので、ひとまず、これ以上ナンバについて調べるのはやめておきます。

      ☆

 ナンバの基礎文献として読んだ武智鉄二『伝統と断絶』が面白かったのは意外な余禄でした。
 冒頭の章は、明治政府が列強に伍するためにおこなった、新しい価値観の導入による、生活様式や伝統文化の寸断について論じています。ナンバはなくなった生活様式のひとつとして語られているのです。
 古典芸能や歌舞音曲などの伝統的なものを排除して富国強兵政策をすすめた明治の帝国主義を批判するのは反体制的に見えますが、日本文化・伝統の再発見をうながすという意味では保守的です。三島由紀夫の考えとも通じるんじゃないでしょうか。いまの保守の方々は明治を伝統的な美しい日本と見なすようなので、同じように見えてじつは全然違います。
 教育勅語や国語や算数や体操が富国強兵のためだったように、唱歌を歌わせることが隊列つくって行進させるために必要だった(四拍子を叩き込むことだった)だなんて、この本読まなきゃ一生考えてもみなかったに違いない。

伝統と断絶 (1969年)

伝統と断絶 (1969年)

 
古武術の発見―日本人にとって「身体」とは何か (知恵の森文庫)

古武術の発見―日本人にとって「身体」とは何か (知恵の森文庫)

 
ナンバ走り (光文社新書)

ナンバ走り (光文社新書)

 
すごい! ナンバ歩き

すごい! ナンバ歩き