読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正気の坂じゃねえ……飯能アルプス~奥武蔵丸山スーパートレイルラン

 第4回飯能アルプス~奥武蔵丸山スーパートレイルラン(37キロ)を走ってきました。こんな長い名前、覚えられない。^^

「今後はトレラン中心にがんばるぞ〜」という気持ちは毛頭ありません。タイムも順位もまったく気にしません。目的は、気分転換であり、長時間移動することであり、お尻やハムストリングスの筋トレであります。筋トレイルランニング。
 行き当たりばったりの私にしては珍しく、事前にコース図は確認しました。きつそうです。あくまでファンランですから「1週間走れなくなるようなダメージを残すなよ!」と自分に言い聞かせながら走ります。

f:id:mugibatake40ro:20160517235136j:plain

 JR高麗(こま)駅前の受付は7時30分まで。
 調べたところ、東京方面から行く場合、6時40分着と7時27分着の電車があります。事故などで遅延したらアウトだなと思いつつ、1時間よけいに寝られるので後者を選びました。はたして、受付終了3分前の電車からは、私ふくめ多くのランナーがはき出されたのでした。
 朝は涼しかったけど晴れて暑くなるという予報です。私のいでたちは半袖T、短パン、カーフガード、小さなザック。レギュレーションにしたがって、レインジャケットや防寒具、ライト、水、食べ物を携行(ただしウエアは本格的なものではなく、ごく軽いものを選択)しました。雨の心配はなさそうだしエイドもたくさんあるので、ボトルポーチだけで走る人もいたようです。
 シューズは、サロモンのSENSE MANTRA。お気に入りです。(追記=いま検索したら、私のは過去のモデルで、最新モデルとは違うとのこと。ご注意を)

 8時から、ほぼ2秒おきに、ひとりずつウエーブスタートしていきます。
 私は、13、4分後、ほぼ最後尾から走りました。
 2キロあまりのロードはゆるい上り。そこからトレイルに入ります。
 最初のほうのシングルトラックでは人を抜けません。急ぐ旅でもねえし、と前の人に合わせて動いていました。それにしても、



    正気の坂じゃねえ!

 

 

 正気の沙汰じゃねえ、の駄洒落です、ねんのため。
 お天気続きで地面が乾いていて、急坂でもシューズのグリップが利くから助かりました。前の人の足許を見ながら進みました。足場をいちいち探らなくてすみますから。
 ここ数ヶ月、エレベータを使わず骨盤始動で階段を上るようにしていたので、以前よりは上りを歩くのもマシになったと感じます。しかし走っているわけじゃないので得意とは言いがたい。開会式で「全部歩いても完走できます」と聞きましたが、試走したラン仲間によれば「さすがにそれは無理」とのこと。下りやフラットなエリアはもちろん走りました。
 エイドはたくさんあり、飲み物・食べ物が充実しています。ふだん甘いものは口にしない私が、水以外に、スポーツドリンク、スイカ、おまんじゅうも食べました。大会だと、食べなきゃ保たないような強迫観念が生まれるんです。一口サイズのおにぎりもたくさん頂戴しました。主催者であるNPO法人スポーツエイドジャパンのみなさんに感謝。
 丸山山頂からは、待ちに待った下り基調です。そのころはほとんど一人旅でした。丁寧にコースを表示してあったので迷う心配はありません。これも感謝。
 下りになったものの、私の技術では、スピードをバンバン出せるところは少ない。ブレーキをかけながら下るため、大腿四頭筋(太腿の前面)が痛みました。
 時計を見てみたら、8時間を切れるかどうか、でした。タイム度外視とはいえ、切れるものなら切っておきたい。しかしこの手のトレイルが最後まで続くなら無理だな……と半分諦めて最後のエイド(34.6km)に寄ると、スタッフの方が、残りはフラットなロードだと教えてくれました。キロ6分以上のペースでも8時間は切れそうです。ヨチヨチ進み、なんとかフィニッシュしました。ほっ。
 タフなコースでした。タイムを狙ったとしても、7時間半はかかるんじゃないかと思います。本格的に上りを走る練習しなきゃならんかなあ……。ファンランだからと油断して失敗したことがいくつかあり、とくに足のマメ対策を怠ったのは反省です。
 ゴール地点は「武甲の湯」です。エイドの位置などふくめ、よくできたコースだと思いました。お風呂&ビールのあと、横瀬駅行きの送迎バスに乗りました。
 お尻とハム、大腿四頭筋あたりのダメージが大きい。いい筋トレになりましたけど、1週間走れなくなるようなダメージが残るかも?……とビクビクしています。

f:id:mugibatake40ro:20160517235510p:plain