読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

唐揚げ

走り終わって深夜のコンビニに入り、水のペットボトルなどを買うことがあります。
すると、レジのおにいちゃんが「ご一緒に唐揚げはいかがですか」と言うのです。
もう何度言われたかわかりません。
私はそんなに唐揚げ好きに見えるんでしょうか?
嫌いじゃありませんが、1年に数個食べる程度です。
「唐揚げいりません!」
毎回断るのがめんどうなので、今度から胸にそう書いたTシャツ着ていこう。