読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベジタブル森林公園マラソンの感想……「坂道しかなかった」

f:id:mugibatake40ro:20150112110533j:plain
1月11日、第3回ベジタブル森林公園マラソンのフルの部に参加しました。
非公認レースですからのんびりロングジョグするつもりでエントリーしたのです。3時間45分くらいで走れればいいなあ、と思っていました。防府読売マラソンでDNFしたので、完走は必須。リタイアが癖になるのは避けたいので。
最近冷え性気味で、寒さにころりと負ける私。防府の敗因も寒さだと思います。今回はファンランなんだからいつもの冬用ジョギングウエアで臨みました。ロングパンツ(私はタイツは苦手)、長袖と半袖Tシャツの重ね着、ウインドブレーカー、ネックウォーマーとグローブ……。シューズは boost になるまえの Adizero JAPAN を選択しました。
朝6時の電車で、約2時間かけて到着。開会式のあいだにトイレをすませ(ほとんど並ばなかった)スタート地点に向かいました。
時間通り人が集まらなかったためか、5分遅れの9時5分スタート。
アップダウン「だらけ」は覚悟していたつもりですが、まさかアップダウン「しかない」とは! 過去に経験したフルと比べていちばんつらいコースです。
17kmあたりで、右足裏に足底筋膜炎の痛みがピリッと出ました。震度3クラス。経験上、たいしたことはないレベルとわかっているので、おさまるのを待ちました。フルの中間地点(ハーフの部のゴール地点)にはゲストの尾崎好美さんに手をさしだしてハイタッチを強要。まわりの人が失笑しました。
カーブの多い坂道に苦しんだものの林間コースは非常に気持ちがいい。気温は低く日陰も寒かったんですが、お日さまが照っているところはあったかくてウトウトしそうです。前後に人が見えなくなる箇所がいくつもあり、一人でジョグしている錯覚に陥りました。
しかしそんな遠足気分は25kmくらいまで。やはり後半は脚にきてガタガタになりました。足裏にできた水ぶくれが痛みます。ファンランのつもりで、足にはなんのケアもしていなかったのを後悔しました……。ペースはどんどん落ちましたが、結構ひとを抜いたので、疲れたのは私だけじゃないのでしょう。
40キロあたりの急な上り坂は、歩くようなスピードになりました。
登りきったところで、スタッフの男性に「まだ上りがありますか?」と聞くと、「あとは下りだけ。がんばって」との返事。勇気がわきました。ところが、1キロほど下ると、またジワジワ上っていくのでした……。・゜・(ノД`)・゜・。
ガーミン計測では約41.7kmと短めでした。非公認だから距離が厳密でないか、GPSは水平距離だけを計測して坂道の実測を割り出さないためなのか、私が最短距離を走ったからなのか。ま、せっかくですから、42.195kmを走ったことにしておきます。
こじんまりとした感じのいい大会でした。ファンランのつもりで臨んだので、苦しい終盤も気楽でしたし。私はGPSに頼っていましたが、距離表示が少なかったのを不安に思う人もいたでしょう。それ以外は運営になんの注文もありません。参加賞は野菜でした。私は止まらなかったのでちゃんと確認していませんが、エイドにも野菜があったそうです。
20年ぶりに来た森林公園、やはり巨大でした。

4:58/5:04/4:55/4:57/4:46/4:50/4:51/4:39/4:51/4:49/
4:40/5:03/5:00/4:49/4:49/4:47/4:56/5:07/5:11/4:50/
5:03/4:53/5:05/4:57/4:58/5:00/5:11/5:09/5:02/5:12/
4:57/5:00/5:17/5:09/5:24/5:22/5:08/5:18/5:30/5:54/
5:23/3:40
(ガーミン620Jによれば41.7km。1stLAPはスタートロス含む)
タイム3:30:18(ネット3:30:08)