読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カロリーの話

まえにも書きましたが、糖質制限に興味があるんです。
夏井睦炭水化物が人類を滅ぼす(光文社新書)は穀物と人類との歴史を、大胆な仮説や空想をまじえて書いた壮大かつファンタジックな物語として楽しみました。単なるダイエット本として売られるようになったのが残念です。
500万年におよぶ人類の歴史のなかで、麦や米の栽培を始めたのはわずか1万年前。栽培を始めた理由に関してはジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』上巻(草思社文庫)でいろんな説を読めますが、夏井氏の場合は単純明快でした。

「炭水化物は甘かったから」

これを読んだときはドヒャーッと叫びました。

とくに麦なんて、収穫したあとも口に入るまでいろいろ加工しなきゃなりません。そんな面倒くさい作業をしてまで人が炭水化物に拘泥する理由は「甘い」ため? うそかまことかわかりませんが、知らないところからパンチが飛んできた気分。しびれました。
私は甘いのが苦手で、うちに砂糖を置いていません。砂糖には中毒性があり、摂取するとコカイン中毒患者と同じ反応が脳にあらわれるんだそうです。しかし瑞穂の国に住んでるんだもの、穀物までを「甘い」と言って避ける発想はなかった。夏井氏は、タバコなどと同じく、炭水化物(穀物や砂糖)は嗜好品だと断じます。つまり必須栄養素ではないというのです。
以来、江部康二さんや、完全に糖質をカットする釜池豊秋さんの本を読みました。私の食生活はプチ糖質制限で落ち着いています。一人暮らしじゃないのであんまり好き勝手できません。妻も甘いものから遠ざかりましたが、ときどきおやつを食べます。
こないだ、書店で見つけて渡辺信幸『日本人だからこそ「ご飯」を食べるな』という本を買いました。同じ講談社+α新書には幕内秀夫『世にも恐ろしい「糖質制限食ダイエット」』という本があり、隣り合わせに並んでいたのには笑いました。
渡辺氏の主張は、MEC食すなわち肉(MEET)と卵(EGG)とチーズ(CHEESE)だけ食べればいいというものです。野菜すら必ずしも食べなくてもいいとのこと。

       ☆

おっと。今回はカロリーの話を書くのでした。
夏井氏と同様、渡辺氏もカロリーという概念に疑義を唱えておられます。食物のカロリーは、食物を燃やし、熱量として計算しますが、体内では火をつけて食物を消化しているわけではありません。
和牛サーロインステーキ 200g が 1,000kcal で、ごはんにすれば4杯だそうです。私は牛肉とはご無沙汰していますが、夜、ステーキ 200g だけ食べた場合と、お茶碗4杯のごはんだけを食べた場合、翌朝体重が増えているのは絶対に後者です(炭水化物と同時に水分を蓄えている、ということもあるでしょうけど)。肉 200g 程度で体重は増えません。
九州大学が行っている長期的なプロジェクト「久山町研究」では1日 1,600kcal に食事をおさえ、そのうち 60% を炭水化物が占める理想的な(と言われている)栄養指導をおこなったにもかかわらず、全国平均より糖尿病患者の割合が高かったと書かれていました。カロリー制限ではなく糖質制限のほうが糖尿病治療に有効だ、という主張は糖質制限をすすめる医師に共通しています。
すくなくとも私の場合、肉を7ヶ月やめたり酒量制限をした時期よりも、炭水化物のコントロールをやっている今のほうが体重管理は簡単です。

運動とカロリーの関係も気になります。以前は私も、体重の増減は「摂取カロリーと消費カロリー」のバランスだけだと信じていました。食事の量と体重に因果関係はあるのは確実ですが、カロリー計算通りにいくほど単純じゃないと感じているのです。科学的な根拠はありませんけど。
ジョギングを始めたころは月間 100km くらいでもグングン体重が落ちました。明らかにカロリーの収支計算以上の減り方でした。ところが、ある時期から停滞します。体重が落ちるにしたがって1km 走るごとの消費カロリーも下がりますが、走る距離は倍以上になっていたんです。
1ヶ月で 400km 走るだけでは体重は落ちなくなっていたところ、萩往還マラニックで 140km を走ったあとで(月間 350km だったにもかかわらず)ガクンと体重が 2kg 落ちました。萩のあとはドカ食いドカ飲みしたというのに、不思議な話です。
人間の体は体重を一定に保とうとするホメオスタシス(恒常性)や同じ運動に対する馴化のようなメカニズムがあるのかもしれません。1日で 140km 走るのは初めての経験でしたから、なんらかのスイッチが入ったのだと自分では考えています。

ところで。
『日本人だからこそ「ご飯」を食べるな』には、運動は減量するには非効率的だ書かれています。30分だか1時間ウォーキングしてカロリーを消費してもポテトチップス数枚食べるとチャラになりますと説明されているんですが……。
この部分だけはガッカリです。食事をカロリーで計算するのをナンセンスというのに運動はカロリーで説明するんだもん。