サブフォーなるか!? 愛と勇気とスリルとサスペンスのお話

かすみがうらマラソンで、友人Mのぺーサーをやりました。広島の中高時代の同級生です。中学のマラソン大会では、いつもどん尻を走る私を見下していたヤツですけどね。水に流しましたよ! Mのベストタイムは昨年つくばでのグロス4:14:25(ネット4:09:52)です。

目標はサブフォーですが、つくばのラップを見る限り、正直、難しいと感じました。とくに25km以降の落ち込みが気になります。北海道に単身赴任しているせいで冬に走り込めなかったのも痛い。ただ、彼は昨年、萩往還の70kmを完踏しているからスタミナはあるのかもしれません。2kg減量したことや、4月なのに寒いくらいの天気だったのは好材料でした。

それで、ええっと……仮設トイレに並んでいるあいだに号砲が!^^

焦る私をよそ目に「どうしてもトイレには行っておく」というのです。
覚悟を決め、ついでに私も(べつにしたくなかったけど)むりやり用を足してから走り始めました。ほとんど最後尾からの出発。
スタートロスは13分!
グロスでのサブフォーはキッパリあきらめてもらいました。(したがって、以下のタイムはすべてラップ)

入りの5kmは渋滞もあり、29分台。そこから先は、5kmあたり28分前後のペースを刻みます。

サブフォーのイーブンペースは、5:40/km。
ただし、1kmごとに5:40以内を守ることを意識すると、なにかでロスが生じた場合、あわてて取り戻す必要があります。したがって、5kmで28:20にまとめるつもりでいたほうが気が楽です。ロスは5kmのあいだでゆっくり解消すればいいんですから。「1時間で最低でも10.5km進む」も目安になります。

周囲はサブ4〜4.5くらいを狙うランナーだと思うんですが、給水・給食のたびにみんなが立ち止まり、したがってこちらも止まらざるをえないのがつらかった。一度につき15秒くらいロスが生じたかもしれません。

30kmまでは集中と根性を温存し、なるべくリラックスして走リたいのです。そのため沿道の声援に応えたり、ハイタッチすることをすすめました。退屈もまぎれますしね。私もいろんな人と話しました。

ハーフ通過は、1時間59分台でした。

私のワースト記録は2010年のかすみがうらマラソンなんです。暑さにやられ、4時間20分以上かかりました。今回はすんなり走ってイヤな思い出を払拭したかった。また、萩往還に向けたロング走でもあります。

2年前に悩まされた足底筋膜炎の最後の大激震は、ASICSターサージールを履いて10kmのペース走をしたときでした。以後、2年間死蔵していたそのシューズをかすみがうらで履いたんですが、 7kmから15kmくらいまで、やはり足底筋膜炎の激痛が走りました。久々です。相性が良くないんですね。Mには黙ってましたが、リタイアを考えたほど痛かった。

最近ずっと「風邪のひきはじめ」みたいな状態で、この日も熱があるんじゃないかと思ってましたけど、サブフォーペースはなんとかなりました。

 

後方スタートになったため、人を抜きまくります。禁断のジグザグ走法もしかたない。効率よく追い越せるよう、私とMは縦に並んで走りました>

25km過ぎてMの息がはずんできました。
心配して右後方を振り返ると、Mが見えません。はっとして左後ろを見ると、ちゃんといたので安心しました。すると、彼が追いついてきてこう言うのです。
「いま、振り返って美女ガーの顔見たろう」
息がはずんでるくせにニヤニヤするんです。
ぼけっ、わしゃお前がおるかどうか確認しよったんじゃろうが。おんどりゃあブチ殴って蓮根畑にぶっこむで、などと罵ってやりました。

 ……美女ガー、見たかったなあ。

Mも私もカープファンなので、カープユニのランナーを見つけるたびに雑談。今日先発予定のマエケン(姿の男性)が走ってたのは驚いちゃった。「速く走ってハマスタに行かなきゃ間に合わないよ」と、冗談。

さあさあ、30kmを通過してからが勝負。「ここの5kmを集中して頑張れ」と言って、ほんの少しペースを上げました。
いつも、周りが失速するのにつられてペースが落ちるんだそうです。
キツそうでしたが、今日は人を抜いて颯爽と駈ける快感を味わってほしい。「ここからがマラソンの面白いところじゃろ?」とか「北海道から来て諦めるんか?」などと声をかけました。

なんと、30〜35kmがベストラップの27分35秒! やった。

残り5km地点までペースを保ち、キロ6でもいける とわかりましたが、甘い顔したらいかんと心を鬼にし、キロ5分40秒くらいで先行しました。さすがに彼との距離が開きます。何度も振り返ったり立ち止まったりして罵詈雑言を浴びせました。いやいや、ウソです。軽口叩いた程度。




9km過ぎて……Mが……



    転倒!!



アスファルトにもんどりうって倒れました。がーん。
段差とはいえないほどの段差に足をとられたのは、やはり疲れからでしょうか。拍子で足が攣ったとも言いましたが、さいわいすぐに立ち上がりました。ここでサブフォーをやめるわけにはいかない。「あとは根性だ」と言って先導しました。

40kmで、Aさん、Kさんが応援してくださいました。

あと2km。「萩往還なら残り30kmもあるけど、たった2kmだ」と鼓舞します。

やっとフィニッシュゲートが見えました。トラックを「短距離走じゃ、世界記録出せ〜」と言って2人でスパート……かな?

気になる記録は、


    3時間57分44秒(グロス4時間10分43秒)!!!


やった!

Mはグロスで達成するまではサブフォーではないと言い、100%喜べない感じでしたが、私は感動してました。最後、よく粘ったもんなあ。

今日はサブフォーで祝杯じゃ〜!!……おごってもらいました。


 5kmごとのラップ(スタートロス13分1秒をのぞく)
 29:24/28:11/27:43/28:03/
 28:27/27:46/27:35/28:03/
 12:30 (2.195km)

 トータル 4:10:43(ネット3:57:44)


ハーフ通過が1:59:26ですから、ネガティブスプリットだと思います。

えっへん。

f:id:mugibatake40ro:20140421002425j:plain