読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土砂降り水遊び……おんきょうマラソンinサマーランド 2011/12/3

 予報通りの雨。どんどん強くなります。今までの大会では、雨模様でも降られずじまいということが多く、ひそかに晴れ男を自称してきた私(唯一、東京マラソンでは途中1時間ほど雨が落ちました。さしもの私も強力雨男の都知事には勝てず……)。しか し神通力もおしまい。今日を境に晴れ男の看板を外します。

「おんきょうマラソンinサマーランド」に向かうべく、朝6時半に出発。
 やむ気配なし。
「1人だったら、絶対にDNSだな。誰か体調を崩したらどうしよう」などと、不安な気持ちでJR五日市線に乗り込むと、私を発見した女性Yさんが隣の車両からやってきます。まあ、この人の明るいことといったら。先週の川越ハーフのテンションそのままに走る気満々。外はザーザー降っていても車内は晴れているようです。

 秋川駅に到着。翌日にハーフを走られるSさんや、故障気味の方を数名ふくむ8名です。サマーランドに行くにはどこからタクシーに乗ればいいのかと駅員さんに尋ねれば「あそこは12月から閉まってますよ」と不審げな顔つき。冬期はやってないんですね。「サマー」ランドの名前にウソはなし。^^

 わが『美女と野獣』チームは紅白2チームに分かれています。
 紅組は、Wさん、Yさん、Kさん、Gさん、
 白組は、Aさん、Uさん、Sさん、私、の順。
 走りたくない人がいたら1チームに縮小しようかとも考えたんですが、会場到着後、みなさんせっせと準備します。土砂降りなんて関係ないみたい。
 エントリーは90チームだったとか。水のない室内プール付近に大勢集まってました。(すごく大きなプールのおかげで、ずぶ濡れにならず助かりました)

 9時45分スタート。WさんとAさんのデッドヒートで始まりました。^^
 みなさんを出迎え、送り出し、アハハと笑っているうちに、あっという間に私の出番。紅組のアンカー・Gさんはずいぶん前に出走されました。

 クランクやUターンが多い。コース図を見てタイムは狙えそうもないと判断。
 それでも、スピード練習のつもりなので心拍を上げたつもり。下り坂は雨のため少し危うい。どうせびしょ濡れなんだからと、水たまりをめいっぱい踏んでしぶきをあげました。ビショビショガーだな、これは。
 ひとけのない遊園地です。コース案内のスタッフもなく「コーンだけがたより」というエリアが何カ所かありました。4走ともなるとばらけていて、前方に人が見えないところもありまして。メガネも外しているし、山勘で進んでいる気分。私が間違えると、後ろのランナーも間違える。数名で、何日も知らない山のなかをさまよっちゃうかも、とハラハラしました。幸いコースアウトせず、フィニッシュ地点が見えました。
 ほっ。

 記録は20分21秒。

 たぶん10人近く抜きましたが、1人に抜かれました。速くてついていけず。
 ぜえぜえがおさまってからTシャツと記録証をもらいました。
 紅白「水」合戦は紅組の勝利(28位)でした。わが白組は40位。
 1人帰ったあと、残る7名で移動。
 阿伎留の四季(とき)なるスーパー銭湯で汗を流してビールを呑みました。
 駅伝はやっぱり面白い。ランニングを通じてバラバラに知り合ったみなさんと、こうしてチームをつくって酒を呑むなんて不思議なことです。世間のみなさんからすれば、お金払って雨のなか走るなんて、酔狂なんでしょうね。
 無事に完走でき、終わってみればとても楽しい水遊びでした。

      ★

《あらためて、2014年4月の感想》
 風邪引かなくてよかった。