参考書/読書/映画

フライングスプリット

最近公園でやっているトレーニングは、縄跳び、ランジウォークなどですが、ランジウォークの代わりに、フライングスプリットを採り入れることにしました。 スポーツバイオメカニクスについての本・深代千之『〈知的〉スポーツのすすめ』の第1章は短距離につ…

『山縣亮太100メートル9秒台への挑戦』

山縣亮太100メートル9秒台への挑戦 (学研スポーツブックス) 作者: 仲田健 出版社/メーカー: 学研プラス 発売日: 2017/08/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 山縣亮太選手はたまたま私の中学・高校時代の後輩です。面識はないのですが山縣選手…

完全糖質オフ生活……短期ですけど(上)

お盆休みですが、仕事につき暦通りです。 妻が法事で遠出したので、4、5日間、完全糖質オフとします。先日読んだ『運動するときスポーツドリンクを飲んではいけない』(廣済堂出版)では、ケトン体質になるまで3〜4週間かかるとありますが、しかたない。…

『運動するときスポーツドリンクを飲んではいけない』

清水泰行『運動するときスポーツドリンクを飲んではいけない』(廣済堂出版)を読了しました。 スポーツドリンクは砂糖のかたまり。甘いのが苦手な私も滅多に飲み(め)ません。 著者は、サブ3.5間近の市民ランナーのようです。糖質制限本のひとつであり、糖…

弱点克服(2)……呼吸筋を鍛える。

先日、あるトレーナーからまだまだ呼吸が浅いことを指摘されました。胸も腹も、360度使って息を吸ってみて、と言われてやってみるんですが、肋骨がまだまだ膨らんでいない、つまり胸郭で息を吸えていない、とのこと。中1のとき、肺活量がクラスで最低だった…

走れない日々と神野大地選手

ん〜と、今週はあんまり走れず……。 月・水・金・土とジムで「ホグレル」(帰宅はジョグで4〜5キロ)をやるつもりが、月曜日は仕事でダメ。火曜日にインターバルをやるつもりが仕事でダメ。木曜日に練習会に参加したものの、4:25/kmペースで走っているうち…

『2時間で走る』感想。

2時間で走る:フルマラソンの歴史と「サブ2」への挑戦 作者: エド・シーサ,菅しおり 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2015/11/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る エド・シーサ著・菅しおり訳『2時間で走る』の感想を書きそびれて…

久しぶりのランニングダイナミクス計測。

1月は1kmのなんちゃってインターバル3本を週に2回程度やっています。このくらいの強度なら1日置きにできそうです。強度が低すぎると笑われるでしょうが、いまは2本走ると気持ち悪くなるほどキツイ。徐々に本数は増やすつもり……いや、増やしたい。 昨晩…

足首の底屈・背屈と離地のタイミング

キロ5分はめいっぱいのペースではないつもりですが、1月3日のフルマラソンで疲れたのでしょうか。9日に、30kmジョグのグループ走をやっていたところ、ハムストリングスやお尻が悲鳴をあげてしまい、19kmでリタイアしました。先輩ランナーから「お尻やハ…

『日本のマラソンはなぜダメになったのか』感想

日本のマラソンはなぜダメになったのか 日本記録を更新した7人の侍の声を聞け! (Sports graphic Number books) 作者: 折山淑美 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/11/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 歴代のフルマラソン日本最高記録…

『白米が健康寿命を縮める』……チョーこええ。

※説明するのが面倒くさいので、今回は炭水化物と糖質をごちゃまぜに使います。 数年前、テレビで見た村田諒太選手と女性タレントの会話。 女性「どんな料理が好きですか」 村田「ん〜、和食は苦手です」 女性「ええッ! 和食はヘルシーなのに」 村田「食べた…

『ゼロベースランニング』と、台形&大転子

ゼロベースランニング 走りの常識を変える! フォームをリセットする! 作者: 高岡尚司 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2016/12/02 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 先日来、何度も読み返しているランニングフォームに関…

金栗足袋について……『陸王』を読みました。

池井戸潤『陸王』(集英社)の感想です。 零細企業である老舗の足袋専門業者「こはぜ屋」の社長が、マラソン足袋「陸王」開発を思い立ち、社員はじめいろんな人と協力し合いながら悪戦苦闘するストーリーです。改良に改良を重ねた陸王を、怪我から復帰した実…

胸部の動きで大腰筋を伸ばす?

わたくし、いま骨盤の回旋の動きは獲得できたことにして、胸部の動きを模索しているところです。 ベケレもファラーも、肩のラインが傾いていますね。この動き、むかしはバランスをとるためだけだと思っていましたが、今はもっと深い意味があるように感じてい…

山縣亮太選手のトレーニング

「月刊陸上競技」2016年12月号(講談社)には、日本短距離界のエース・山縣選手のインタビューが掲載されています。(何度か書きましたが)面識はないけど中学高校の後輩というだけで、わたくし、山縣亮太選手のファンなんです。高校生のときから応援してい…

武智鉄二『伝統と断絶』にはナンバが非効率的と書いてある

先日、ナンバ歩き(走り)に対する疑問をいろいろ書いたのです。(→ナンバ歩きだのナンバ走りだの……なんば言うとっと?) 私が解決できないナンバに対する疑問は「史料がないこと」「着物が着崩れないなどの目的で仕方なくナンバ歩きをしていたとしても、歩…

糖質制限について

最初に書いておきますが、私はプチ糖質制限程度です。ごはんにして1日1〜1.5杯くらいは食べています。糖質制限が話題になるまえから甘いものは苦手で、うちに砂糖はありません。たまに外食するとビールや日本酒も飲みますが、家では焼酎かウイスキーです。…

『脱・筋力主義 スポーツ上達のコツ』

5月2日朝から、右肩の付け根あたりに痛みを感じるんです。朝がもっとも痛く、徐々に薄れますが、1日じゅう痛いことは痛い。前後や身体から放す方向に、肘を30度くらい上げたらズキッとします。外旋、内旋もつらい。上腕二頭筋の腱あたりの炎症のように思…

骨盤の回旋と内転筋。

あらためて、「骨盤の回旋」を意識して、いろんな本にあたっています。何度か書いた手塚一志『骨盤力』以外にヒントがないものか……。 ☆ 深代千之『日本人は100メートル9秒台で走れるか』をよくよく読み直すと、骨盤の回旋について書かれているのでした。何度…

急がば回せ。跳ね上がった足は一瞬、内にひねられる。

→骨盤を素早くねじる意識で走ってます。【その1】→骨盤を素早くねじる意識で走ってます。【その2】→『骨盤力』〜骨盤を素早くねじる意識で走ってます。【その3】 《前回までのあらすじ》私は骨盤をねじったら、腸腰筋の伸張短縮サイクル(SSC、ストレッチ…

『骨盤力』〜骨盤を素早くねじる意識で走ってます。【その3】

→骨盤を素早くねじる意識で走ってます。【その1】→骨盤を素早くねじる意識で走ってます。【その2】 骨盤力 アスリートボディの取扱い説明書 作者: 手塚一志 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社 発売日: 2008/12/19 メディア: 単行本(ソフトカバー…

骨盤を素早くねじる意識で走ってます。【その2】

→骨盤を素早くねじる意識で走ってます。【その1】 のつづき。 いまは、骨盤の動きだけを気にして走っています。私は今まで、両足をクルマのタイヤみたいに使い、まっすぐ回転する意識だけで走っていたのかもしれません。だから上下動が激しかったのかな。そ…

骨盤を素早くねじる意識で走ってます。【その1】

先日出た大会がローカルテレビで放映され、私もバッチリ映っていました。速い人と自分のフォームを比較できる、いいチャンスです。 私のフォームは、力感はあるのにポンポン弾み、推進力に結びついていない感じ。支持脚に体重を乗せたあと、片方の足で重心を…

ガラパゴス化する日本マラソン。

前置きしておきますが、私は「マラソンで日本にどうしても勝ってもらいたい」とは思っていないんです。ケニアやエチオピア選手も日本人同様好きな選手がたくさんいますし。ただ、日本マラソン界についてボンヤリ感じていることを──。 ☆ 誰がつけたかわからな…

カーボローディング前半戦終了。

ランのほうは不調ですが、いちおうフルマラソン前のルーティンはこなすことにします。以前も書きましたが、以下のような感じです。 曜日ラン食事 日 30kmジョグ 炭水化物ふつう 月 05kmジョグ 炭水化物ゼロ〜ほんの少し 火 05kmジョグ 炭水化物ゼロ〜ほんの…

初期ヒトはなにを食べていたか?

しばらく前に読んだ、島泰三『親指はなぜ太いのか』(中公新書)は面白かった。 人間はもともと何を食べていたのか、どうして二足歩行を始めたかを考察した本です。糖質制限の本に引用されていて知ったのでした。 著者は、アイアイが堅い実を鋭い歯でむき、…

『走れ! マンガ家ひぃこらサブスリー』…研究しながら走ろう。

みやすのんき『走れ! マンガ家ひぃこらサブスリー』を読みました。非常に面白かった。サブタイトルに「運動オンチで85kg 52歳 フルマラソン挑戦記!」とあるとおり、インドア派で太っていて、十字靱帯を断裂していたマンガ家の著者がフルに挑戦、体重を55kg…

筋トレやってます〈2〉- 上下動を減らすには筋トレ?

前回に引き続き、まずは「ランニングマガジン・クリール」昨年3月号からの話。 雑誌をパラパラ読み返していると、以前からの課題「上下動を減らすにはどうすればいいか」の解決策になるかもしれないことが書いてあるのをみつけたんです。 巻頭の「ビルドアッ…

筋トレやってます〈1〉- 雑巾がけと筋トレと。

去年暮れ、長らく行方不明だった「ランニングマガジン・クリール」2015年3月号を部屋の片隅から探し出しました。私の部屋、本だらけなんです。壁という壁は、天井まで書棚がそびえています。なんとかしなきゃ。さて、「クリール」のバックナンバーです。小林…

松田千枝『「姿勢の体操」で80歳まで走れる体になる』は基礎の中の基礎

買ったまま、ツンドク状態だった『「姿勢の体操」で80歳まで走れる体になる』(講談社+α新書)を読みました。2ヶ月くらい前、新宿・紀伊國屋書店のランニングコーナーで立ち読みし、これこそが基礎の中の基礎だと直観して購入したのにまだ読んでなかったと…