学習能力のなさ。

16日の話。 メレルの安売りシューズを買ったので、試し履きの散歩。ゼロドロップで、そこそこクッションあるシューズが欲しかったので、ちょうどいいかもと思って。サイズもちょうどいい。 が、結果、失敗。 例の、土踏まず問題を忘れていました。 扁平足と…

自己責任小咄

毎度ばかばかしいお噺を一席。ここんとこ、なにごとも自己責任だそうで。病気になったら自己責任、貧乏したら自己責任、雨に濡れたら自己責任。空があんなに青いのも電信柱が高いのも郵便ポストが赤いのもみんな私が悪いのよ。柳亭痴楽はいい男。せちがらい…

『隠された奴隷制』

隠された奴隷制 (集英社新書) 作者: 植村邦彦 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2019/07/17 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 前口上 初期の移動型狩猟採集民は平等で幸せに暮らしていたらしいと読み、衝撃を受けました。時代が進んで財産や階層や…

昭和記念公園のランニングコース

東京都・立川市の昭和記念公園に、この春、ランニング&ウォーキングコースができたと聞いてはいたんですが、月曜日にやっと走れました。 森のコース 5,600m、広場のコース 3.900m、水のコース 2,500m とあります。 私は各一周しました。 園内に、どうやらジ…

ひさびさの30K走

きのうは久々に30km走りました。 以前は毎週のようにやっていたロング走(30km超)、短距離やろうと思ってからはご無沙汰です。今月末に夏マラソンを走る(というより北海道で飲む?)ことにしているので、遅まきながら暑熱馴化と足づくりです。 午後3時過…

短距離講習会

土曜日は毎月1度行っている短距離練習会でした。 形だけはそれっぽいんですが、いろいろ問題点があります。(いちばん足りないのはスピードですけど)もうすこし太腿の前をリラックスさせ、足を振り上げ、素早く降ろすことで位置エネルギーを推進力に変える…

1985年の今日

何年か前の8月12日夜、電車に大学生くらいのカップルがいました。ふたりともマジメで聡明に見えます。小さな声で不思議な会話をしました。 女の子 今日って……仏滅? 男の子 仏滅?……カレンダー見ないとわからない。 女の子 じゃあ、ん〜と。今日は原爆の日?…

ほんとにやるのか、来年の今日は男子マラソン。

お暑うございます。 来年の8月9日は、東京オリンピックの男子マラソンです。 朝6時の新国立競技場。セミの鳴き声が響き、差し込む朝日はさわやか。だが、暑さはもう厳しい。いきなり気温は30度を上回る。 スタート 新国立競技場(午前6時)気温30・4度、湿…

大竹まこと『俺たちはどう生きるか』

俺たちはどう生きるか (集英社新書) 作者: 大竹まこと 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2019/07/17 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 20年、いや25年くらい前でしょうか。朝まで飲んだ翌日の昼間、もさもさ起き上がってテレビを点けると、収録番…

狩猟採集民の育児

ちと忙しく、ほかに読む本もあるのでなかなか読み終わらないジャレド・ダイアモンド『昨日までの世界』。まだ上巻だけです。 著者は、伝統的社会と現代社会を比較することで、本来の人間社会とはなんだったのか、現代の常識は本当に正しいのか、などを考察し…

来年の今日、午前6時、女子マラソン号砲

みなさんお気づきでしょうか。来年の今日すなわち2020年8月2日午前6時に、東京オリンピック女子マラソンがスタートします。記録的な冷夏になりますように! 今年と同じであれば、東京は晴れ、都心の予想気温は午前6時が29℃、9時は31℃だそうです。世界最高…

Youtuber桐生祥秀

桐生選手、YouTube始めたってよ。 私がかけっこがわりと速くなったのは高校1年のときでした。速筋優位だったのでしょうか、持久走はまるっきり速くならなかったのですが……。 7歳下の妹が読んでいた「小学4年生」(記憶ではそうなんですけど、高1の7つ下…

「筋肉の硬さ」と「競技パフォーマンス」の関連性!?

なんだなんだなんだなんだ? 順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科の宮本直和准教授らの研究グループは、これまで解明されていなかったアスリートの「筋肉の硬さ」と「競技パフォーマンス」との関係について調査しました。その結果、短距離走選手では「硬…

升田幸三とGHQと高校野球

戦後、連合軍統治下にあった日本は、戦意をあおりそうなものを禁止しました。 剣道などと同じく将棋も禁止されるのおそれがあったそうです。事情を聞くため、将棋連盟の看板棋士・升田幸三がGHQに呼び出されました。升田は、昭和の大名人・大山康晴の兄弟子…

高校野球とウナギ

倫理的にアウトかもしれんけど、高野連やメディアは黙認している。倫理的にアウトかもしれんけど、水産庁や環境省は黙認している。投手は選手生命を絶たれるかもしれない。 ウナギは絶滅するかもしれない。高校野球で商売している奴がいる。ウナギで商売して…

俺を感動させろ!

160キロ超の速球を投げる大船渡・佐々木朗希投手が、監督の判断で岩手県大会決勝を登板回避したという問題……いや、私は「問題」なんて思わないんですけど。 試合の中継を少しだけテレビの中継を見ましたが、佐々木投手はベンチにいて、花巻東に点差をつけら…

広島カープ46日周期の法則

わしらがカープ、スタートダッシュにつまずいてファンをハラハラさせたあと、4月後半からガーッと躍進して、11連勝なんてしながら貯金を積み上げて首位独走態勢に入りまして、「まあまあ欲張らんと、交流戦を5割でええわい。あっはっは」なんつって余裕見…

動かなくなったジョアン・ジルベルト

久しぶりにきつい坂道をジョギングしました。楽しかった。 いい感じでお尻やハムに刺激が入りました。 最近は、1日7〜8kmくらいしか走らないので、負荷を高めるために坂道を走ろ。 ★ さて、先日、ジョアン・ジルベルトが亡くなりました。88歳だったとのこ…

小池祐貴選手、9秒98。

ロンドンでのダイヤモンドリーグ陸上で、小池祐貴選手が9秒98(+0.5m)とのこと。おめでとうございます。あまりニュースになってないようですが……。 今シーズン、次に9秒台で走るとしたら小池選手だと私は言ったでしょ。ほほほ(あれ、書いたのは別のところ…

山本太郎の魅力

投票日前日、多摩センター駅前まで往復14km走り、れいわ新選組の街頭演説をたっぷり聴いてきました。 このたびの選挙では、山本太郎に注目していました。改元ブームに乗じた「れいわ新選組」という党名をつけ、公明党・山口那津男候補とと対立する候補者を出…

ナチュラルとは、天賦の才のこと。

大学時代、友人との会話。 私 「おい、『生まれ変わったら何になりたい?』って訊いてみて」友人「生まれ変わったら何になりたい?」私 「加藤剛」友人「なんだ、それ」私 「もう一回訊いて」友人「やだよ」私 「お願い、もう一回」友人「わかったよ。生まれ…

映画『新聞記者』・若者と選挙・サードプレイス

私、こないだからずっと日本の階級社会について考えています。女はなかなか参入できない男中心の父権的上下関係。軍隊的・ヤクザ的・部活的なピラミッド。 今日、映画『新聞記者』と「若者が選挙に行かない」という話題についてボンヤリ考えていました。どち…

上下関係や差別のない社会【狩猟採集民に憧れる理由 3/3】

二度ほど、理不尽な経験談を書きました。【狩猟採集民に憧れる理由】最終回、一番長文になりそうです。ごめんなさい。 毎日、いろんなハラスメントやブラック校則や #KuToo 運動などがニュースになります。比較的、日本の軍隊式上下関係から自由で、空気を読…

30年前の引率【狩猟採集民に憧れる理由 2/3】

間が空きましたけど、続きです。 私は中高一貫教育の私立に通いました。中学の最初のテストで成績が芳しくなかったので勉強はとっとと諦め、3年ほど将棋に熱中しました。将棋部の狭い部室には中学高校の6学年が混在しましたが、実力がものを言いますし、威…

3万年前の航海 徹底再現プロジェクト、成功!

きのうのニュースです。 ついに成功! 台湾から与那国島へ、3万年前の技術で渡れるかを検証した、国立科学博物館の『3万年前の航海 徹底再現プロジェクト』。 おおむかしの人が航海で日本にやってきたことを再現しようとした壮大な実験です。 3度目の挑戦…

はてな?

トマテオ(id:tomateo) さんが「とりあえず走りだしました!」の投稿「イン・ミ 7」で私の過去の投稿について触れてくださいました。 そのなかに私のブログについて《リンク拒否されているようですので(略)「ほっといて or そっとしといて」タイプの方でし…

初スパイク! と短距離講習会、とフォームの話。

某スポーツショップにて。「あの、短距離のスパイクはどこにありますか」「こちらのコーナーになります。お子さん用ですか?」 いえ。 おっさん用です。 ★ 7月6日(土曜日)に短距離の講習会があったので、前夜、スポーツショップをハシゴしてスパイクを購…

もっともっとゆっくり

筋トレや坂ダッシュなどの短距離の練習のほかに、毎日7km平均くらいは走りたいんですよね。終了採集民の男性は毎日10〜15kmくらい移動するらしい(もっと短いという説もあります)ので、せめてランで7kmくらいは……と思っているわけです。 蒸し暑いし、7:00…

サニブラウン・ハキーム選手のフォーム

私、相変わらず、坂道50mダッシュなどを繰り返しています。 きのうかおととい、サニブラウン選手が「ニュースステーション」で松岡修造のインタビューに応えていたんです。体重移動と腕振りを変えた、と言っていたので、私の直感は間違ってなかったな、と思…

『ピダハン』の感想(2/2)

ピダハン―― 「言語本能」を超える文化と世界観 作者: ダニエル・L・エヴェレット,屋代通子 出版社/メーカー: みすず書房 発売日: 2012/03/23 メディア: 単行本 購入: 14人 クリック: 505回 この商品を含むブログ (56件) を見る ダニエル・E・エヴェレット『…