講座「人類は何を食べてきたか?」

先週の話です。「人類は何を食べてきたか?──フィールドワークから探る肉食の30万年」という講座を聴いてきました。世界中をフィールドワークされる池谷和信先生の講演で、イヌイットを研究される岸上伸啓先生がホスト役でした。 ハラリは、認知革命・農業革…

ジョグノートやめるってよ

ある日突然、ジョグノートにこんなリリースがありました。 「JogNoteは2020年3月末を持ちましてサービス終了いたします。」 ガーン。(何年何月を「もちまして」は以前からよく耳にしますが、本来は何年何月を「もって」なんです。漢字で書けば「以て」。「…

出来心で、つい。

来年から一年間、近所のランニングクラブに入会してしまいました。短距離の練習(ドリルやダッシュや筋トレ)やっているうちに、ふだんのジョギングも少し感じがいいんですよね。そんないい気分のときにメンバー募集の要項を読んでしまったのです。サブ3.5く…

スポーツと戦争

未開社会の生業は段階的に変化してきました。エルマン・R・サーヴィスは『民族の世界』で次のように整理しています。 バンド(少人数血縁型集団)=移動的狩猟採集生活をする 部族(トライブ)=バンドより大きい。定住し、園耕や牧畜をする 首長制社会=人…

『民族の世界』

エルマン・R・サーヴィス『民族の世界──未開社会の多彩な生活様式の探究──』を読みました。初刊は1958年。伝統的な社会を段階的に整理してまとめています。翻訳は抄録で、23の社会について記述してあるうち、10を訳しているらしい。 目次は以下のとおりです…

10日もブログを更新していない。

ずいぶん更新していません。 走る日は1日5〜8キロくらいゆるジョグし、筋トレしています。 狩猟採集生活の研究もそこそこ怠りなく。 飲み会もあれこれ。 1週間ほど前に、54歳になりました。 54歳の新人なんて普通はあり得ませんが、新人賞に応募しようと…

坂口恭平『TOKYO 0円ハウス 0円生活』感想

TOKYO 0円ハウス 0円生活 (河出文庫) 作者: 坂口恭平 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2011/05/07 メディア: 文庫 購入: 10人 クリック: 107回 この商品を含むブログ (26件) を見る 坂口恭平『TOKYO 0円ハウス 0円生活』(河出文庫)を読みました。…

「桜を見る会」に集まる人びと。

私は国会ウォッチャーなんです。YouTube で配信されている中継を生で見ることもありますし、夜中や別の日に見ることもあります。予算委員会のみならず、各委員会もわりと見ているほうです。テレビ番組はほとんど見ませんけど、おそらくそんじょそこいらのヴ…

坂口恭平『独立国家の作り方』

独立国家のつくりかた (講談社現代新書) 作者: 坂口恭平 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/05/18 メディア: 新書 購入: 19人 クリック: 814回 この商品を含むブログ (89件) を見る むかしは「快適な家で好きなモノや家具に囲まれていたい」と思っていた…

腕振りと骨盤の動きに関するメモ

夜中、5:00〜5:30/kmくらいのジョグでしたが、だいぶんいい感じで走れました。 気づいたことを言語化してみると……。 ここのところは、骨盤の使い方と腕振りがテーマなんです。 以下、相変わらずの素人考えなので笑って読んでくださいませ。 ★ 2ヶ月くらいあ…

月曜日も走らず、文化放送の浜祭へ。

午前中に野暮用があり、その足で浜松町に向かいました。 私はテレビはスポーツや映画をときどき観る程度です。そのぶんラジオばかり聴いています。いまのラジオライフは……と、いろいろ番組名を挙げていたのですが、長くなったので10行削除。 浜松町駅に降り…

日曜日も走らず。法事から小田原へ。

法事やなにやかやで、3連休だったのに走らず。友人は橘湾岸スーパーマラニックで276kmとか走っているんですけど。すごいなあ。 日曜日は伊豆での法事のあと、小田原で途中下車。 日本近代文学ファンならこの店を知らなければならず(は大袈裟か?)、私小説…

ラグビー・ワールドカップ決勝戦

きのうのこと。 用事があって出歩いていたら、府中・けやき通りが騒がしい。ラグビーワールドカップ決勝戦のパブリックビューイングなのでした。せっかくなのでビールを一杯飲みながら、試合前のトークを聞きました。遠くてよく見えませんが、府中を本拠地と…

『「本当の豊かさ」はブッシュマンが知っている』読了。

「本当の豊かさ」はブッシュマンが知っている 作者: ジェイムススーズマン,James Suzman,佐々木知子 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2019/10/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 『「本当の豊かさ」はブッシュマンが知っている』を読み終え…

『コイサンマン』1&2

『ミラクル・ワールド ブッシュマン』(原題:The Gods Must be Crazy、1981製作、南ア)を知っているのは50歳以上でしょうか。日本では1982年に公開され、土曜日のオールナイトを友人と見に行った記憶があります。興行収入は23億7000万円は、『E・T』の35…

『砂漠の狩人』

砂漠の狩人―人類始源の姿を求めて (1978年) (中公新書) 作者: 田中二郎 出版社/メーカー: 中央公論社 発売日: 1978/07 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る ──じつは、そろそろ純粋なレポートを読むのに退屈してきていまして、派生したテーマ…

『洞窟おじさん』

洞窟オジさん (小学館文庫) 作者: 加村一馬 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2015/09/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 世の中、新しくて便利なものが増えている。 "このままでいいのだろうか……"という疑問が頭にぽっこりと浮かぶんだ…

『贈与論』

贈与論 (ちくま学芸文庫) 作者: マルセルモース,Marcel Mauss,吉田禎吾,江川純一 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2009/02/01 メディア: 文庫 購入: 11人 クリック: 49回 この商品を含むブログ (82件) を見る マルセル・モース『贈与論』(ちくま学芸文庫…

小池百合子都知事が次に言いそうなこと

お前は今日から「象徴」じゃ!?

私は土曜日の短距離練習会で、ダッシュやジャンプトレやあれやこれやで筋肉痛です。お尻やハムが痛くて痛くて……散歩くらいしかしていません。 ★ 10月22日(火)が休みだと知ったのは前日のことでした。 朝から天皇の話題でもちきりだったようです。14時過ぎ…

君たちが来たので生返ったよ──『カラハリの失われた世界』

カラハリの失われた世界 (ちくま文庫) 作者: L.ヴァン・デル・ポスト,Laurens Van del Post,佐藤佐智子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1993/02 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 狩猟採集民の話を読み始めたら、常識が完全に覆されま…

『ブッシュマン、永遠に。』

積ン読本から田中二郎『ブッシュマン、永遠に。』を取り出しました。 たまたまですが、南米の狩猟採集民のレポートを読む機会が多く、アフリカに縁遠くなっております(ムブティ・ピグミーについて書かれた船尾修『循環と共存の森から』くらいです)。 ブッ…

東京オリンピック2020のマラソンと競歩が札幌に変更

IOCバッハ会長が、東京オリンピックのマラソンと競歩を札幌で開催すると決定したと報じられました。報道によれば、どうやら JOC には事前に伝えられていたとか(→日刊スポーツ)。小池百合子都知事は不満らしく、「北方領土でやったら」と発言したそうです(…

『インディアスの破壊についての簡潔な報告』

インディアスの破壊についての簡潔な報告 (岩波文庫) 作者: ラス・カサス,染田秀藤 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2013/08/21 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) を見る 前回、ちょっと触れたので、ラス・カサス『インディアスの破壊について…

NHKスペシャル『ヤノマミ 奥アマゾン 原初の森に生きる』

NHKスペシャル『ヤノマミ 奥アマゾン 原初の森に生きる』をオンデマンドで見ました。やはりジャングルって凄い。画面に映る自然に圧倒されます。集落の一人一人の個性などは、番組プロデューサーの国分氏が書いた『ヤノマミ』(新潮文庫)に詳しく、映像と本…

『ヤノマミ』

ヤノマミ (新潮文庫) 作者: 国分拓 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2013/10/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (11件) を見る 国分拓『ヤノマミ』(新潮文庫)を読みました。著者はブラジルのヤノマミ保護区・ワトリキに暮らす南米・ヤマノミ族のド…

台風19号とキプチョゲのサブ2

台風19号の被害に遭われたみなさま、心よりお見舞い申し上げます。 十年来、私は多摩川を走ってきたのです。羽村〜羽田の多摩リバー53kmを何度か走破したり、あちこちロング走をしてきたので多摩川沿いは馴染みがあります。したがって多摩川の情報を中心に、…

『失われた足跡』で時間を遡る

失われた足跡 (岩波文庫) 作者: カルペンティエル,牛島信明 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2014/05/17 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (7件) を見る アレホ・カルペンティエル『失われた足跡』読了。奥野克己『ありがとうもごめんなさいもいらな…

筋膜リリースグッズ

しばらく前から、セルフ筋膜リリースに、スキンストレッチ(公式HP)のツールを使っています。浅筋膜にアプローチする道具で、重みを利用して皮膚をこすります。私は足底筋膜炎のときにグラストン・テクニックにお世話になりましたけど、スキンストレッチは…

『所さんの目がテン!』面白かった。

4週間連続で狩猟採集民ハッザ族と生活するという『所さんの目がテン!』(日本テレビ)。1回目の放送を視聴しました。 男女2人のタレントがタンザニアの奥地に暮らすハッザ族と出会い、男性タレントが寝る小屋をみんなで建て、就寝するまでの、たった半日…